久しぶりに広尾の『BOTTEGA(ボッテガ)』へ。

グラマラスと書きましたが、ゴージャスな訳ではなく

カウンターメインで雰囲気はとてもカジュアル。

でもその中で時折豪華な食材をも合わせながらもどっしりと

旨い!料理が頂けるイタリアンレストランです。

 

 

『BOTTEGA(ボッテガ)』があるのは、広尾の商店街を抜けたあたり。

普通ならば入口が通行人の背面になるので

絶対に流行らない法則(さくら調べ)を持つ立地になっていますが

その逆境を見事に乗り越え、みるみる人気店に。

そしてオープンから1年も経たないうちに

ミシュランガイド2018年で1つ星を獲得するという快挙を成し遂げたお店です。

 

お店に続く階段は、まさにイタリアのトラットリアと言った雰囲気。

この先には、とっておきの美味しいステージ。

今宵も友人たちとゆったりとおしゃべりの弾むイタリアンへと向かいました。

 

お料理を作るのは笹川尚平シェフ。

イタリア各地で修行し、予約の取れないレストランの先駆けともいえる

ミシュラン獲得の「カーザヴィニタリア」のシェフを経て、

2017年、独立し、「BOTTEGA」をオープンしました。

笹川シェフともお話していたのですが、

「カーザヴィニタリアの時ってシェフが挨拶に来てくれなかったじゃない?

そう考えるとシェフとおしゃべりしながら食事できるここは贅沢な空間ですね」と。

笹川シェフはカウンターで訥々と言葉を選びお話する感じですが、

感謝の気持ちみたいなものが伝わってきて、楽しくお料理をいただいています。

今回は笹川シェフの真ん前のアリーナ席でいただきました。

 

ボッテガは基本アラカルト。

コースは10000円のシェフのお任せが1本です。

2回目の訪問なのですがまたオーダーがダブってしまいました。

だから今回オーダーしたものは私の好きなもの♥

全て美味しくいただきました。

 

パンは、フォカッチャ、バゲット、パーネカラザウの3種が盛り合わせに。

 

突き出しに前菜のオリーブが登場です。

 

 

完熟トマト、ブッラータチーズ、柑橘のサラダ

トマトがカラフルで、またマイクロトマトなんかも添えられてかわいい。

トマトは色々な味わいでフレッシュな甘みの柑橘でマリネされ

軽い酸味、そして甘味をしっかり引き出していました。

この甘味がブッラータチーズのミルキーな甘みと

とろとろ感の相性もばっちりでした。

 

 

燻したと香草のカルパッチョ仕立て

なんとも美しいお料理が登場しました。

メカジキのカルパッチョの上にたっぷりの香草や香味野菜。

そして上にはトマトのエキスのゼリーがヴェールのように

掛けられ全体を覆われています。

 

キレイに重ねるなぁ~と感心するほどメカジキが何枚にも重ねられ

どっぷりした感じですが、少し甘味のあるトマトのソースと

トマトのエキスのヴェールと共にいただくと

これまたたくさんいただけそうな感じ。

骨太な料理の印象があるのでこれにはびっくりなお料理でした。

 

 

生しらすとからすみのタリオリーニ

前回は白魚でしたが、今回は生シラスになっていました。

 

夏に旬を迎える新鮮なシラス。

生シラスって食べたいと思っても、タイミングを逃すことが多く

こうやってばったり巡りあった時には絶対に食べないとと思います。

カラスミのコクのある塩味と香りと、シラスの海の香りを堪能させていただきました。

 

 

夏トリュフのタヤリン

夏トリュフをたっぷりスライスしたタヤリン。

やはりトリュフはテンションが上がります。

 

クリームソースでシンプルにいただきまたが麺も美味しい。

ここにトリュフの香りがたっぷり染み出ているのですから

シンプルですが贅沢の極みともいえるパスタであることは間違いないですね。

 

 

黒毛和牛のローストと夏トリュフ

前回は蝦夷鹿をいただきました。

こちらもまたまたトリュフをたっぷりまとっています。

どんだけトリュフが好きなんだという感じですが

夏トリュフですのでお許しあれ。

 

お肉は黒毛和牛のシンシン。

とっても柔らかく、しっかりお肉の味を堪能できるような火入れ。

トリュフはスライスだけでなく、みじん切りにてマリネしているものも入っていて

香りを補いまた食感にアクセントがでるように加えられていました。

こういう細かな工夫は実は私たちは気づかなくても

色々なところに隠されているんだとおもいます。

きっとそれが美味しさに秘訣になっているんだろうな~。

 

 

パンナコッタ パッションフルーツソース

デザートはぷるるんとしたパンナコッタ。

ココナッツミルクで作られていて

またソースもパッションフルーツで南国気分でした。

 

今回も大満足。

そして、このお店は楽しくてついしゃべりすぎちゃいます。

楽しくって、気軽に楽しめて、

でも美しさや豪華さも兼ね揃えた

大好きなお店。

いつも同じものをオーダーしがちなので、

次回はコースでオーダーしてみようかな。

 

【ボッテガ関連記事】

・2017年10月のディナー

 

 

BOTTEGA(ボッテガ)

東京都渋谷区広尾5-17-8 アプリシエ広尾 B1F

03-6450-3933

日曜定休日

17:00~翌1:00(L.O)

食べログ食べログ得点はこちらをチェック

 

 

ボッテガイタリアン / 広尾駅恵比寿駅
夜総合点-

 

 


乙女のトキメキあなたがブログをはじめたきっかけを教えて!ニコニコ

ブログを始めたきっかけはイタリア旅行でした。

情報は主に旅行本。

なかなかインターネットで旅先の情報を

入手するほどではありませんでした。

間違った情報?もしくは変更された情報も多く

これは次に旅する方が迷っちゃう。

と、旅行記を書き始めたのがきっかけです。

今では旅にはいくものの、時間がなくなかなか旅行記が書けず・・・。

でも旅情報もしっかり発信していきますね。

みんなの回答を見る右矢印
キャンペーン詳細右矢印