仕掛けがだいじ

 

 

 

今日も良い天気。

冬に備えてタイヤ交換と洗車をしました。

授業と同じで事前準備が大切です。

 

 

 

 

恒例のポップを作成中^^

 

見てないようでしっかり見ていることも知ってます。

 

 

 

今日のブログは生徒の成長。

「じりつ(自律・自立)学習」を方針に掲げる当塾では、

子どもたちが自分で動けるようになる仕組みがたくさんあります。

 

いくつか例をあげると、

たとえば授業シート。

これは、その日の授業の目標や前回出た宿題の達成度を書くところから、

その日何をしたのか、またどんな宿題が出たのか、までを自分で書きこみます。

 

そして先生からのコメントをもらい、自分でコピーを取り、

さらには持ち帰って家の人のサインをもらうのです。

 

塾はただ勉強を教えてもらうところ、という考えや

宿題忘れや忘れ物をするのは生徒が悪い、という考えは

桜塾にはありません。

 

子どもが自発的に動き、考え、振り返りを行うようになってほしい。

そのためにはどうしたらいいか、その仕掛けをするのが桜塾の指導の根幹にある、

そう考えていつも動いています。

むしろ授業のときより授業の準備をしているときの方が動いています。

 

冒頭で、事前準備が大切だと言いました。

 

授業力・トーク力・話術があれば、

準備をしなくても1回の授業をすることはできます。

 

桜塾の講師は、そこにプラスして

いてくれる一人ひとりの顔を浮かべながら、

どんな順番で何をどのようにやらせれば

この生徒は最後まで集中できるだろうか、

一つでも多くのことを得て帰るだろうか

これをひたすら考えます。

 

1回1回の授業に向かう姿勢、

授業シートにも見える生徒の一面、

われわれの本気度をぜひ感じてください。

 

お問い合わせ、体験授業はこちらまで。