目標を下げるとその場所にもたどり着かなくなる不思議 | 桜井香里オフィシャルブログ/いつからでも人生は変えられる/依存しない自由な女の生き方/時間や場所に縛られない働き方/経済的自立

こんにちは、
Mother Life代表、

桜井香里です。



今日は用事があって、
文京区あたりを歩いていたら、
東大の前を通ったので、
思わず写真を撮ってしまいました。







きっと、
手が届くことはない場所なので、笑
「これが赤門か」という観光客状態でした^^



頭がめちゃくちゃ良さそうな
(もちろん良いのですが )東大生たちが、
何人か歩いていました。



歩きながらふと思ったのは、

彼らを見て、
この場所にたどり着くまで、
ものすごく勉強をしてきたのだな..ということ。




もちろん色々なタイプの人がいるだろうから、

頑張って入るという感覚ではない人や、

努力型で掴んだ人もいるのだろうな、、等、

あれこれ思っていました。







受けたことがないので、

どのくらいの難問なのかも想像がつきませんが 汗 ここを目指すということは、





途中できっと、

「あー、もう無理かも知れない」とか

「志望校下げようかな、、」と、

思った人も多いはずなのですよね。




でもきっとそこで、

諦めようと思っても諦めずに

本番に望んだ人が掴んだ進路なのだと思います。




空に願っても、

入れますように、、と願うだけでは入れないし、

入るための努力(勉強という行動)をしてきたわけだから。




ここで思うのは、

受験に限らず、

目標を途中で下げていたら、

そのレベルのところにも行けなかったかも知れないということです。




人って、

不思議と目標を下げた途端、

気がゆるむ。

(緩むのは良いことだけど)




そうすると、

下げた目標がまた今度は高く見えてくる不思議。






これって受験だけじゃなく、

夢の叶え方も同じだな。と。




なかなか予定通りに進まなかったり、

止まってしまう時もあるけれど、

目標は下げないほうが良い人がいる。

(これは私の場合)




一方で、

高すぎる目標だと、

やる気が出なくなって動けないっていう人もいるので、自分のタイプに合わせて目標の高さを設定するのがポイントです。




桜井香里


 

<Mother Life 個別継続講座>

(事前選考制)

<詳しくはこちら>

 

【桜井香里個別コンサルティングはこちら】image

 

<Mother Life PVはこちら>

 

 

<公式 Mother Lifeメールはこちら>

image

 

<子育てもなりたい私も妥協しないメールレッスン>

 

<ママ起業7日間無料メールレッスン>

 

【公式】桜井香里ライン@