妊娠4ヶ月目(12~15週目)の母体と胎児の変化 | "真剣"に妊活するあなたのための妊活応援ブログ 青森の子宝漢方相談 平成堂薬局

"真剣"に妊活するあなたのための妊活応援ブログ 青森の子宝漢方相談 平成堂薬局

人との出会いは一期一会。残念ながら、私から妊活中のあなたを見つけることは難しいです。ですが、あなたは私を見つけてくれました。あなたがこれを読んだ奇跡を命の誕生の奇跡へと繋げる入口としてブログを書き綴ります。
本気で妊娠力を上げたい人は平成堂の漢方相談

流産リスクの低下

妊娠12週以降になってくると、子供は小さいながらもしっかりと成長強くなり

 

母体も子を育む環境が整うことで、母子ともに安定してくるため流産率が下がってきます

 

~12週までの流産率は流産全体の80%12~22週までの流産率20%ほどまで下がってきますが、

 

もちろんまだ安心できるわけではありません。

 

しかも12週までの流産は染色体異常が原因であることが多いですが、

 

12週目以降の流産は、染色体異常よりも母体が問題であることが多くなってきます

 

油断は禁物です。

 

諸々の妊娠初期症状の緩和

また、妊娠12週目以降となるとツワリ症状もピーク時より緩和していきます

 

ツワリ対策のために偏った食事はツワリの治まりと共に見直していきましょう

妊娠前と出産直前では

 

胎児が3kg、羊水500g、子宮1kg、血液増加2kg、胎盤500g、合計約7~8kgは増加する為、

 

制限しない食事を続けてしまうと妊娠前よりも10kg以上増加してしまい、難産の原因となってしまいます

 

ツワリ時期の食べたいものを食べる食事”は控えていきましょう

 

逆に「7~8kgも太らないといけない!」と思って頑張って食べる人もいますが、

 

ほとんどの方は自然と増え、また逆に増えすぎて妊娠後期に食事制限がツラくなることの方が多いので、

 

無理に体重を増やすなどを目標とした食事は止めましょう

 

他にも高温期が続いていた母体も、低温期の状態に戻り、火照りダルさなどの何とも言えない不快感も取れていきます

 

子宮の拡張に伴い、人によっては下腹部は少しだけふっくらとしてきて、

胎児も少しずつ動くようになってきますが、まだ胎動として感じることはないでしょう。

 

4ヶ月目に出やすい症状

お腹がふっくらとしてくると、胎動こそ感じないものの赤ちゃんの成長を感じられると思いますが、

 

この時期から気を付けていきたいことが妊娠線の予防です。

 

子宮の拡張に伴い、お腹の皮膚が伸びてしまうので、その影響が出産後に痕になってしまうことがあります。

この痕(妊娠線)は妊娠中だけでなく、産後も残ってしまうことが多いため、

 

クリームなどでしっかりと保湿ケアをして皮膚の柔軟性を高め産後の負担とならないようにしましょう。

 

また、急激な成長に伴う下腹部の張りを強く感じる人もいます

 

軽度であれば問題ないですが、あまりに強い場合は無意識に皮膚下の筋肉収縮を招いている場合があり、

 

胎児にも影響し得るので、病院の張り止め漢方で予防していくと良いでしょう。

 

また、妊娠中は腎の力を生殖機能へ大きく使用しているため、

 

他の骨・膀胱・歯・腰・髪の毛などへの腎の力の分配力が落ちてしまいます

 

特に歯や歯茎などは妊娠前に比べ弱くなりやすいため、歯のケアは妊娠前よりもデリケートにしていきましょう。

4ヶ月目の胎児の状態

12週目では6cm30~50gほどに成長し、臓器などは完成されてきます。

 

性器も出来ますが、エコー検査での性別診断できるのはまだでしょう。

 

まつ毛眉毛などの細かいところも発達し、まぶたが出来て目を閉じている状態になります。

 

声帯も出来上がり、産まれた時に産声を上げる準備も出来てきます

 

13週目では7~8cmに成長し、臓器は形だけでなく活動を始めます

 

超音波で見られる状態としてはこの13週辺りが全身を見ることが出来る時期です。

 

それまでは小さすぎて見えにくかったり、それ以降は大きすぎて部分的にしか見れないので、

 

検診時のエコー画像も二度とない機会となるでしょう。

14週目では8~9cm皮膚が厚く強くなり、産毛も生えてきます。

 

時に親指を咥えチュッチュッと吸う動作をして母乳を飲む練習をし始めます

 

15週目では10cmを超えるほどに成長していきます。

 

この頃には生涯の頭髪パターンが決まってきます

 

もちろん産まれた時点でフサフサであったり、ほとんど生えていない子など様々ですが、

 

一生の髪が生えるラインは実はこの時期に決まっているのです。

少しずつですが、胎児が成長していき、母体も安定していく時期ということが分かります。

 

身体の倦怠感などが軽減していくことが多いですが、中にはその症状が続く場合もあります。

 

その時は無理をせず、自分の身体の声を正直に受け止め、身体に無理をかけないこと。

 

また倦怠感や疲労感などが薄れ、元気になってきたと感じる方は、少しずつ適度な運動を心がけていきましょう

 

安静にばかりしていると、筋力低下血行不良に繋がり、出産の負担となることもあります。

 

漢方でのサポートとしては特別な症状が見られなくなってくる時期であるため、

 

ツワリなどの症状に合わせたものでなく胎児の発育を助ける生薬や血行改善する漢方薬で支えていく時期となります。

次回は妊娠5ヶ月での身体の変化について書いていきます。

 

 

いつも私の至らない長文を読んでくれたあなたに感謝です。

 

また、このブログを読んでいただいた出逢い

 

あなたの妊活を少しでも明るいものとし

 

また赤ちゃんとの出逢いへと繋がることを願っています

 

私の言葉がに届き、ブログ以上に私の力が必要でしたら、是非ご連絡ください

 

妊活サポートカウンセリング妊活に対しての不安を”妊娠できる自信”に変え

 

質の高い体質分析を元にあなたの妊娠力向上へ必要なパズルのピースを見つけ出し

 

あなたの体質に合った子宝漢方で身体の内側から妊娠力を高めることで

 

全力であなたの妊活をサポート致します

 

 

 

お気軽にご登録&ご連絡できるLINEアカウント

 

↓をタップ(クリック)でお友達登録!

 Line-QR.jpg   

相談希望やご質問などのお問合わせは、登録後にメッセージをください。

 

相談は完全予約制なので、ご予約のお問い合わせはお早めに!

 

 

 

 

「いざ連絡となると・・・」と躊躇(ちゅうちょ)していませんか?

 

そんな時は過去に行動できなくて後悔した思いを思い出してみてください。

 

その躊躇が、数年後の未来の後悔になってしまうかもしれません。

 

しかもその後悔は命の誕生に関わるもので、あなたの人生に関わる後悔となってしまいます。

 

そうならないために、自分から一歩踏み出して変わる時は””ではないでしょうか。

 

未来の赤ちゃんもあなたのその一歩(たった一つの行動)を待っているかもしれません

 

ご期待に添えるだけの知識経験実績を積んできた自信はあります。

 

楽しい妊活を送るために、私の力をお求めください

 

 

 

あなたの妊活応援の平成堂薬局  HPはこちらをタップ(クリック)↓

青森県青森市 完全予約制(電話相談・メール相談可) 漢方相談・妊活応援 平成堂薬局