イタリアの飲料メーカーのサンペレグリノ社(本社:イタリア・ミラノ、CEO:フェデリコ・サルツィブ ラガ、ネスレグループ)が 5 月 12 日(土)から 13 日(日)の間ミラノで開催した、30 歳以下の料理人 世界一を決める国際料理コンクール「第 3 回 サンペレグリノ ヤングシェフ 2018」決勝大会にて、 シグネチャーディッシュ「Across the Sea」を創作した日本地区代表 藤尾康浩氏(ラシーム/大阪)が 優勝者に決定しました。

 

 

日本地区代表決定鮮の様子はこちら

 

 

本コンクールは、才能あふれる若手料理人の発掘と美食文化のさらなる発展を目的として、2015 年に 初開催。3 回目となる本大会の決勝では、世界 21 地区でおこなわれた

予選大会で地区代表の座を勝ち取 ったファイナリストがミラノに集結。

世界のファインダイニングシーンを牽引する 7 名の名高いシェフ から構成される審査員団

「7 賢人」の前でシグネチャーディッシュ一皿を実際に創作プレゼンテーショ ンを行いました。

 

 

審査員は、各ファイナリストの一皿を 5 つの基準(素材・技術・才能・美しさ・メッ セージ性)に基づいて試食・審査。21 名の中から日本地区代表として、日本の鮎をフランス料理の技法で仕上げた一皿を発表した藤尾氏を世界一の若手料理人に選出しました。 また、各国の著名なシェフが就任し、21 名のファイナリストに付いて決勝大会まで料理の指導を行う、 21 名の「メンターシェフ」の投票で決定する特別賞「アクアパンナ テイスト オブ オーセンティシティ 

アワード」も藤尾氏が受賞し、栄えあるダブル受賞を記録しました。

 

 

 藤尾氏は「優勝して最初に、サポートしてくれた関係者に皆様に感謝を伝えたい」と喜びを語りまし た。今後藤尾氏は、サンペレグリノが主催もしくは協賛するイベントにゲストシェフとして招聘される など、キャリアサポートを受けます。

 

優勝した藤尾康浩氏 (ラシーム/大阪) コメント

今回の挑戦をサポートして頂いた全ての方々にお礼を申し上げます。 沢山の素晴らしい同年代のシェフと出会い、切磋琢磨出来た事が何よりの誇り です。このタイトルに恥じぬよう、料理だけでなく人間性も更に高めていく所 存です。

 

 

名称:「サンペレグリノ ヤングシェフ 2018」決勝大会 

主催:サンペレグリノ社 

日程:2018 年 5 月 12 日(土) — 5 月 13 日(日) 

参加者:世界 21 地区の代表シェフ 21 名 大会の詳細はこちら(英語)▶www.finedininglovers.com