こんにちは爆  笑

吉永麻衣子先生考案

簡単!!美味しい!!

おうちパンをお伝えしています。

 

おうちパン教室 kilalaです。

 

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。

 

7月27日(土)

子供達が通う小学校の【防災体験キャンプ】にて

『防災パンを作ろう!!』を開催してきましたラブ

 

+++——————————————————————————————-+++

『防災パン』・・・?

これは、昨年、西日本豪雨の際に

麻衣子先生の元に『どうしてもパンが食べたい』

と連絡を下さったママさんがいらっしゃって。

災害時に作られたレシピです。

+++——————————————————————————————-+++

 

+++——————————————————————————————-+++

 

小学校のサークルが主催されている。

学校に泊まろう~防災体験~ですが、

当日子供達は21名

お手伝いスタッフの子供達も合わせて23名参加されました。

 

子供達が多い事!講師が私1人とゆう事もあり、

初め計量だけはビニール袋で分包して

ビニール袋で生地作りをしようと思っていました。

 

 

だけど!!

コップの種類で粉の量が変わる事!

水の入れ方で生地の状態が変わる事に!

試作の時気づいたんです!←遅!!

 

なので、今回生地作りに時間をかけて、

計量は子供達にして頂きました!

・粉をギュウギュウに押し込んで計量する子

・スプーンで少しずつ計量する子

など子供達によってそれぞれの方法で計量しました。

もちろんコップの大きさで、粉の量が変わるのですが。

同じコップなのに、粉の量が変わり。

私が楽しくなってしまいました笑い泣き

 

生地を捏ねる道具も

・ボウル

・ビニール袋

から選択して頂きました。

1家族 2カップの分量で考えていたので。

1カップをボウルで残り1カップをビニール袋で

作成するお友達もいました。

 

塩やイーストを入れる際も。

ティースプーンが全員分なく、スプーンや計量スプーンの

子供達もおり・・・『先生このくらい??』

『3カップいれたら塩はどのくらい??』など様々質問がありました。

 

生地作り最大の難関は!!水の量でした・・・

説明の際、耳にタコができるくらい何度も

『少しずつ!!少しずつ!!耳たぶくらいに』とお伝えしました。

 

なので、一気に水を投入することはなかったのですが。

固くなった生地に、水を入れた際捏ねるのに力が必要となり、

子供達の力では混ざらなくなるハプニングが!!

そこでお父さんやお母さんの力を借りて仕上げていきました。

 

発酵の間、参加者の方は段ボールハウスを

作成されました。

 

戻ってきた子供達は膨らんだ生地に

『わぁぁぁぁぁぁーーーー』と叫んでいて。

嬉しくなりました(笑)

その後。成形→焼成をしました。

 

自分たちで手作りしたパン。

子供達が作ったパン。

皆さん『美味しいねー』って笑顔がいっぱいでしたラブ

 

*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。o○☆○o。..:*゜*:..。

 

この会を開催するにあたり、

たくさんの方に、ご尽力いただきありがとうございました。