良い年になりますように!

テーマ:
久しぶりに記事を書きます。
昨年も、ずっと読ませて頂くほうばかりでしたが、コメントやメッセージ頂いて本当にありがとうございました。

今年はくだらない事でもボチボチ書きたいと思いますニコニコ

昨年は、個人的にも色々あり慌ただしい年でした。

まず、震災の後、3月25日にうちのプレーリーが老衰で無くなりました。
11歳でした。もしかすると12歳になりかかっていたかも知れませんが、いずれにせよかなり長生きしてくれました。

様子についてはまた別で詳しく書きます、高齢プレちゃんの参考になれば…。

ずっと最後までほとんど抱っこ状態だったので、当然テレビを観ている時もそうなる訳ですが、

あの頃、ACの「ポポポポーン」CMが異常に頻繁に流れていて、あれのメロディを耳にすると、ガリガリに痩せてしまったプレを抱っこしながら一緒に鼻歌を歌ったた記憶がすぐに蘇ります。


あとは、初めての車の盗難被害に遭った事!!

お仕事の面では、営業の仕方をもっと変えて、少しずつ結果が出て嬉しかった事

でも、トラブルもあった事

今まで何故…若いうちに知らなかったのか…と思える良いシャンプーに出会えた事ラブラブ

人と人の繋がりって大事だなあと実感した事。


…良い事もあれば悪い事もあり、なかなかメリハリが効いていました。


今年は、家族について自分の道をどうするか選択を迫られそうな年になりそうです。

とにかく、平和な年になって欲しいなあ。


昨日は京都の八坂神社で初詣とご祈願してきました。

さくらこ日記-mini_120103_15010001.jpg


皆様にとっても、平和で実りある良い年になりますように!

13人の刺客 感想

テーマ:


さくらこ日記-101002_1820~01.jpg

封切りしてすぐに観たので時間が経っています^^;



いわゆる「チャンバラ」シーンが堪能できます。


その芸術的な殺陣シーンはなんと、およそ30分。この映画のメイン・シーンです。


三池監督らしく、笑いの要素あり、衝撃的なグロ・シーンもあり。


ストーリーは、超簡単に言えば、当時の変態残虐暴君のバカ殿に我慢できず、ある侍が抗議の手紙を置き、その場で切腹をした。


それがきっかけで殿の暗殺を委託された13人の刺客たちと、そんなバカ殿でも、仕える侍である以上、命を張って殿を最後まで守る悲哀に満ちた真面目な侍たちのお話。。。


全体としては、とても楽しい映画でした!


以下、個人的な感想・・・・・・・・・・


役所さんは、ちと迫力不足。柔らかすぎる。


松方弘樹の胸焼けしそうなこってり熟練の剣さばき、ひとつひとつの動作ごとのキメの表情にベテランの風格を感じてニヤニヤしてしまった。


「龍馬伝」の高杉晋作役で光っている伊勢谷友介さんが良かった。

伊原剛さんの寡黙で骨太な演技もすごく良かった。


その他、イケメンと呼ばれる俳優さんたちが、みんな顔面を鬼のような断末魔の形相にゆがめ、男の迫力満点!


まさに体当たり演技といった感じで息を呑む戦いのシーンがやはりみどころかなと思いました。


中でも一番存在感を感じたのは、稲垣吾郎さん演じる、変態ドSバカ殿を守り抜く、市村正規さん。


面構えがもう侍なんだけど、とにかく誰をも飲み込むほど、武士の誇り・生真面目さ・たとえどんな人間であったとしても、上様であるかぎり、何があっても彼を守り抜くという決意と・・・相反するわずかな迷い・・・・難しそうな役を気迫たっぷりの演技で魅了してくれました。


そして、ゴローちゃん演じるバカ殿に関しての感想は、観た帰り道、友人に述べたら「相変わらず変態だね。」って白い眼でみられましたが、素直に書きます。


殿は、いわゆる人格障害者に該当する人間で、残虐かつ、病的に刺激に飢えている。すぐ犯す、殺す、そばにいた人間も殺す、気が向いたら殺す。


しかし満たされない。つまらない。何をしても面白くない。


観ていて私は思ったんだけど、やはりここはベテランの女中や、遊び心がある家来が気を利かせて、殿が寝ている間に下女10人くらいで部屋に押し入り、半殺しにするような「プレイ」をしてやればよかったのに。

でも、できるわけが無い訳で。


(って言ったら、変態っ!って非難されました。)


しかしそうでもしないと、殿のフラストレーションは溜まる一方、理不尽な殺人は終わらないし、殿も病んでいくんでは・・・・


あるいはそっと毒殺くらいできなんだか。(あ、そうしたら刺客いらなくなっちゃうか)



本当は殿は「ドM」なんだと思う。でもそんな願望は身分制度の頂点に立つ人間ゆえ、満たされるはずがない。

というか、殿自身、その性癖には気づいていなかったような気がします。


どんどん歪んでいくその自覚なき欲望は、最悪の形となって罪なき人々に向けられ、犠牲者を生む。



そして


「お命、頂戴つかまつるツ!」



13人の刺客により、あの手この手で襲い掛かる刃。それは全て、「自分に向けられたすさまじい殺意」。



目の前で血しぶきをあげ、悲鳴をあげてのたうち回り絶命していく家臣たち。


生まれて初めて命の危険を感じた殿は、自分史上最高の刺激と、味わったことのない興奮に包まれる。


そしてついに、生きていて想像もできないほど惨めで無様な格好で追い詰められる。


異常にプライドが高い殿。今まで思い通りにできなかった事などなかった殿。

しかし、泥まみれになり、地べたに追い詰められ絶体絶命!!

おそらくその時、殿は勃起していたに違いない。←(ここでまたしても友達に「変態っ!!」とののしられました笑)


被虐と加虐は表裏一体。


スラリと青く冷たい光を放つ刀を突きつけられ、即座に首を落とされると確信しながらも殿は、微笑みを浮かべながら一言いいます。


「礼を言う。今まで生きていて、一番楽しい日だった」


このセリフをようやく聞けて、腑に落ちた私は、大変満足したのでした。


・・・・・・・・・脱線しすぎな感想ですみません。。

プレ笑


さくらこ日記-SN3B0030_0001.jpg


んはー。腹。


満腹の時に指で軽く叩くとポン、ポン、といい音がします。太鼓腹。

さくらこ日記-SN3B0031_0001.jpg


なでるの辞めると起きる。基本寝たふりしてる。。。。


ご飯食べてるときでも頭をなでていてほしいほど、甘えん坊なプレーリー。

辞めると、口をもぐもぐさせながらもこちらを見て「もうなでるの終わりなの?」って顔で見つめてくる。



さくらこ日記-100617_1114~01_0001.jpg


脚が揃ってて笑える

さくらこ日記-100617_1114~01.jpg


口元も笑える。


さくらこ日記-100625_0536~01.jpg


おじじなんで寝てばかり。しかし、すごい食欲。。。



さくらこ日記-100921_2257~01.jpg

さくらこ日記-100922_2322~01.jpg

そして良く喋る。んぎゃ、んぎゃ、きゃあああふううってよく話しかけてきます。


あと、怒る。両腕を振りかぶって襲い掛かる姿はまるでミニ熊。



キャベツ、レタス、ベビーリーフ・・・・ここ1年くらい、生意気に茎とか芯を残す!

味があまりしない茎とかの部分、食べないで綺麗に残しやがる笑


最近はたまに梨を食べてます。夏はとうもろこしをたまに。でした。



さくらこ日記-100929_2215~01.jpg
さくらこ日記-100929_2219~01.jpg


やっと、毛も抜け変わり、衣替えも終わりました。


今年の冬は、いつにもまして気をつけないと、冬眠がひどくなったらやばいなぁ。


10歳だしなぁ。耳はいいけど目が少し悪くなったかな??と思う時がある。

再び憲法改正の世論を!

テーマ:

改めて言うと、中国は昔から「台湾、尖閣、沖縄は中国の領土である」と国内で教育しています。


アメリカに、「太平洋を俺達二人で分割管理しようぜ」と提案しています。


実際に今、大船団を作って尖閣沖周辺を絶えず徘徊し、日本の海保を挑発し続けています。



無線で「日本の領海内だから出て行きなさい」と警告すると、日本語で「死ねー」「バカヤロー」と無線を使って言い返して来るんだそうです。



中国の公的な船である調査船が。外国の海保に向かって無線で「死ねー」・・・・・・・



今回の逮捕は、当然だと思いますが、やっぱり脅しの人質が決定打になってしまい、政府は震え上がって早々と降参してしまった。冷静に、冷静にと言いながら、完全に取り乱してしまった。本当に残念です。



しかも官邸は、起訴しようと意気込んでいた那覇地検に圧力をかけておきながら「政治介入していない」と見えすいた嘘・・・・。

検察が外交に配慮して勝手に釈放する権限があるんですか?



自民谷垣が「すぐ釈放すればよかった」とか言ってますが、言語道断です。

何言ってんだよガッキー。今までの不法上陸とは訳が違うんだよ、故意に体当たりしてきてるんだから。ガッキーにはがっかりです。

ダメだね。


コメントで「日本には強い武力がある」との言葉を頂きましたが、確かに日本の軍事レベルは高いと思います。が、使えなければ意味がない。

いつでもその最新鋭の設備を自衛に使えるというカードが無い。


普段、かっこつけてアメリカを突き放すような事言ってるくせに、こんなときだけ「アメリカ様、日米安保って大事ですね^^」って民主党、マジ恥ずかしすぎるメラメラ



アメリカの基地は出て行けというなら、まず憲法改正。

わが国には強い軍事力があると誇りたいなら、憲法改正。

毅然とした外交をするなら、自分達で憲法改正。

抑止力のための「核保有」の論議をする。


(色んな圧力があると思うので、国民一人ひとりの相当強い覚悟が必要になると思いますが、間違い無く日本は生まれ変われると信じています。)



よく中国人、韓国人は

「私達は日本が強くなるのが怖いんです。歴史的な経緯があるから、恐れているんですよ。だから憲法9条はアジアの平和の為に・・・云々」などと、やけにしおらしい事を言います。


(またそれを真に受けて涙を流して心酔している日本のジャーナリストとかがいる笑。)


何かあれば「私達はまだまだ途上国ですから、これからも日本に助けてほしいぃんですよ~」と上目遣いで言う。


しかし、そう言いながら、日本からの援助を軍事費や大陸の西部開発にドンドンつぎ込み、日本に照準を合わせたミサイルを数百機、常に向けているのが中国です。


固い握手や、微笑みの背後に、「いつでもやりますよ。」という看板と銃をこちらに向けているわけです。


そして何かあれば、今回のように、本性むき出しにするわけです。


もう限界が来ているような気がします。ヤバい。


以前にも、記事で書きましたが、チベット出身で今は日本人になった大学教授、ぺマ・ギャルポさんの言葉がいつも思い浮かびます。


「チベットを見てください。強盗をいったん家に入れてしまったら、もうおしまいなんです。」


この機会を生かし、憲法改正の世論がまた盛り上がるように期待しています。

沖縄ビジョン

テーマ:

前記事・田代英敏教授の話


中国は東アジアで人民元の通貨圏を確立する事を目標としている。


民主党の掲げる政策「沖縄ビジョン」がふと頭に浮かびます。


民主党ウェブサイト「沖縄ビジョン」


簡単に言うと、沖縄を「沖縄州」と位置づけ、米軍基地を大幅に減らし、東アジア共同体の理念に基づき、沖縄を東アジア(中国・台湾・韓国)との交流拠点にする(ビザ免除など)。


沖縄の原油資源を東アジアのエネルギー・センターにし、さらに日本本土との時差も作って、英語教育と共に、中国語教育にも力を入れようじゃないかというような内容です


沖縄振興のための構想なんかも書かれていますし、悪くはないと思う事も書いてはありますが。


米軍基地縮小を何度も強調して明言しておきながら、その後の沖縄の安全保障、抑止力については全く書かれていない。まるで安全保障への意識がない。楽しそうな事しか書いてないんですよね。


現実問題として、尖閣やガス田への中国の横暴ぶりは今に始まった事ではない事を考えると、このビジョンはさらにそれを後押ししているとしか思えないような構想であるような気がします。


中国は沖縄に領事館を作りたいと言ってきているそうですが、そうなるといよいよ中国の定住者を本腰を入れて増やすという事でしょうか。


民主党が政権を取って、小沢率いる大訪中団が中国詣でに行きましたが、「沖縄、いよいよ取り掛かりますんでよろしく」みたいな挨拶の意味もあったのかなぁ?


確かに、普天間の問題で沖縄から基地を取り除こうとしたり、ビザの免除も行ったりして、早速実行に移してますね。外国人地方参政権も全力で推進だし。


たとえ売国的な意図がなくても、結果がどうなるのかとか、考えないのかな?


いや小沢ならとっくに見据えてるはず。小沢は中華人民共和国日本省のトップになり、さらなる絶大な権限を握るつもりなんだろうな。

今は負けたから、ちょっとイバラの道みたいだけど。


民主党は国家観がないと良く言われますが、選挙の時には詐欺のマニフェストで民衆に媚びて騙した上、権力をもてあそび、さらに売国行為ばかりするなら政権から引き摺り下ろさないといけません。