Time is Moneyの格言が示すお金にモテる生き方 | 自分の人生が始まる!形而上学・ヒーリング・セルフケア

自分の人生が始まる!形而上学・ヒーリング・セルフケア

東京都板橋区でスピリチュアルサロンを運営するセラピスト日野あやのブログ。自由と喜びあふれる人生を始めるための形而上学・ヒーリング・セルフケアの情報を書いています。


テーマ:

モダンミステリースクールNewsより

転載します。

↓ ↓ ↓

 

突然ですが、皆さんはお金は好きですか。

 

というのは、

形而上学を学んでいて一番身にしみるのは

やはりお金にまつわる学びなんですね。

 

私はどうやら長らく

お金のことで勘違いをしていました。

 

お金の方が自分より価値が上だ

と思っていたらしく、

お金を得るために自分を安い労働力として

差し出していたらしいのです。

 

「どうやら」とか「らしい」と書いたのは、

お金のために働くことが

全然おかしいと思っていなかったし、

むしろ誇らしくすら思っていたからです。

 

でもお金が欲しいと思って頑張って働いても

どうして思った以上に稼げないのか

不思議でなりませんでした。

 

Time is Money (時は金なり)

という格言がありますよね。

 

日本では明治時代に

「時間はお金と同じくらい大切だ」

と訳されたこともあって、

本来の意味とはちょっと違う

解釈が伝わっています。

 

元々 Time is Money は

アメリカ合衆国建国の父、

現在の100ドル札紙幣の顔でもある

ベンジャミン・フランクリンの名言です。

 

他にフランクリンが遺した

十三徳の「勤勉」の項でも、

お金のことをこう言っています。

 

「時間を空費するなかれ。

つねに何か益あることに従うべし。

無用の行いはすべて断つべし」

 

Time is Money の意味が

実に深いところに根ざしていることが

伝わってきますよね。

 

経済学の授業でも Time is Money は

「機会費用」として取り上げられます。

 

総合商社の新人研修などでも

この理念を徹底的に仕込まれるそうですね。

 

どういうことかというと、

たとえば移動手段を考える時に

電車の代わりにタクシーを使う「機会費用」が

妥当だったかどうかを検証する。

 

その時の判断が

人材的にも金銭的にも時間的にも

最大の効果をもたらしたかどうかを

常に検証していくことが「機会費用」です。

 

そこから見えてくるのは、

時間を浪費することが

どれだけ人生を無駄にするのか、

そして時間を浪費するという

選択をしているのは

いつも自分だということなのです。

 

「今を最大限に生きる」という意識を

常に持っているかどうかが

成功の鍵になると言うのです。

 

自分の時間を大事にする人が

お金にモテモテになる

という真理は衝撃でした。

 

最大の理由は

目的を明確にして時間を使うから。

 

自分の意思で

自分がやりたいことのために

時間を使うことが

Time is Money の真意だったのです。

 

この真理をさらに深めていくと、

意識の高い人ほど

自分の時間を奪おうとする人との

交流を避けます。

 

目的もなくダラダラ会話をすることは

時間を浪費するだけではなく、

相手の有益な時間までも奪う行為。

 

「機会費用」の観点からは失格なんです。

 

そもそも他人の時間を奪っていることに

気づけないような人もお金にはモテない。

 

そして、やりたいことを無我夢中で

諦めずにやり続ける人には

必ずお金をだす人が出てくるのです。

 

お金に愛される人は、

誰よりも時間を上手に使う。

 

自分の意思で

時間を自由にコントロールできる人です。

 

Time is Money が教えてくれるのは、

やりたくない仕事をするということは、

やりたい仕事をした時に得られるはずの

利益をも捨てているということでした。

 

この気づきは本当に大事なんです。

 

メタフィジックス(形而上学)は本来

そういう高い意識に目覚めるための学びです。

 

意識を高く持てないと、

格言を「理解」はできても

「実践」することが難しい。

 

意識が低いままだと、

大金持ちに

「時間はお金より大事だ」と言われることと、

生活困窮者に

「時間がお金より大事だ」と言われることで、

受け取る意味がまるっきり

変わってきてしまうんですね。

 

真理はいつも一つであり、

人間の立場や条件を超えて

「本物の答え」にたどり着けるかどうか。

 

抽象的な概念を実現していくためには

プロセスや知識が必要になってくるんですね。

 

ベンジャミン・フランクリンもまた

偉大なメタフィジシャン

(形而上学を学んだ人)でした。

 

そして、Time is Money という

たった3文字で

世界の人々の価値観を変えるほどの

真理を導き出しました。

 

目に見えない世界の奥深さを知っていくと

人生がどんどん楽しく実りあるものに

変化変容していくので、

驚きと感動の連続です。

 

↑ ↑ ↑

転載終わり

 

 

形而上学が明かす「時は金なり」の真意

いかがでしたか?

 

「時は金なり」の真意を実践するなら

アデプトプログラムをお勧めします!

 

 

東京都板橋区 板橋本町駅から徒歩5分

ホリスティックヒーリングサロンさくらハート

http://sakuraheart.jp/
 

日野あやメールマガジン『汝自身を愛せ』
http://www.reservestock.jp/subscribe/38288

日野あやさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。