今回のオランダ旅行はご招待だったためホテルはいまいちでした。
私はいつも個人で飛行機もホテルも予算の許す泊まりたい場所に宿泊するのですが
あまりにもホテルが快適でないため、最終日はたまらなくなって、自分で他のホテルを
予約しちゃいくました。大手格安旅行会社が旅の手配をしてくれていて、スタンダードという
クラスのそこそこの金額のツアーでしたので安心したのですが、パック旅行って高いのね・・・
と驚きました。これくらいの金額でこのレベルならば少し苦労しても個人旅行するぞと
心に決めた・・・そんな旅でした。タリスもついていましたが、別にタリスも日本から
自分で予約できるし(前回はしたし)、実はベルギー国鉄のストにもあったのですが、
免責なので保障はありませんし、車は手配してもらいましたがアムス~アントワープ間で
250€。もともとパックの料金に含まれていたタリスの料金も交渉します・・・と言ったまま
なしのつぶて。携帯にがんがん電話してくるので、国際電話料金になるにもかかわらず大して
役にたたないのですから、ある程度英語ができるのであれば、旅行会社なんかかませず、
個人でタクシーで移動したりホテルとっても一緒ですもん。そんな気分になった旅行でした。



********************



さてそんな今回の旅の1泊目は、まだまだましなメルキュールホテルアムステルダムシティ。
エントランスやバーはリニューアルしてきれいになっていました。
DSC08284



さすがオランダ。デザインに意識して、ホテルづくりをしています。
DSC08282



良いところからご紹介しちゃいます。
バースペースはグレーの中に赤のエッセンスのきいたセンスのよい佇まい。
DSC08266



テーブルのソルト&ペッパーは暗い店内で映えていました。
DSC08279




デルフトのお皿なんかも飾ってあります。
天井からつってある照明が素敵。こういうインテリア憧れます。
DSC08269



バーの中央には、シックなカウンターが。
ここでお酒なんかを作ってくれるのですが、キラキラ光った天井のオブジェなんだと思いますか?
DSC08271



お魚が群れで泳いでいる様子を表現していました。
DSC08274



わざと破けたライトなんかも、何気におしゃれです。
この破けた部分から、光が漏れてくるんですよね。
DSC08489




こちらはロビーに近い大きなテーブルに配置された照明。
黒い傘のついた照明からこちらも光が漏れてきます。
つくづく思うけど、照明って重要ですよね。
DSC08501




こちらのご自慢は朝食です。
口コミサイトにも朝食が素晴らしかったと書いてありましたが私もそのように思います。
DSC08261




ハムやチーズがずらっと並んでいるのはやはり気持ちがよいです。
DSC08254




名物のミートボールなんかもあってオランダらしい。
DSC08255




【1日目の朝食】
フルーツはいまいち美味しくなかったのですが、いつも通りなるべくたくさんいただきました。
軽くトーストした食パンにチーズとハムをのせて食べていれば実は私は幸せなんです。
DSC08257




【2日目の朝食】
DSC08503



チョコスプレーがあったのでどんな風に食べるのかな・・・と思っていたところ
街でチョコスプレーのパッケージがあったパンにのせてある写真がついていました。
DSC08507_1




ほほー、こうやって食べるのね。と私もマネしてみましたがやっぱり甘いね・・・撃沈。
DSC08504_1 (2)




飲み物は紅茶のフレーバーも豊富に用意されていました。
いろいろなシロップがあるけど、もしやこれコーヒーとかにいれるのかな???
DSC08505_1



コーヒーは大きなマシンが置いてあったのでたっぶりいただけます。
紙コップも置いてあるので、お部屋にもって行って当日の予定を再度確認して観光に行きました。
DSC08506




朝食スペースもなかなか素敵な感じです。これの3倍くらいの広さかな。
席間もかなりゆったりしていて、問題ありません。
朝食は色々な国の方と同じスペースで、食事をとりに行ったりするので
コミュニケーションがなかなか楽しいものです。特にアムステルダムは
近隣からきている人々のいろいろな言語が飛び交うのでそれもかなり楽しい。
DSC08259



素晴らしい朝食やロビーとは逆にお部屋はシャビー・・・。
ソファなどもかなり傷んでいて、!のが色あせていたりしました。
電気ポットの中の電熱線が錆びていたので
お茶を沸かす気分にはなりませんでした。
DSC08136



バスルームはバスマットがありませんでした。
DSC08139




アメニティーはおしゃれな感じのオリジナルパッケージでした。
DSC08140



Overamstelという無人駅から徒歩10分ほど。
オランダは電車がバンバン走っているし、ハーグなどに行く場合はまあ良いのですが
あまり好立地とは言えません。駅前からタクシーもないので、よく旅行パックに組み込まれる
ホテルのようですが、不慣れな方にはおすすめできません。てかよくこんなホテル無責任に
パックに取り入れると思うほどの立地だと思いました。
駅についたらちょうど雨がやみ、大きな虹が出ていました。
こんな虹のように素敵な旅だったらよかったのですが、ストがあったり、
これから行くアントワープとブリュッセルのホテルがあまりにも酷いことは知る由もありませんでした。
晴れたり、雨になったりと、この天気のように良いことと悪いことの繰り返しでした(汗)。
DSC08486



旅の良し悪しはホテルが大きく左右されます。
パックに含まれていたホテルは40代の女性が旅するには快適ではありませんでした。
HISのスタンダードというのは、大学生でお金がないときにするくらいのレベル。
社会人は、もっと上のグレードにするこをおすすめします。
(今回の旅でこのメルキュールはまし。後は修学旅行のホテルか?ってホテルばかりでした)。



家Mercure Hotel Amsterdam City
Joan Muyskenweg 10, Amsterdam 1096 CJ, The Netherlands
010 31 20 665 8181
AD