久しぶりのアップです。

今回はこのタイミングで子育て真っ最中でも趣味や自分の好きな事を仕事にしたい女性に是非エールを送りたいと思いますドキドキ

 

実際、どうなんだろう・・・、コロナで色々な事が一時停止したり、プランを断念・変更せざるえない状況になった方、多いと思います・・・。日本国外で生活されている方には、更なる負担、不便、不安も倍増。私もその一人で、仕事はストップ、子供のオンライン学習、生活は一転しました・・・。外との接点がすごく少なくなって親子共々マイナス思考になりがちになったりと、苦しい時を乗り越えて来ました。今日は本音を書きます。

 

今回、自粛する部分のある日々の生活の中で、なるべく基本ベースは変えず来ました。同じ時間に寝て起きる。生活習慣を変えない。メンタルもポジティブ思考でいたいので、不安を煽る様なソーシャルネットワークは断つ。じっとひたすら我慢、細かい事には拘らず、結果オーライ方式です(笑)こんな時はあまり神経質にならず大雑把なくらいがちょうどイイような気がすると自分に言い聞かせてきました。

 

子育てが中心の生活では、自分の時間の確保はすごく困難な上、子供の学習形態の変化、外出制限・自粛などで、母親の負担は更に増えた様に感じますよね・・・。結局、自分の時間に皺寄せが来たりしますが、細々とでも自分の好きな事、趣味を続ける意味は単なる気分転換以上にあるように思います。周りの人から理解や協力が得られなくてもいいんです、めげない(苦笑)きっと、いつの日か点と点が線で繋がる日が来ると思って、ひたすらその道一直線あるのみです(笑)

私の場合、お給料をもらわなければ単なる趣味、趣味の延長は意味がないとか、色々と心許ないことが自分の耳に入った時も有りました。私のフローラルデザインを始めたきっかけは社会人になってからの習い事が始まりです。その後、プロ養成の学校にも入り、バイトもしましたが、物足りなくなって、最初は小さなワークショップから出発。その時は、その後どの様な形でフローラルデザインが仕事になっていくかは考えもつきませんでしたが、自分の好きなことをひたすら継続してきたように思います。頭の中で描くビジョンやアイデア、憧れなどは大きくなるのですが、アメリカでどうやったらフローラルデザイナーとしてバリバリ仕事がしていけるのかはピンときませんでした。小さな子供を抱えて仕事に出る難しさ、家庭とのバランス、働くママの生活は犠牲も付き物。今、そこから始まったSakura Design Floral Studioはフリーランス業務形態になり、メインとしては、今、ホテルやイベントなどの装花を請負業務する会社でフローラル・デザイナーとしてお仕事をさせて頂いています。一番嬉しく思う事は、根を下ろした現地、ワシントンDCで自分の好きなことを仕事にできる喜び。日々の大きな原動力です。それは我が子たちにもポジティブに通じてると思います。似たような境遇、チャレンジを抱えているママ・女性沢山いらっしゃると思いますが、悩まずに進んでOK。チャンスを求めて前に進む、そしてそのチャンスが訪れた時にはチャレンジする準備ができている、失敗してもくじけない。その流れを繰り返す。きっと、道が開けると思います。エールを送りますドキドキ 

新しい週、良い1日を!!