なぜわざわざ目指すのか? | 集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

社労士の受験指導をしている「さくら」と「ひまわり」が日々感じたことを書いています。
さらに、試験に役立つ「花咲くポイント!」をお教えしちゃいます。

ひまわりです。

 

 

若い頃は変わらぬ毎日、平凡な毎日を、刺激がなくてつまらないだとか、このままでいいのか?だとか色々と考えたものです。

 

 

 

実はそんなに悩まなくても、若ければ自分が変わるチャンスが沢山あったり、自分が望まなくても自然の流れで現状が変わる場面があると今ならわかります。

 

 

 

次第に歳を重ねていくと、大きな変化は望まなくなり、平凡が一番、今日も無事ルーティーンが終わってホッとしたりと、なるべく静かに生きる事を望む傾向が強くなるもんです。

 

 

 

ただ一日が何事もなく無事に過ぎる事、それが一番。

 

 

 

全然間違っていないと思います。ホントにそれが一番。

 

 

 

それでも、中には平凡を嫌い、会社を辞めて起業をしたり、資格を取ろうと勉強を開始したりする人も居ます。

 

 

 

私もその一人だし、来月社労士試験を控えている皆さんもその一人。

 

 

 

自分で始めないと若い頃のような変化は起きません。だから時には起こせよムーブメントです。

 

 

 

試験勉強も大詰めになってきますが、8月を超えれば何かが変わります。今と同じという事はありません。そう思うとワクワクしますね。

 

 

 

現状維持は衰退と同じと誰かが言っていましたが、すぐに結果が出なくてもチャレンジしている間は衰退ではなく進んでいると思いたいです。

 

 

 

私達は今、前進中。

 

 

 

それでは「今日の思うツボ!」

 

 

忘れてませんか労基法。

 

 

 


派遣元の使用者は、労働者派遣法第44条第2項における労働基準法の適用に関する特例により、労働時間に係る労働基準法第32条、第32条の2第1項等の規定については、派遣先の事業のみを派遣中の労働者を使用する事業とみなすとされているところから、これらの特例の対象となる事項については、労働基準法第15条による労働条件の明示をする必要はない。

 

 

答え~♪

 


×
派遣元の使用者は、労働者派遣法における労働基準法の適用に関する特例により、自己が労働基準法に基づく義務を負わない労働時間、休憩、休日等を含めて、労働基準法第15条による労働条件の明示をする必要があることとされている。

 

 

 

 

【マンゴーは難しい】

 

 

マンゴーを頂きました。

image

 

こうやって切りたくて頑張ったんだけど、(画像はお借りしました)

グチャグチャになってしまいました。もうホントにグッチャグチャ。

 

 

いい歳してマンゴーも切れないのか?と言われそうだけど、そうみたい。

 

 

あんまり果物食べないから尚更わからない。

 

 

ま、味は一緒だからノープロブレムよ。

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます! 
ランキングに参加しています。

 

みなさんの応援、よろしくお願いします。ラブラブ

 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へにほんブログ村