大好物の甘酒!

テーマ:
こんにちは。サクナの松成です。
元旦の初詣で甘酒がなんと100円!だったので買ったらガビーン!
酒粕でつくった添加物まみれの甘酒だった(TT)
ムカっ!即行捨てましたとさ。甘酒はちゃんとした天然の米麹でなきゃね。

甘酒は年中飲んでいるのですが、やっぱり寒い日の甘酒は格別!
私は夕食の時間が遅いので、ほとんど炭水化物を食べないんですが、甘酒だけは別~(^^)
母が手作りしたり、ネットで注文したりしていたのですが、先日、またまたお客様から美味しーい甘酒を頂いたのです!
甘酒の美味しさも十人十色といいましょうか、全然お味が違いまする。
なので寒い日も、ポカポカ甘酒で至福のひと時を過ごしています♪


しかしなんと!甘酒は江戸時代には、夏バテ防止の栄養ドリンクとして、夏に売られていたんだとか!
『甘酒』の栄養分は天然の栄養素が豊富で、”飲む点滴”とも呼ばれるほど!!

麹菌が繁殖するときに、ビタミンB1、B2、B6、パントテン酸、イノシトール、ビチオンなど、すべての天然型吸収ビタミン群を作って米麹に蓄積させて甘酒に溶出されてきます。

また米の表面はタンパク質が多く、そこに麹菌が増殖すると、タンパク質分解酵素を出して分解しアミノ酸に変えるので、必須アミノ酸も多く含みます。

麹に由来する食物繊維とオリゴ糖は、腸にとっても絶大なるパワーが!
便秘や有害物質などのデトックス作用にも良い働きがあります。

甘酒は、疲労回復に優れ、美容と健康にバッチリの”飲む点滴”です!
米麹パワー恐るべし(^-^)/

しかし!今はスーパーでもどこでも甘酒を売られていますが、原料に注意!
お米を麹発酵させて作る本来の甘酒
酒粕を湯で溶いたものに砂糖などの甘味を加えたもの
・酒粕と米麹をブレンドしてあるもの

また、添加物が使ってあるものも多いです。(キャリーオーバーなど表示のないものも有)
砂糖を加えた甘酒を取りすぎると、太るだけでなく、美容と健康への逆効果にもなりますので要注意です。
カロリーオフの”人工甘味料”もNGですぞ!!
米麹を発酵させてつくられた、本来の甘酒を飲むようにしましょう。

ピオーネの”飲む点滴”といったらコレ!
これ以上元気になったら困るんだけど、やっぱり天然の飲む点滴は美味しいのだー(^-^)/
【レ・レスベラトロール】


【Sakuna(サクナ)】