ハンドメイドを仕事に:考え方と進め方

ハンドメイドを仕事に:考え方と進め方

桜井ナイようへい が、イギリスでの創作活動で気付いた事、感じた事、経験した事など

Amebaでブログを始めよう!

今回は、フェイスブックページの活用について考えてみたいと思います。

 

皆さんの中にも、作家やブランド名でフェイスブックページを運営している方も居るかと思います。


ここで言う、「フェイスブックページ」とは、個人名義のアカウントではなく、「いいね!」で読者さんと繋がっている いわゆる「ページ」と呼ばれるものです。


日本で活動されている作家さんの多くは、主にこのフェイスブックページを日本語で運営されていると思います。


中には海外のファンへ向け、日本語に加えて英語での投稿をしている方も居るのではないでしょうか。

 

 

「日本語と英語での運営」と言っても、投稿の方法はいくつかのパターンがあります。

 

まずは、1つの投稿記事の中に日本語と英語の両方で内容を書くという方法。

 

または、最近目にした作家さんの例ですと、1つの同じ内容や写真に対して、日本語用・英語用と別々に2回の投稿をするという形で運営されている場合もありました。

 

皆さん、いろいろと工夫されて、上手にフェイスブックを活用されていると感じました。

 

僕自身も、日本語・英語の併記での記事投稿はとても難しいと実感しています。

 

なぜなら、フェイスブックの投稿記事の場合、1つの投稿に対して始めの2~3行程度しか表立って文字表示がされないからです。

(クリックして続きを読まないと、表示がされないという意味です)

 

要するに、記事が流れてきた時に目に飛び込んでくる、「パッと見」でイメージが決まってしまうと言うことです。

 

この記事を読んで下さっている読者さんは海外進出に興味がある方が多いと思うので、「英語」に対しての拒否反応は少ないと思うのです。


しかし、多くの日本語ユーザーの皆さんは英語で書かれたアルファベットに対して 無意識のうちに視界から排除 してしまう場合もあるようです。

 

また、カタカナで書かれた文字でも、自分の知らないブランド名や商品名だと 無意識に拒否 されるという調査結果を目にした事があります。

 

このような事から、日本語ユーザー向けの記事には、記事投稿の1~2行目には日本語で書くのが良いと思われます。


逆に英語ユーザーにとって、日本語の記事が最初の1~2行に書かれていると無意識に視界から排除してしまうようです。

 

例外として、英語ユーザーであっても、あなたが日本人であることを既に理解し貴方のファンである場合は、写真や名前から投稿記事に興味をもってくれる場合はあります。

 

 

先に挙げた例の様に、日本語と英語でのページ運営には様々な方法があります。


以下は僕の個人的な考えと経験からの結論ですが、英語をネイディブで使う人たちと接していて、フェイスブックページの英語での運営について最適だと考えたのは、


『 英語ネイティブの為には、英語中心のページを作ったほうが彼らには心地よく、違和感なく見てもらえる 』


という事です。

 

日本語ユーザーは、それよりも柔軟性があると僕は感じています。


ですので、日本語ページには英語の文が入っていても、日本人はそれ程気にならないといった感覚があります。

 

僕の感覚では、「バレーダンサーや歌手のように、彼ら自身が商品」の場合は、日本語と英語を上手く交えながらの運営に適しているように感じます。

 

「作品自体を販売する作家」の場合は、作品自体が主役ですので日本語サイトと英語サイトは切り離し、作品自体に注目してもらう事が良いと感じています。


このような事を踏まえて、僕は今まで自分が運営するフェイスブックページでは英語を中心に進めてきました。


それは、現時点では英語ユーザーのお客様が圧倒的に多いからです。

 

そして今回、既存の英語ページとは別に日本語版フェイスブックページを開設しました。

 

僕の場合、「今すぐに日本市場へ!」というわけではないのですが、少しずつでも準備しておけば今後 その時 が来た時に困らないだろう。との考えから、今回の日本語ページをスタートさせました。

 

皆さんも、「いつか海外進出したい」と考えている場合は、コツコツと海外市場向けに準備をされるのも良いと思います。

 

何よりも、フェイスブックページを開設するのは無料なのですから、5年後・10年後などの事を見越して少しずつ始めてみては如何でしょうか?

 

海外進出を目指す作家さんは、必ず英語での情報発信が必要になってきます。


その際には、今回の記事を思い出して頂けたら幸いです。

 

今回開設した、日本語版のフェイスブックページ(ステッチ with サコラン)です。

https://www.facebook.com/SakoranJapan

 

刺しゅうキット、商品ラインナップ(英語版の説明書) ショップ: http://jp.sakoran.co.uk/shop.html

ステッチ with サコランさんの投稿 2016年12月17日


今後は少しずつ、日本市場にも力を入れていこうと考えています。

 

ぜひ、こちらのページでの交流も宜しくお願い致します。


 

ニューヨークでの編み物イベントに参加する、あみぐるみ作家の 「リュミエナ」 さん。

彼女から、『海外のイベントに参加する際、準備をしておいた方が良い事など、アドバイスはありますか?』

というメッセージを頂きました。


彼女が今回参加するのは、ニューヨークで開催される編み物の祭典 「Vogue Knitting LIVE!」。

会場ブースでのワークショップやステージにてデモンストレーションをする予定との事。


この様な海外でのイベントに参加する時は、主催者や担当者と入念な事前打合せをし、意思の疎通を完璧にしておくことが重要です。

会場でお客様からの質問に上手く答えられない場合もあるでしょう。

そんな時も、事前に担当者が貴方の作品の事などを詳しく知っていたら、貴方に変わって上手く説明をしてくれる場合があるからです。

担当者や通訳が居る場合は、むしろ、お客からの質疑は全て答えてもらえるくらい事前に良く打合せしておくと貴方も安心ですし、お客さんにも迷惑が掛かりません。

会場ブースでは担当者や通訳の隣でニコニコ笑っていれば良い、という感じに出来れば一番良いでしょう。

また、写真やイラスト、英語での説明文など資料を直に見てもらうのも手だと思います。
ハンドメイド海外イベントの英語

そして、英語を話す場合、ゆっくり話すのがポイントです。

どう頑張ってもネイティブの人達のようなスピードでは話せないし、相手もそれを期待していません。

彼らは貴方の作品に興味が有り、貴方の話を聞きたいという好意的な方が多いと思います。

ゆっくり話すことにより、相手側も理解しようと努力してくれます。


この様な海外でのイベントは、英語の出来を気にするよりも、その場の雰囲気を楽しむのも重要な事。

そういった機会を経験する事が何よりも今後の財産になりますよね。


今回のポイントは、英語以外の言語でも活用できます。

主催者などとの事前のコミュニケーションを完璧にすれば、海外でのイベントも楽しめること間違いなしです。


「リュミエナ」さんが参加する 『Vogue Knitting LIVE!』 の開催期間は、今月の1月15日~17日の三日間です。

詳しい情報は、彼女のブログ記事からご覧下さい。
http://ameblo.jp/gontanookan/entry-12112402674.html
新年初めの記事らしく、今年の抱負について書いてみます。


僕の今年の抱負は、「頑張りすぎない」を心がけたいと思います。

頑張らない では無いです、過ぎない です。


「ハンドメイドを仕事にしよう!」と考えている方は、頑張り屋が多いのではないでしょうか。


「目標に向かって成功したいなら、がむしゃらに頑張らないでどうするの?」

「頑張るのなんて普通じゃない?」

と思う方が多いかも知れません。


でも、ハンドメイドで仕事をする上で、頑張り過ぎないのも重要なポイントだと思うのです。

何故なら、ハンドメイドのようなクリエイディブな作業って、リラックスした思考により魅力ある面白い物が作れると思うから。

さらに、作家など制作作業が伴う場合は、体力勝負な所があるから。


日本人って、僕が見てきた中でも断トツに 『頑張ってしまう民族』 です。

頑張りのレベル意識がとても高い。

日本で生活していると、周りのその頑張りレベルについつい引っ張られて、無理な頑張りをしてしまう場合があると思うのです。

又は、周りのレベルについて行けなくて、体力的にも精神的にも疲れてしまったり。

でも、体や精神のバランスを崩してまで頑張りすぎるのはどうなのかな?と思います。


僕の場合、長時間針仕事を続けると肘や肩が痛みます。

これは、学生時代に制作課題を頑張りすぎたのが原因です。

当時は、頑張っていたというより「作業が好きだったので、ついつい自分の体力の限界を越えてまで続けてしまった」というのが本当でしょう。


ものづくりって、出来上がったときは嬉しいので、つい体力的に無理をしてしまう事ってないですか?

締め切りに追われ、頑張ってしまう事もあると思います。

でも、自分の体を労わってあげられるのは自分しか居ません。


今年は 自分の体 の事を意識して、作業時間を上手くコントロールしたいと思います。


皆さんも、あまり根を詰め過ぎずに気をつけてくださいね。
ハンドメイドでどんな風に仕事がしたいのか考える
写真提供:pixabay.com

「ハンドメイド関係の仕事がしたい!」と一口に言っても色々な形がありますよね。

例えば、

・教室を開いて講師として知識を教える

・雑貨ショップや委託店など店舗経営

・自分で作った作品を売る

・パターンや作り方など、デザインを売る

など様々。


これらの仕事に必要なのは、教える為の技術、コミュニケーション能力、販売促進力、製作の技術や器用さ、デザイン力

でも、これら全ての能力を兼ね備えていないとハンドメイドで仕事が出来ないのでしょうか?

そうではないですよね。


例えば、

・知識や技術を教えるのが上手な人は、教室を開くと生徒さんが集まりやすいのではないでしょうか?

・人と関わるのが上手くコミュニケーション能力が高い人は、店舗経営に向いているかもしれません。

・器用で物を作るのが上手な人は、自分の作品を売るのが良いでしょう。


人には、向き不向きがあります。

ある人は販売に向いている。

ある人は作る事に向いている。


例えば僕の場合、店舗で店員として販売する事には向いていないと自分で自覚しています。

その代わり、ものをデザインすることは好き。


中には、店舗経営をしながらハンドメイド教室を開く、という風にいくつかを上手く掛け合わせる方々も居ます。


この様に、自分の得意な事やセールスポイントを理解していれば、自ずと自分に似合ったハンドメイドでの仕事展開が思い描けるでしょう。



仕事の形態が違えば、お客様(ターゲット)も違います。

教室であれば、お客様=生徒さん

作品を販売する場合は、お客様=買ってくれる消費者


この、お客様を意識する事は、作品を創る上でとても重要になってきます。

まずは、自分のお客様がどんな人なのかイメージをしっかり持つと、今後の活動展開がよりスムーズに進みます。


次回は、この「お客様」についてもう少し掘り下げて説明していきます。
151206_このブログについて
写真提供:pixabay.com

このブログでは、自分が創作活動をする過程で気が付いた事、気になる事、得た情報などを綴っています。


将来自分のハンドメイド作品で仕事がしたい人、活動の場を海外に広めたいと考えている人に読んで頂けたら嬉しいです。

また、このブログがその様な方達とのコミュニケーションの場、考える場になれたら良いなと思います。


* * * * * * * * *


ハンドメイドで創作活動をする方達は、自分独りで悩み、試行錯誤しながら作品制作・活動をしている方が多いのではないでしょうか?


