(。・ω・)ノ゙ おはようございます♪

 

 

 


櫻 萌です 満月








今日は、3月3日ラブラブ

ひなまつり~おひなさま


これ、私のおひなさまです。

綺麗に実家で保管して貰っています。



 
太鼓のバチが無くなっているので
毎年、パスタを折ったものを
持たされていたりしますが滝汗
↑太さがちょうど良いのです(爆)


話が脱線しましたがニヤニヤあせる


ひな祭りは

女の子の健やかな成長を願い

ひな人形を飾ってお祝いする

日本の春の伝統行事ですよね。



しかし、この”ひなまつり”

もともとは女の子のためのお祭りでは

なかったのはご存知ですかはてなマークニコ





中国では、


“季節の変わり目は

災いをもたらす邪気が入りやすい”


と考えられ3月最初の巳の日に

水辺で禊を行ったり

盃を水に流して

自分のところに流れ着くまでに

詩歌を読むという

「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」

を行う風習がありました。



これがやがて日本に伝えられ

禊の神事と結びつきます。


当初は、天子(天皇のこと)を

お祓いするための

儀式であったものが

平安時代には宮中行事へと

変化したといわれています。


草木や紙などでかたどった人形(ひとがた)で

自分の体をなでて穢れを移し

川や海へ流す儀式が行われるようになったり。

これが、現在の「流し雛」のルーツだとも

言われています。



この日が華やかな女性のお祭りとなるのは

戦国の時代がおわった江戸時代からのこと。

徳川幕府によって「五節句」が定められた中に

ひな祭りの日も組み込まれたのです。


ひらめき電球人日の節句(1月7日)

ひらめき電球上巳の節句(3月3日)

ひらめき電球端午の節句(5月5日)

ひらめき電球七夕の節句(7月7日)

ひらめき電球重陽の節句(9月9日)





「桃の節句」という別名も

桃の開花時期に重なるというだけでなく

桃の木には邪気祓いの力があり

節句を祝うのにふさわしい

と考えられたことから

このように呼ばれるようになったといわれています。



ですので
今日は、『穢れ』を祓うという意味合いで
とても大切な日でもあるのですニコニコ


そう考えると
”女の子のお祭り”と考えずに
男性や男の子も含め
家族と。。仲間と。。
ワイワイしてみるのも良いですよねアップ


この時期、体調不良の方が多かったり
精神的に落ち着かない感じがする方も
せっかくなので今日は
”邪気を祓う”ということを
メインに過ごしてみるのもオススメひらめき電球

邪気を流してくれるかのように
昨夜から雨が降っている神戸の空雨

そう捉えたら、雨もあり!かなキラキラ



季節行事をしっかり味わうのも
四季がある国を楽しむということ。


季節の移り変わりを
歴史とともに紐解いてみるのも
楽しいですよ好


私は今日、お着物でおひな祭りを
過ごす予定ですニコニコ

楽しみだなぁ照れ




ひなまつりな今日も皆さまにとって


『Love&Happy』な”時”となりますようにのばし







メニュー、お問い合わせ、お仕事ご依頼等は、

下記ページよりどうぞLOVE



虹PC・スマホ共有お問い合わせフォームはこちらから