【認知症予防】レスベラトロールの威力 | 心と身体も美しく若返る生き方

心と身体も美しく若返る生き方

人工的に若返る方法はいろいろありますが、自然に勝る美しさはなし。心豊かに、細胞から若返る習慣を身につけましょう!


テーマ:
こんにちは。サクナの松成です。
近年、認知症とかアルツハイマー病は、激増していますね。。
私の祖母が発症したのはまだボケ→痴呆と呼ばれ始めた頃で、施設もヘルパーさんも少なかったのになぁ。
高齢者だけでなく低年齢化し、どんどん増える一方というのは、どこに原因があるのでしょうかね。
⇒認知症800万人時代

『認知症』には、血管性認知症変性性認知症と、大きく分けるとこの2種類あります。
血管性は脳梗塞など、血管が詰まって脳細胞が壊死して発症するもの。
変性性は、アルツハイマー型、レビー小体型、前頭側頭型などがあり、症状も多様です。
治療薬やワクチン開発の研究もされていますが、現在効果のあるものはありません。

悲しいことに、多くの方に処方されている”コレステロール降下剤”が脳内のコレステロール量を減少させ、認知症を発症させるのではないか?という論文発表が出ています。またその逆を言っている医者います。。
スタチン剤を長期間服用することは大変危険ではないか?ということは、”コレステロール=悪”と刷り込まれているお医者さんは思考停止、考えることはないでしょう。
研究はされていないけど、他にも薬の副作用によって発症するのかも?
安易に飲んでいるお薬や、添加物タップリのサプリや食品など危険なものがありすぎて、原因が特定できないだけに、予防も難しいですね。。

”第二のフレンチパラドックス”として、高カロリー高脂質な食事をしているフランス人は認知症が少ない!と言われ、ここでまた注目されたのが『赤ワイン』に含まれる『レスベラトロール』です。

名古屋市立大学院医学研究科の岡嶋教授らは、マウスの研究ですが『レスベラトロール』が認知機能を向上させる働きがあることを発表しています。
「レスベラトロール」が、胃の知覚神経を刺激、それが脳へと伝わり、短期の記憶や学習機能に関わる脳の器官「海馬」の神経細胞の機能が改善、再生することがわかりました。

また、認知症、アルツハイマー病の原因の一つとして分かっている”アミロイドβ”
特殊な構造を持ち、水に溶けない繊維状のたんぱく質で、それが脳内で凝集・沈着し、やがて神経細胞が死滅します。
『レスベラトロール』は、アミロイドβの凝集も抑制する働きがあるそうです!

毎日少しずつ、少しずつ蓄積され、固まってしまわないように予防することが第一!
血流を良くして、いらないものを溜め込まないよう、排出していきましょう。

1本に10~20房分の岡山県産ピオーネを使用!
赤ワインで約7本分のレスベラトロールが含まれる【レ・レスベラトロール】
認知症・アルツハイマー病予防にもオススメです(^-^)/
細胞の若返りはレスベラトロールと長命草♪
【Sakuna(サクナ)】
*日祝定休*
岡山市北区駅元町29-13-2A
086-252-7738

松成 祐枝(サクナ)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。