台風一過で思うこと~「とりあえず駅に向かう」は正解なの? | 集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

社労士の受験指導をしている「さくら」と「ひまわり」が日々感じたことを書いています。
さらに、試験に役立つ「花咲くポイント!」をお教えしちゃいます。

こんばんは!さくらです。


関東の方、台風大変だったようですね。

フェイスブックで上がってきている「道端にたおれた木」を見ていると、昨年関西を襲った台風を思い出しました。

みなさんご無事ですように。

さて。

台風が来るといつも思うことがあります。


それが「何が何でも行こう」とする日本人(日本の風土?)ってすごいなと。

これは半分褒めていて、半分「変わればいいのにな」と思っていることです。

電車が止まると分かっていても、「とにかく乗る」「駅に向かう」。

人がたくさんいて、疲れる。

結局会社についても、疲労困憊して帰る。


それが、「自分の意思で」今日はどうしてもやらないといけないことがある!と思って行っているのならばまだしも、

「とりあえず行く」ということも多いと思うんですよね。

(私もずっとそうでしたから…アセアセ


でも、本当にそうなのか。

本当に「会社が何も言わないから」、「行かなければならない」のだろうか。

本当に「行かなければ、仕事はまわらならない」のだろうか。


私のいまのテーマは「生きることを自分ごとにする」です。

自分の意思で選択する、といった方が正しいかもしれません。

臨機応変に「この状況なら自宅で仕事!」と自分で判断ができる会社こそ、「柔軟」で「続く」会社であるように感じます。

人に言われたから、人に何も言われないから行くのではなく、自分の意思で、自分ごととして捉えられるようになっていきたいなーーと。

そう思います。

それにしても自然災害は本当に脅威です。

これからも何度か来るでしょうけれど、お互いに気を付けましょうねん笑い泣き



 

 

 

それでは、今日の思うツボ!

第39条 第4項

使用者は、当該事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定により、次に掲げる事項を定めた場合において、第一号に掲げる労働者の範囲に属する労働者が有給休暇を( A )を単位として請求したときは、前三項の規定による有給休暇の日数のうち第二号に掲げる日数については、これらの規定にかかわらず、当該協定で定めるところにより( A )を単位として有給休暇を与えることができる。

 

一 ( A )を単位として有給休暇を与えることができることとされる( B )

二 ( A )を単位として与えることができることとされる有給休暇の日数(( C )以内に限る。)

三 その他厚生労働省令で定める事項

 

 

答え!

A:時間

B:労働者の範囲

C:5日

 

それでは、今日はこの辺で。

 

 

とっても夕日がきれいな淡路島の風景。


最近、朝日、夕日がめっちゃ「赤い」です。

 

これは朝日(朝焼け)↓

 

キレイなんだけど・・・何事もないことを願います!


 

 

 

 

クローバーいきいきと輝く生き方を

株式会社Niesul(ニースル社労士事務所)コーポレートサイト

 

 

 

クローバー生き活き企業・生き活き人になるためのお役立ちサイト

有機人々(ゆうきじんじん)

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます! 
ランキングに参加しています。

みなさんの応援、よろしくお願いします。ラブラブ

 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へにほんブログ村