それらの理由は、

人見知りだから。

作家同士の付き合いに抵抗があるから。

育児や家事などの両立でイベントなどに参加する時間が無く、作家仲間との出会いが無いから。

など各々理由が違う事でしょう。


また、創作活動という特性から、

作家仲間からのアイデアの流出・盗作を恐れたり、教室講師の場合は生徒を他の作家さんに取られるのが怖いなどという理由も耳にします。


でも僕は、物づくりをする上で、人との繋がりはとても重要だと実感しています。

それは、人間独りでの考えや行動には限界があるという事、逆に人間の力やアイデアは、他者との繋がりにより何倍以上にも発揮できると感じています。


こういった考え方は、日本で仕事や生活をしていた当時は考えもしなかったかも知れません。

日本の生活では、殆どの事は自分で出来ますし、他人に頼る事がまずありませんでした。

他人に頼らない、他者とコミュニケーションを取る必要がないと考えていたのかも知れません。


しかし、外国で10年以上生活する過程で、多くの人とのコミュニケーションを経験しています。

他者からの助けが無かったら、今の生活や活動は出来ていなかったと身にしみて感じます。


そんな経験から、独りで悩みながら創作活動をしている方達との間に、少しでも考える場が出来たらと思いこのアメブロをサブブログとして綴っています。


* * * * * * * * *


という事で、このブログは少し堅い内容になっています。

趣味の範囲で純粋にハンドメイドを楽しんでいる読者さんにとっては興味の無い内容と感じるかも知れません。

その様な方へ向け、このアメブロとは別にメインブログを設けています。

メインブログでは、作品の製作過程やハンドメイドの話題、海外生活の事など気軽に読める内容を綴っています。


長い説明になりましたが、ブログを2つに分けている理由をご理解して頂けたら幸いです。


このブログを通じ、迷い考えながら活動を続ける作家さん達とコミュニケーションを取りつつ、お互いを刺激しあいながら創作活動での飛躍が出来ればと考えています。


メインブログはこちらから
将来の方向性
写真提供:pixabay.com

今回は、海外活動問わず ハンドメイドで仕事をする為の一般的なお話です。

皆さんは、『将来的にはこんな風に活動したい』など、イメージを持って活動していますか?

「作るのが好きだから」「売れるから」だけでは、ハンドメイドを長期的なビジネスとして考えた場合、自分の目指す将来像に辿り着けない場合が多いかも知れません。

まずは、今後のイメージを明確にすると活動がしやすくなるのではないでしょうか。


でも、何をどうしたら良いのか、どんな行動を起こせば良いのか分からない!という方も多いかも知れません。
 

そんな方は、まずは活躍する作家さんの真似をしてみるのが簡単だと思います。

真似といっても作品をまねるのではなく、経緯や経験を真似る。


皆さんは、好き・憧れの作家さんは居ますか?

その人が過去やってきた事を調べ、観察してみると良いでしょう。

例えば、現在マスコミなどに多く取り上げられ、講師活動が順調な憧れの作家さんを調べてみると・・・

活動を始めた当初はブログで作品を発表

その後、数年で人気が出始めインターネットオークションで販売を始める

作り方を教えて欲しいというリクエストから教室を開くようになる

教室が大人気で、遠方からの需要が出始める

出版社から目を付けてもらい、書籍出版するようになる

教室には通えなかったファンが書籍を購入、評判になり2冊目・3冊目と出版

マスコミにも注目される

生徒さんが全国に広まり、各地で講師を務める


これは、実在する作家さんの経歴です。


「何をしたら良いのか分からない」という方は、この様な『憧れの作家さんが通ってきた道』を真似てみるのも一つの方法です。

その際、決して作家さんの作品を真似するのは駄目ですよ!

経緯・経験から学んでくださいね。


全てを上手く活動させることは簡単ではないと思います。

でも、この様に作家さんの経歴を調べたりする事は、自分の現状と照らし合わせやすいのでお勧めです。

やみくもに作家活動をするのではなく、計画的に進めて行きましょう。

sakoran HP_2nd edit

今まで英語版のみだったSakoranのウェブサイトに、日本語版のページが完成しました。

これを機会に、作品の制作過程やハンドメイド関係の記事をウェブサイトのブログページに書いていこうと思います。

このブログで書いた過去のハンドメイド関係記事も、今後少しずつ移していく予定です。

ウェブサイトのブログページはこちらから



ハンドメイド作家を目指している方や、海外進出を考えている作家さんへ向けての記事は、引き続きこのアメブロに書いていく予定です。(マイペース更新で恐縮ですが)



フェイスブックの個人アカウント(桜井ナイようへいのページ)には、それ以外のプライベートな出来事などを書いています。

日常生活での些細な出来事などは、友達申請下さった方のみが見られる設定になっていますので、ぜひお気軽に友達申請して下さい。

友達リストは他の方から見えない設定ですので、ハンドメイド・クラフト好きな方など、お気軽に!

