67歳からでも頑張って生きる | さくら整骨院 院長の診療日記

さくら整骨院 院長の診療日記

栃木県小山市にあるさくら整骨院の秋葉院長の日記です。


テーマ:
今生良の事でこんな風に考えています
 今までの、健康分野での長年の仕事と、引き継いだ農地や実家の施設を利用して
 1.自然教育を通し、伸び伸びと楽しく生きていける子供のサポート
 2.健康に不安を抱く働く人へ(特に子育て中の女性や都会の人)の医食分野のサポート(食事・運動・ストレスのコントロール)
 3.自分の価値や存在に意義を感じ、いつまでもコミュニティの中で生き生き活動する高齢者の  サポートをしていきたいと考えています。
 
それには、
 1。実家に実習できる自然耕の畑、田んぼ作り→子供の環境学習
2、発酵室を作る→大人に味噌、醤油、酢、甘酒などの発酵食品づくりの健康セミナー
 3.実家を改修して、治療施設、セミナー室、読書スペースを作り、サイクリングを中心に都会の疲れた人を呼び込む (ラムサール条約に指定された本州最大の渡良瀬遊水地の周囲、中にあるサイクリングコースを利用した   運動とストレス解消を兼ねたサイクリストを呼び込む活動→将来は民泊施設を作る) 5渡良瀬遊水地のガイド、
4.子供への環境学習を通じ、高齢者のセミナーや仕事・趣味のサークルづくり
 
など、真剣に考えています よろしくお願いいたします

 

えいちゃんさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス