30歳半ばから食べ物の好みが変わってきました☆
そして、その傾向は、40代になって加速し、
最近は、“水”にまで、その傾向が及んでいます!

食べ物の好みでいえば、
子供の頃は好きではなかったモノ。。。

特に両親は大好きで良く食していたけれど、
私は嫌だったモノが好きになって来ました♪



大学から東京に出て、はや25年が経ちますが、
親と食卓を囲むのは年に数えるほどしか無いのに、
食べ物の好みが親に似てくるのは、本当に面白い☆


ちなみに、ある方に言わせると、
親(特に母親)が、 生まれてから子供が出来るまでに

食べていたモノは、子供である私たちの身体の中で、
効果的に働くそうです!



(だから女性は、出産までにカラダとココロに
 良いものを沢山食べていると子供にも良いかも?!)


だからでしょうか。。。


私の場合でいえば、生まれ故郷、京都の水は、
細胞に染み込んで来るような気がします!!!


ある意味、地産地消☆


昔、行きつけだったバーのマスターいわく、
水割りには、ウイスキー産地の水が合うとのことで、

スコッチ好きの私の為に、“マザーウォーター”と
呼ばれる、ウィスキー蒸溜所がある地域の地下水
(ミネラルウォーター)を取り寄せてくれたりも。



少し話がそれましたが、究極的には。。。


地球、人類創世記の水は、
細胞を活性化するような気がしてなりません♪


あるべき姿に初期化、戻してくれる、
ここ数年の検証で、そう体感しました☆



ひょっとすると、食の好みも、イノチの水も、
DNAに組み込まれているのかもしれません?!


前回ぶっちゃけセミナーで少しお伝えしました。


『水には、生きた水、死んだ水があり、
 30種類以上に分類することができる』


『人の体を形作るのは水であり、
 寿命の長短にさえ影響する』



簡単に申し上げると、

・汲む場所、汲む時間によって質が変わる

・季節、体質、その使い方によって薬にも毒にもなる


一日に最高7.5リットルの水を飲んでいた
私の経験では、季節、体調、体質の変化により、
美味しい(例えるなら、“甘い”)と感じる水が異なり、
それによって、血液や健康状態も大きく変化します。



そして、私が検証によって確信したことは、
どんなに高い効能を持つ水でも、
それに携わる人々によって、チカラが変化すること。
例えば、同じ水でも誰から受け取るかによって。



おそらく、それこそが、
周波数、波動エネルギーなのかもしれません。

母親や奥さん以外の人が握ったおむすびは
“イヤ!”と云う人がいるそうですが、
そのような人は、キャッチしているのかも???



無農薬と農薬バリバリのリンゴでさえ
外観だけでは見分けるのが難しいですが、
お水は更に、見た目で選別するのが難しい。。。


というか不可能なのに、
そこには、化学物質を含む様々なモノが含まれ、

更には、

生まれ持った情報&エネルギー、
流れて来る途中で付加された情報&エネルギー、
運搬、販売を通して加わった情報&エネルギー、


が、含まれていることを考えると、
とても、とても深い気持ちになります。


だからこそ、
様々な見極めが本当に大切だと思うのです!

じゃあ、どうすれば良いのか・・・


いまだ完璧には分かりませんが、
私は検証し続けました、かれこれ8年以上☆
そのお蔭で、本当に沢山の出会いがありました。

お水、それに携わる様々な人々の、
エネルギーとチカラ、そして、驚くような変化。。。


~~ 仕事に出ます!つづきは次回ぶっちゃけで♪ ~~

<サロン・オアシス イベント情報>

http://salon-oasis.cocolog-nifty.com/