社労士登録すると、こんな冊子が送られてきます | 集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

社労士の受験指導をしている「さくら」と「ひまわり」が日々感じたことを書いています。
さらに、試験に役立つ「花咲くポイント!」をお教えしちゃいます。

こんばんは!さくらです。

「社労士」として登録すると、全国社会保険労務士連合会から「月間社労士」という冊子が送られてきます。

(ちなみに、都道府県の社労士会からも「会報」が別途送られてきます)

法改正の内容だったり、社労士会の動きなど、お知らせが書いてあります。

9月号の表紙はこんな感じです。


で、なんでこんな話をしたかと言いますと…

その「月間社労士9月号」の「会員の制作物」のページに、


「会社の超基本」が載ったからです(正しくは、申請をして載せて頂きました)!



毎月、当たり前のように会報を受け取っていますが、そういえば、社労士登録した当時は、「会報が届いた~!」と嬉しかったなと思いだしました。
(もう11年も前です…)

受験生の皆さんは、社労士事務所などに勤めない限り、目にすることないかな?と思いまして、紹介させていただきましたニコニコ

ちなみに、開業登録するときは、登録する時点で「事務所名」を書きます。

もし開業も視野に入れている方は、事務所名を考えてみるのも楽しいと思いますよん音符



そして、中学校・高校などで読まれている「図書館教育ニュース」(少年写真新聞社さま)でも、本を紹介してくださいました。


 

嬉しいことに、紹介文の中で「就職を考えた時に、頼りになる一冊です」と書いてくださっています。

 


奇しくも、今日は、2022年採用の「高校生の採用選考」の解禁日

これから、各企業さんで高卒採用の選考が始まっていきます。

3~4年前まで、毎年、高校生の面接練習と内定者講習に携わっていましたので、緊張しながらも自分の言葉で語っている子たちの姿がよみがえります。

高校生にとって、
「どんな仕事したいか」
「自分に何があっているか」

なんて、なかなか分からない、というのが本音だと思います。

だからこそ、高卒で働く子たちにとって、「会社の超基本」が少しでも役立ったらいいなと思いますし、

企業さんも高校生も、いいご縁で結ばれますように、願います虹






それでは、今日の思うツボ!

36協定③

第36条5項
使用者は、第一項の協定(36協定)で定めるところによつて労働時間を延長して労働させ、又は休日において労働させる場合であつても、

次の各号に掲げる時間について、各号に定める要件を満たすものとしなければならない。

① 坑内労働その他厚生労働省令で定める健康上特に有害な業務について、一日について労働時間を延長して労働させた時間は( A )を超えないこと。

② 1か月について労働時間を延長して労働させ、及び休日において労働させた時間が( B )時間未満であること。

③ 対象期間の初日から一か月ごとに区分した各期間に当該各期間の直前の一か月、二か月、三か月、四か月及び五か月の期間を加えたそれぞれの期間における労働時間を延長して労働させ、及び休日において労働させた時間の一か月当たりの平均時間が( C )時間を超えないこと。



さて、いかがでしょうか。

答え!
A:2時間
B:100
C:80


②③は時間外労働時間だけではなく、「休日労働を含む」という点もポイントです。

それでは、今日はこのへんで。


今日道を歩いていたら!


 彼岸花、発見~!!

ちょうど、来週はお彼岸ですもんね。

お花さんたちのスケジュール感(?)は、本当にすごいですね爆  笑

 

 

 

本『「会社の超基本」読書会~のぞいてみよう社労士の世界』はこちらから

 ↓

 

 

カメラYOUTUBE「世界一わかりやすい就業規則チャンネル」配信中~!

 

今回、また台風(温帯低気圧に変わるといわれてますが)が近づいていますね。

9月10月は特に多いご相談です。

 ↓↓

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます! 
ランキングに参加しています。

みなさんの応援、よろしくお願いします。ラブラブ

 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へにほんブログ村