曇り。寒くはない気温なので過ごしやすい。
今週の運動会もこんな感じの天候ならと、淡い期待を胸に!
(本来なら、雨が降らないことを願うのでちょっとずうずうしいような!?)

(前田Tによる)昨日からの母の日ネタpart2として。

それぞれがどのように母親に渡し、感謝の気持ちを表し、それに対して母親のリアクションが
どうだったのかは本日以降に明かされます。

前日に「明日カードを渡し忘れないように!」と何人かにはメールで刺しているので、渡し忘れはないはずです。

 

今回(前回も含め)感じることは、塾生たちはみな素直だなと思いました。
(手前味噌ですが!)
自分自身や当時の周りの友達などを考えると、特に男子は母親に感謝の気持ちをカードに託したり、まして述べるなんてことは恥ずかしくてできなかったと思います。
当時は母の日に何かをした記憶がありません。
むしろ、この年代の時は憎まれ口の方が多いような、と記憶しています。

今の子供たちは偉いもので(あたり前ですが)感謝の気持ちをスラスラとカードに書き記します。
嬉しそうにカバンにしまう様子がとても微笑ましかったり!
中には、ちゃんと書いたのかと尋ねると「書きましたよ。見ますか!」と威勢のいい男子も。
これには圧倒され、「結構です」としり込みしてしまいました(笑)
内容は本人と母親の秘密としておきたいもので。

もう一つ。
男子Cくんは、こちらも例外にもれず、迷うことなく感謝の気持ちをカードにスラスラ書いて
いました。
授業後、本日の授業シート(本日の授業を予定・振り返り等をするシート)の保護者通信欄に「明日、何かサプライズがあるかもしれません」と書こうとすると、
「それには触れないでほしい」と懇願されました。

彼なりにサプライズとしてストーリーが出来上がっていたのでしょう。

こちらとしてもそう言われれば余計なことはできないので、もちろん消しましたが...

それぞれの家庭にどんなショートストーリーがあったのか、とても楽しみです。

ちなみに、わが家では...
カーネーションを買ってきた娘と、自作のたすきを渡した息子といった配役でした(笑)