2019/04/22



おはようございます。
桜塾の前田です。
今朝は大崎古川から1日がスタート。

昨日のブログでも書いた「会えるオンライン」の逆バージョンとして、私が出向いて子どもたちとコミュニケーションを図る機会です。



写真は全然関係ない、台湾の公園にあった器具。

今回も悩める高校生メンバーと色んな話をしてきました。

地方の子たちに多いのが、
・大学受験のイメージがわかない
・自分の立ち位置(成績や努力量)がよくわからない

この2つです。
特に2つ目については、良くも悪くも、模試くらいしか自分を測るものがないため、何となく足元がふわふわしてるような、いずいかんじで日々を過ごしてるのではないでしょうか。

そういった子たちに、全国的な視点では君の立ち位置や頑張りはこうだよ、だからこういう風にしていけばいいよ、という具体的なアドバイスと戦い方を伝えています。

昨日話した子の一人は、この地域には珍しく、関西圏の大学を狙うことも考えているということで、より具体的なアドバイスができたかと思います。

少し前までは、話をしても結局やらなければ意味ないのにな、という気持ちもありましたが、こういった対話の積み重ねが子どもたちが安心して頑張れる土台になるのだと気づきました。

今日もたくさんのパワーを振りまいていきたいと思いますニヤリ桜