灼熱の石巻~

自転車で塾に来ている子たちが

たまに溶けそうになっています。

 

今日も夏期講習です。

 

image

 

桜塾の講習はいつも通り「子」別指導。

 

それぞれの子たちが苦手とする単元、

忘れてしまっている範囲などをヒアリングし、

事前にスケジュールとやる分量を決めます。

いわば一人ひとりやっていることが違う講習。

完全個別ならぬ完全「子」別指導。

 

今日は春から来てる中3で

 

「先生~2年のときにやった一次関数がヤバいです・・・泣」

 

と言ってきた子がいたので、

 

「去年から来てくれてればよかったのに口笛

 

とブツブツ言いながらも、

2年生のワークから主要となる問題を抜粋し、

家でやる課題分も合わせて即興のテキストを作りました。

 

 

 

夏期講習で使うテキストって、

どの問題もまんべんなく出ているかわりに、

一つの単元の厚みが少ないんですよね。

 

自分から弱点について話してくれる子たちには、

「じゃあこれをやりなさい」という解決法が取れるので

非常にスムーズに事が進みます。

 

そして桜塾の夏の講習は基本、

1日空きで進んでいくため、

やったことを振り返り、

習慣づけるための時間が用意されています。

 

夏に10万円くらい払って受講する講習もありますが、

まあそんなに夏に払う必要はありません。

中3生ならば5、6万円~で十分やるべきことはやれますね。

 

何をやったかではなく、

何ができるようになったのか。

 

ここを大事に、

この夏も保護者の方と共に

生徒たちの指導にあたりたいと思っています。