Niort滞在中は、同エリア内のポワトゥー=シャラント地域にある
大西洋に面した古い港町 La Rochelle(ラ・ロシェル)にも行ってきました。
パリ・モンバルナスからTGVで約3時間の美しい街です。



こちらは駅の正面玄関。パリの駅舎って本当に素敵なのです。
必ず街のシンボルになるようにどこからでも見る事ができるような時計台があってね。
素敵な駅は旅情をかき立てるなにかを持っているような気がします。
道明寺さくらの美道楽日記



決まって天井はこんな感じ。ホームの駅舎前は屋根付きになっています。
道明寺さくらの美道楽日記




電車で到着したらまずはインフォメーションへ。
地図などをいただいて散策に繰り出します。流石観光地。混んでいます。
道明寺さくらの美道楽日記道明寺さくらの美道楽日記





港町であるラ・ロシェル。日本で言えば葉山のような感じでしょうか。
クルーザーがいっぱい。ここに長期滞在したらリッチな男性に巡り会えるでしょうか?うふ
中央にある緑の灯台。実際に使っているそうですよ。
道明寺さくらの美道楽日記



海沿いには沢山のレストランが並んでいます。海沿いのお店はどのお店も大混雑です。
道明寺さくらの美道楽日記




大時計門
何といっても街のシンボルはこの大時計門です。 ここからぎっしりとレストランや
ショップが立ち並ぶ旧市街が広がります。しかし人がいっぱい。時計台の下あたりに
沢山の人がいるのがわかりますか?フランスではそれくらい有名な観光地です。
道明寺さくらの美道楽日記



14世紀に創建、18世紀に上部を増築した歴史ある建物です。
道明寺さくらの美道楽日記




TOUR ST-NICOLAS/サン・ニコラ塔
港を挟んで時計台の対面あたりにあるこの塔は独特の存在感です。
道明寺さくらの美道楽日記



要塞だったサン・ニコラは港や塔に関する資料を展示してあるようですが
時間がなかっのでお土産もの売り場までしか登りませんでした。
道明寺さくらの美道楽日記道明寺さくらの美道楽日記





沢山の広場があって気持ちよいのです。
道明寺さくらの美道楽日記



市庁舎
15世紀から16世紀にかけて建てられた美しい建物で、フランボワイヤン・ゴシック
様式の城壁に守られています。内部には執務室や宴会場など豪華な内装の部屋を
見学することができるそうですよ。
道明寺さくらの美道楽日記




美術館もありました。
道明寺さくらの美道楽日記




本当に皆さんくつろいでいるラロシェルの湾沿いの風景。
道明寺さくらの美道楽日記




星付きレストランもあるし、牡蠣で有名なイル・ド・レにも行けなかったので
次回は私も沢山本を持って行って、カフェでのんびり読書して、お買い物して・・・。
くつろぐだけの休日を過ごしたいと思います。
道明寺さくらの美道楽日記




フランスフランス政府観光局ラ・ロシェルページ