なんだかここの所食べてばかりいますショック!
嬉しい反面、体重が・・・ガーン 嬉しいやら、悲しいやら。。。

常連の友人にお誘いいただき、リストランテ濱崎さんに再訪しました。
前回の訪問はこちら→ナイフとフォーク

濱崎シェフの作り出すお料理は洗練されたイタリア料理。
私はイタリア料理はどちらかというと南イタリアのガッツリ系が好きですが、
濱崎シェフのお料理だけは別です。
あのアグレッシブなやんちゃな九州男児から、こんな繊細で洗練されたお料理が
出来るのはとても不思議。じっくりとお話できたらシェフの経験や才能やセンスに
もっと触れられてきっと良く理解できると思うのですが、シェフはしっかり厨房に
いらっしゃるのでちょこっとしたおしゃべりできないのが残念でなりませんが
お料理を通じて琴線に触れることができるだけでも幸せなことです。

左)焼いたパルミジャーノ
右)新タマネギのムース 空豆のソース 
 玉葱独特の香りと甘みが旬を感じさせてくれます。空豆の色合いも美しい。
 

定番ですが楽しくて大好きな前菜の盛り合わせ
中央)グリーンピースのスープ、12時から時計周りにタプナードとホワイトアスパラのブルスケッタ
自家製グリッシーニ、モッツァレラチーズと野菜のマリネ、真鯛のカルパッチョ、津南豚のパラ肉のパテ
蛸と野菜のマリネ、サイ巻き海老のフリット、パルミジャーノのブリュレ
 

左)ガスパチョのカッペリー二  右)ボッタルガ(カラスミ)とヤリイカのタリアテッレ
  

ガスパチョのカプレーゼのアップ。ガスパチョに野菜の甘みがたっぷり凝縮されています。
カッペリーニによーーく絡みついて美味しかった~。カプレーゼとガスパチョなんて夏を感じます。
 
ボッタルガと聞いてオーダーしないわけにはいきません。
エクストラチャージでしたがオーダーしました。

真鯛のカツレツ。良いお魚が入らないと濱崎シェフは作ってくれないそうです。
今日は入店早々お魚のカツレツで来ますよと教えてくれました。
 
仔牛のグリル マスタードとレーズンのソース 人参のムース
柔らかいお肉にフルーツの甘みの詰まったコクのあるソースの相性は良いですね。


左)お魚とお肉の間のグラニテ 愛媛みかんのシャーベット
右)ニワトコ(エルダーフラワー)のムース 甘夏のジュレ この季節限定のドルチェです。
  
小菓子と紅茶
 

こちらのお料理はとても丹精。奇をてらわず安定していてとても満足度が高いです。
濱崎シェフにお会いするたびにファンになってしまいます。次回はいつシェフにお会いできるでしょうか音譜


家リストランテ濱崎
 東京都港区南青山4-11-13
 03-5772-8520