雨のちくもり雨
昨日の関東の寒さが今日はこちらにやってきた、そんな感じです。
桜に雪が積もる珍しい光景に日本中が湧いていますが、こちらも桜が咲きつつあり、天候しだいでは今週末花見が楽しめるのではないでしょうか。

新学期が始まり、一気に緊張感(?)が出てきました。
新入生は1日中気が張って変な疲れを感じているかもしれませんあせる
わが娘も「疲れた」といって帰って来るようです。
一方、小学一年生は学校の感想を聞くと、「楽しい!」という返事が返ってきます。
ちびっこ新入生のこういった言葉は元気をもらえます!

学校からの大量のお便りの中に文科省からの新学習指導要領についての

リーフレットが入っていました。(すでにご覧の方も多いことでしょう)

『生きる力 学びの、その先へ』
 

学習指導要領が改訂されるにあたり何がどう変わるのか、そしてそのねらいなどを書き記したものです。(小学校は来年度、中学校は再来年度、高校はその翌年から改訂)

そんな中で...
子供たちの「学び」を育むために家庭での働きかけが大切であり、その留意点が書かれていました。

□学校や友達のこと、地域や社会の出来事など家庭での会話が多い
□テレビ・ビデオ・DVDを見る時間などのルールを決めている
□テレビゲーム(携帯電話やスマートフォンを使ったゲーム等を含む)をする時間を
 限定している
□子供に本や新聞を読むようにすすめている
□子供に最後までやり抜くことの大切さを伝えている
□自分の考えをしっかり伝えられるようになることを重視している
□地域や社会に貢献するなど人の役に立つ人間になることを重視している

これらの項目は理想としてではなく、各家庭が最低限実施することと捉えます。
いくつのボックスにチェックできるかが問われますね。

学校・家庭、各パートがやるべきことをやることが本当に子供たちのためになります。
一方への押しつけはナシにして周囲のみんなで育んでいきたいですね。
桜塾もそこには大いに関わらせていただきますビックリマーク