いま、自分はどんな状態で仕事(勉強)している? | 集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

集まれ!社労士受験生! さくらとひまわりのお花見日和

社労士の受験指導をしている「さくら」と「ひまわり」が日々感じたことを書いています。
さらに、試験に役立つ「花咲くポイント!」をお教えしちゃいます。


テーマ:

こんばんは!さくらです。

Must
Will
Can


の話って、聴いたことありますか?

Must…「やらねばならない」
Will…「これができたらいいな」「こんなことしたい」
Can…「私はこれが出来る」

この3つの要素を、「ベン図」で表わすとすると、みなさんはどんな感じになりますか??

あ、ベン図っていうのはこんなやつ↓です。


例えば職場での自分を思い出してみて、

普段のお仕事は、

Must…「やらねばならない」
Will…「これができたらいいな」「こんなことしたい」
Can…「私はこれが出来る」

どの要素が一番大きいでしょうか?

それらは重なり合っていますか?

例えば、

こんな風にまんべんなく重なっている人もいるかもしれませんし


Must(やらねばならない)がとても大きく、Will(やりたいこと)とはかけ離れている(しかもWillが小さい)という人もいるかもしれません。



私自身は??

Willの円がめっちゃ大きくて、MustとCanがほどほどの円って感じです。

(ま、自営ですのでね、やりたいことはめっちゃ多いんですよ。笑)

でも時と場合によっては、Mustがめっちゃ大きくなります(笑)


では、今のこの現状、5年後にはどんなベン図を描いていたいですか??

そのためには、どうするのが良いでしょう。

これ、「自分自身がどう過ごしているのか」「どう仕事をしているのか」を大まかに把握するにはとても分かりやすい図だなって思います。

先日「ねばならない」から「やりたい」勉強へでも書きましたが、「~ねばならない仕事」は長続きしません。

疲弊します。
何より、時間がもったいないです。

明日死ぬかもしれないのに。

…と私は思います。
(でも書きながら、「ほんなら自分はやりたいことを120%やってるのか!」と自分に問うてますがゲッソリあせる


ただ、ある人から見れば「そうは言っても生きていかないといけないでしょ」
「自分の欲望を満たすだけが、いいわけじゃないでしょ」といわれることもあると思います。

うん、それもそうだと思います。

その時、自分が「何を大切にいきるか」という話なので、正解はないですし。

でも、私はやっぱり「こんなことしたい」「こんなことに自分はワクワクする」ということを知って生きている人を見ると、とても輝いて見えるなぁと感じています。


社労士受験勉強をしている皆さんは、さて、どんな5年後を過ごしていたいですか~照れ








それでは、今日の思うツボ!

《賃金総額とは》

事業主がその事業に使用する( A )に支払う賃金の総額をいう。

ただし、労災保険に係る保険関係が成立している事業であって、賃金総額を( B )な次のものについては、特例が設けられている。

① 請負による建設の事業
⇒請負金額×( C )費率

② 立木の伐採の事業
⇒( D )が定める素材1立方メートルを生産するために必要な( C )費の額×生産するすべての素材の材積

③ 林業(立木の伐採の事業を除く。)及び水産動植物の採捕又は養殖の事業
⇒( E )が定める平均賃金に相当する額×それぞれの労働者の( F )の合計額




さて、いかがでしょうか。

A:すべての労働者
B:正確に算定することが困難
C:労務
D:都道府県労働局長
E:厚生労働大臣
F:使用期間の総日数


それでは、今日はこのへんで。



【若かりし、あの頃】

1月って、「仕事はじめだ~」って思ったら、三連休ですよね。

成人式かぁ。

懐かしい…

20歳、何考えて、何やってたんだっけなぁ。

時が経つのは、本当に恐ろしいなと思う今日この頃です笑い泣き

 

 

 


 

クローバーいきいきと輝く生き方を

株式会社Niesul(ニースル社労士事務所)コーポレートサイト

 

 

 

クローバー生き活き企業・生き活き人になるためのお役立ちサイト

有機人々(ゆうきじんじん)

 

 

 

 

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございます! 
ランキングに参加しています。

みなさんの応援、よろしくお願いします。ラブラブ

 

にほんブログ村 士業ブログ 社会保険労務士(社労士)へにほんブログ村

にほんブログ村 資格ブログ 資格試験勉強法へにほんブログ村








 

さくらとひまわり@社会保険労務士さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス