お別れのとき

くもりのち雨、そして曇り空。

朝から息子のサッカーの練習試合があり、応援へ行きました。
途中から小雨がちらつきましたが、応援に熱のはいっている親たちにはなんのその!
ボールに向かう子どもたちばかりが気になり、雨のことは気にもとめず・・・メラメラ

向学館のインターン生が無事任期を終え、昨日は最後のプレゼンを行いました。
『1年(または半年)を振りかえって』
自分の成長を言語化し、自分自身の中に明確に落とし込む。

インターンを満了して何ができるようになり、いまだできない(課題)ところは何か。
自身の行動特性を把握し、子どもたちとどう向き合い、何をどうすることで
子どもたちのリアクションはこうだった。よってこれは成功事例など...

彼らは真剣に自分自身や子どもたちと向き合い、対話を重ね、子どもたちとともに
成長してきました。
何か目に見えるはっきりした成果があるわけではありませんが、それでも大きな自信を得た
ことが感じられる笑顔でプレゼンしていましたチョキ


自分がやってきた軌跡をたどり、大きな達成感に満たされたはずです。
みな、本当にたいした若者たちです合格


残り1週間もないここでの生活を心から満喫してもらいたいです。
この町を好きになってくれ、子どもたちを愛してくれた彼らは、またいつの日か訪れて
くれるはずです。そのときには触れあった子どもたちも大きく成長し、その変貌ぶりに
彼らも目を見張るでしょう!
また一つのお別れです。