/

今週のさくらさん

『エンゲキジン』

\



自粛期間中にやっていた、


#エンゲキジンというハッシュタグで


様々な人を演じるという企画を


また始められないかと模索している。



名前も変えて、


もっと気楽にみんなに楽しんでもらえて


私が普段感じている、


さまざまな個性的な人たちを


沢山演じて、


みんなと一緒に笑える時間を作りたい。つくる。




そもそもあの企画がはじまったのは、



楽屋で心開いた役者友達に見せた

あるあるネタだ。


なんだったかは覚えていない。


でもおもしろい!とかわかるー!とか

はたまた、そんな人いるー!?とか、



そうやって言ってもらえると嬉しくて


常に眼光鋭く、人を観察して生きている。?



さらに遡れば、


私は友近さんや、中川家さんが大好きで


とにかく小さい頃からみていたし、



エチュード(即興芝居)も大好きで


暇さえあればエチュードの設定を考えているほど好きだ。





考えてみれば、


日常の中にある面白い瞬間や、


個性的な瞬間が本当に好きだ。



そして、それを見つけられる目を持てることが嬉しいし、なんだかえっへんという気分になる。


自慢したくなる。


そしてその先でみんなと笑いたい。




ただの日常だけど、


面白眼鏡をかけて見てみると、


尊い瞬間が、今も、今も、


たくさん起こっていることを、


小さい頃から芸人さんや俳優さんに教えてもらってきたのかもしれない。




幸せなことだなぁ。



寒くなる。


なにかと不安なこともある。


でも今日も面白眼鏡をかけて街を歩く。


それだけでいい。