心と身体も美しく若返る生き方

人工的に若返る方法はいろいろありますが、自然に勝る美しさはなし。心豊かに、細胞から若返る習慣を身につけましょう!


テーマ:

サクナの松成さちえです。

今日は満月。何かしら心がざわめきます^^

今夜は、”ブルームーン”満月は22時58分
ひと月に2度、満月がやってくることを「ブルームーン」と言う。
見ると、幸せになれるという言い伝えだそう☆

大学発レスベラトロールと長命草で細胞の若返り♪


「友情」に関しては人それぞれの考え方、経験、価値観があると思います。

私の考えでは、男の友情、固い絆っていうものは信じるんですが、「女の友情」には深いものはないと感じています。男女の友情というものも、私の中にはありません。

女性は子孫を残すために、子供を守る使命があるので、本能的にも男性とは違うと思ってます。


しかし、私には心から幸せを願う20年を超えた友人がいます。

いつも私のことを密かに応援してくれていて支えてくれているんだと、昨夜も心が熱くなったのでした。


高度成長からバブル崩壊を経て、年齢とともにいろいろな所有する物が増え、「断捨離」という言葉も広まりましたね。

断捨離とは、ヨガの「断業」、「捨行」、「離行」という考え方から、不要なモノを断ち、捨てることで、モノへの執着から離れ、身軽で快適な生活を手に入れようというもの。


何事にも断捨離が必要


それは「もの」だけではなく、「こころ」にも年齢を重ねる度にそれぞれの心の執着が積もり積もっていると思う。。

心の執着によって悩んだり、苦しんだり、悲しんだり、、意外と多いのではないでしょうか。

私もそんな心の執着によって、もがき苦しむことが多々あります。

ここから抜け出せないままでいると、心の病気や体の不調に影響を及ぼすようになります。


「放下着(ほうげじゃく)」


禅の言葉で、何もかも捨てた時に悟りが得られる、という意味で使います。


ある先生は、こんな例えを話して下さったそう。
「黒い雨傘をさしたまま、夜空が見たいと思ってその傘にツンツン針で穴を開けて努力しているのが悟りを求めている私達の姿だ。」

つまり、傘を捨てればいいだけのことなのに、それにすら気付かない。


一度きりのかけがえのない人生を、いかによりよく生きられるか、は自分自身にかかっています。

なかなか簡単にはいかないかもしれませんが、捨てる勇気も必要ですね(^-^)/


細胞の若返りで心豊かな人生を♪

食品予防医学研究室開発製品

Sakuna(サクナ)

10:00~19:00 *火曜定休*

岡山市北区表町1-1-25
086-224-0397

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。