久しぶりの晴天石巻!

車のエアコンをクーラーにするのも

これが今年最後かなあなんて思いつつ出社。

 

 

山内Tからの差し入れ梨。

文句なしです。梨だけに。

 

いい感じにスベったところで本日のブログ。

 

 

模試が返ってきたぜ

夏休み明けの模試が返ってきました。

 

桜塾では基本的に、

中学生用の模試を2種類使っています。

1、新みやぎ模試(通称宮もし)

2、宮城ぜんけん模試

 

1と2の違いについて、

双方の模試の会社の方からの見解を踏まえ

簡単に述べておきます。

 

宮もしとぜんけん模試の違い

1は長い歴史があり、

宮城県内でも最多の受験者数を誇る模試。

それゆえデータも多く入っており信ぴょう性が高い。

その反面、難易度がやや落ちると言われる。

ぜんけん模試と比べても簡単な問題も見られる。

個人的見解ですが、

たびたび満点を取れる教科の回もあると感じます。

よってナンバースクールと呼ばれる高校を狙う子にとっては

偏差値などのデータが漠然としているため、

別の模試を受けるという傾向が主流となっている。

 

2はもともと北海道に本社のある会社で

宮城での歴史はさほど長くないため、

1に比べて受験者数が少ない。

ただ、大きな違いとして、

学校の内申点を書く欄があり、

テストの点とのドッキング判定を出してくれることから

入試本番をよりイメージしたアドバイスができる。

難易度も1より高く、

よって1と併用する場合には、

同じ点数でも出てくる偏差値が変わるので

生徒たちの緊張感も違ってくる。

 

それぞれに利点があるということから

桜塾では併用をして生徒・保護者の方への

指導方針の説明や対策をお話させていただいています。

 

結果を見て

そして肝心の結果ですが、

夏前には1のみや模試を、

夏明けには2のぜんけん模試を使ったところ、

案の定、

夏前と同じくらいか若干のポイントアップ、

という数字が出た子たちがほとんどでした。

 

上記に述べたように、

難易度的には少し高い模試を使ったことで

「夏、あれだけ頑張ったのに点数があまり出なかった」

「できると感じる問題はあっても最後の正答まで行かなかった」

こういった声が聞こえました。

 

生徒たちへ話したことは2点です。

 

できないこと<できるようになったこと

1つ、夏の1か月の君たちの努力は認める。

おそらく中学校生活の中で一番勉強したのではないだろうか。

しかしながら、

それでもたった1か月。

この夏のテーマを思い出してほしい。

「勉強体力」と「習慣化」。

つまり長時間机に座って勉強できる力を身につけること。

理由は、秋以降の応用問題に臨むための基礎力が足りていないから。

基本的な学習事項や用語などの一問一答、

これをとにかく反復して覚えてもらうことに集中した。

その結果、夏前には多かった空欄もまずは埋めることができた。

ただ、模試は基礎的なことだけが出るわけではないよね。

点数や偏差値に一喜一憂するのではもったいない。

できないことではなく、できるようになったところに目を向けよう。

 

本気になれ

もう1つ、それは「本気になっているか」。

桜手帳の表紙の次にこんな言葉を載せています。

 

君たちは「先立つ後悔」を知っているか。

後悔は普通、何かの後にするものだよね。

では、受験が終わった後のことを考えてみよう。

友達が全員志望校に受かっているけれど、

自分だけが落ちている。そんな状況。

悲しい、悔しい、いやだ。

そんな気持ちが浮かんでくるでしょう。

でも、今ならその後悔をしないですむ努力ができるかもしれない。

本来は後にする後悔を先にしてみよう。

そうすることで未来を変える努力をしよう。

 

夏休み、今までにない努力をしたことでしょう。

でも、まだ全力出し切っている、とは言えないんじゃない。

もっと、出せるよね。

君はそんなもんじゃないでしょう。

それを今、この1日1日を過ごすときに見せてほしい。

 

 

上記、3年生に対しての振り返りですが、

1,2年生にはそれぞれまた個別に話をします。

その内容はまた別の機会に。

 

今日も全力の1日を過ごしましょう。