薔薇の花って本当に優雅な気分になります。

古代ギリシャや古代エジプトの王が古の時代より、

クレオパトラをはじめとして、現代風に言えばセレブリティーに愛されてきた薔薇。

花そのものの豪華さだけでなく、香りにもたくさんの効果があり

その場の空気を和やかに和らげてくれることにあることが愛されてきた理由だと思われます。

 

私は薔薇と言えば、かつて、私の祖母が広いお庭(田舎なので)、

まるでバラ園のように庭を手入れしていたのを思い出します。

そんな祖母が手塩にかけた庭の光景を今思い出すと、

薔薇の季節って6月くらいかと思っていました。

 

確かにバラの季節は6月ぐらいの初夏が盛花だと思うのですが、

実は、香が最も華やかになるのは秋なんだとか。

 

季節ごとにテーマを変えているストリングスホテル東京インターコンチネンタルの

アフタヌーンティー。最も鮮やかな香りとなる秋な薔をテーマとした「秋華の重」

のアフタヌーンティーが登場しました!

メニューを見ると、みんな薔薇!

最近バラの花を殿方からいただくことは、めっきりなくなってしまったバラ。

こうなったら自分でうっとり女性ホルモンを上げるっきゃないと伺いました。

あ、バラはホルモンバランスを整えてくれると聞いたこともあります。

 

秋のアフタヌーンティーセット
「秋菓の重-薔薇」

期 間 : 2017 年 9 月 11 日(月)~11 月 30 日(木) 

場 所 : レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」  

時 間 : ティータイム 14:30~17:30(17:00L.O.)  

料 金 : 4,000 円 ※別途、消費税とサービス料 13%を加算いたします

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

「バラのアイスクリームのパフェ」

最もテンションが上がったのが「バラのアイスクリームのパフェ」

ライチとフランボワーズのムースの上に苺のソースや生クリームを重ねています。

上にはふんわりと香る薔薇のアイスが添えられています。

薔薇の花びらも添えられていて、うっとりしちゃいますよね。

えっ、単純ですって?私だってまだまだかわいいところがあるんですよ~。

 

今回は、ローズリキュールを使用したゼリーも添えられていたり、

スコーンやプチフールにつけていただくクリームやジャムなども添えられていました。

 

はさっぱりとし た味わいでお口直しにもぴったり。

 

ストリングスホテル東京インターコンチネンタルのアフタヌーンティーは

有田焼のお重を使っているのがひとつのポイント。

このお重は3段になっていて、

今回はそれぞれに工夫されたバラをイメージする構成になっていました。

 

 

お重に使われている有田焼「球型三段重」は、李荘窯業所によって制作。

佐賀県有田町を中心に焼かれる陶磁器・有田焼です。

「食」に対応できる新しい器を作り出す同窯元が生み出した逸品の

 「球型三段 重」は、受注生産でひとつひとつ作られているそうです。

 

 

最もテンションが上がったのが、【二の重】 。

薔薇のエッセンスをつかったものや、薔薇色のプチガトーが並んでいます。

ラズベリーのマカロン/ヨーグルトとバラの香りのライチムース/

苺とレモンのチョコレート/ バラのロールケーキ/

ローズ風味のアーモンドタルト/バラの花のチョコレート/ラズベリーのエクレア

 

ラズベリーのマカロンは、美しいローズ色ですが、

ラズベリーの酸味でさっぱりした味わいです。

 

苺とレモンのチョコレートはバラの花の形に。

こういう小さなプティフールが丁寧に作られて

こういう作業が女子の心をウキウキさせてくれますね。

 

 

【一の重】 バラの花のスコーン/ブルーベリーのマフィンバラジャム入り/バラのソース

お決まりのスコーンも薔薇の花びらが入って焼かれていました。

 

 

【三の重】 スモークサーモンときゅうりのロールサンドイッチ

サンドイッチのポジションである、一番下のお皿には、スモークサーモンのロールサンド。

ここに薔薇を使うということではありませんが、サーモンピンクの色合いですね。

 

そして、アフタヌーンティーにつきものなのは紅茶やコーヒー。

ドリンクはお代わりができちゃうという嬉しいシステム。

しかも、ドリンクは種類変更もOKだそうですが、

ここでもテンションがあがるのは、TWGの紅茶。

うふふ、なんだかリッチな気分。

 

 

TWG Teaセレクションは6種類。

ロイヤルダージリン、ワールドツアーティー、バニラブルボンティー、 

ナポレオンティー、オーノアールティー、インディアンナイトティーのラインナップ。 

 

 

フレンチプレスコーヒー ブラジル・カンタガロ農園産「ルビー」の挽きたてを

フレンチプレスで 抽出し、豆本来の味わいがお楽しみいただけます。 

※ その他、ハーブティー、エスプレッソ、カフェラテなど約 20 種類 のドリンクも。

 

 

素敵な空間で薔薇の香りに癒されて。

幸せなアフタヌーンティータイムをお過ごしあれpetit cake*Good☆

 

 

 

 レストラン&バー「ザ・ダイニング ルーム」

東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー26F

ストリングスホテル東京インターコンチネンタル

TEL:03-5783-1258(9:00~23:00) 

期 間 : 2017 年 9 月 11 日(月)~11 月 30 日(木) 

時 間 : ティータイム 14:30~17:30(17:00L.O.)  

料 金 : 4,000 円 ※別途、消費税とサービス料 13%を加算いたします

 

 

AD