フェイスブックの 桜井ナイようへい 個人アカウントはこちらから



ブログを始めた当初と比べ、書きたい内容など変わってきている為に今後当ブログのタイトル変更や、記事を移動させるなどブログの整理を考えています。

リニューアル中は、レイアウトなどお見苦しい点があるかと思いますがご了承下さい。
海外郵送の注意点
写真提供:pixabay.com


海外へ向けてあなたが作家活動する際、国際配送は付きものです。


展覧会の開催、日本からの作品販売、海外の雑誌などメディアへレシピ掲載など、多くの場合に海外発送が必要になります。

その際、頭に入れておかなくてはいけないのが関税の問題です。


関税は、郵送物の到着国で支払う事になる為、その際トラブルが起こりやすいです。

つまり、貴方の作品を買ってくれた人が郵便物を受取る際に、追加で5千円や1万円などを支払わなくてはならないのです。

(金額は、商品代金や郵送料などにより様々)

個展や出版社などの場合は、会場や運営側が受取時に支払う事になります。

ここで特にトラブルが起き易いのは、個人のお客様です。

貴方の作品を2万円で買った後、更に追加で1万円支払う事になってしまう訳ですから。


しかも、多くのお客様はその追加金を想定していません。


例えば、iichi(いいち)の海外取引の説明ページには、「関税がかかった場合は、買い手によって支払われます」との説明があります。

この事を知らない売り手も買い手も多いのではないでしょうか。

iichiの「海外出品・海外取引について」はこちら


これら関税の支払いに関して、お客様や展示会場とのトラブルを防ぐ為に、例えば「関税が発生した場合の料金は自分が負担します」という意思を事前に伝える事が重要だと思います。


多くの国の場合、関税の金額や税金が課されるか否かは、あなた(差出人)が宛先状に記入した「郵便物の商品価格」と「郵送料」の合計から決まります。

例えばイギリスの場合、それらの表記金額が15ポンド(約2800円)を超えると関税が発生します。

これら設定金額は国により異なりますが、事前に調べる事により関税額を予測する事ができます。


また、国際配送には紛失などのトラブルも予想されます。

あらかじめトラブルなどリスクを頭に入れ、上手く付き合うようにしましょう。


あなたの作品を海外で販売する際、関税を考慮した上で金額を決めても良いのではないでしょうか?
Stitch idee vol22_sakoran_桜井ナイようへい


日本ヴォーグ社さんのステッチイデー vol.22 (2015年10月9日発売) に、僕のインタビュー記事が掲載されました。

インタビューでは、コテージを題材にしたきっかけや刺しゅうの魅力などをお話しています。


記事を見て下さった方々から、早速の問い合わせや注文があり反響の速さに感激しております。

さすが、現在日本では唯一の「刺しゅう専門雑誌、ステッチイデー」だなぁ、と実感致しました。

ステッチイデーを毎号楽しみにされている読者さんが多く、まだまだ日本のハンドメイド人気は続くだろうと実感した瞬間でもあります。

海外個展の資金を調達する
写真提供:pixabay.com

読者さんから、「いつか海外で個展がしたいので、それまでに費用を貯めないと・・・」というメッセージを頂きました。

という事で、今回は資金調達の一つとして「助成金」というものを紹介したいと思います。


美術や工芸に関する助成金はいくつかありますが、今回は海外個展に絞り、有名どころの2つをご紹介。


1つ目は、ポーラ美術振興財団 
http://www.pola-art-foundation.jp/

こちらは、「日本の美術家が、海外において開催する個展、共同展」に対して助成金が支払われます。

ポーラ美術振興財団の助成額は、1件あたり200万円以内です。


2つ目は、国際交流基金    
http://www.jpf.go.jp/j/

こちらの海外展助成に関しては、「日本の美術・文化を紹介することを目的」としている為、日本伝統工芸や日本文化に関連した題材だと助成が認められ易いと思います。

ハンドメイドの分野だと、刺し子やつまみ細工などが良いでしょう。

個人的には、あみぐるみも 「Amigurumi」 という名称で海外でも知られていますので、こちらも日本文化として認められると思います。

その他にも、作品の特色により 「日本文化」 として申請できるものも多いでしょう。

国際交流基金の助成額は、予算計画を提出し決定されます。


* * * * * * * * *


今回は、有名どころの2つを紹介しましたが、海外研修の為(留学など)の助成金も多く存在します。

僕が留学時代に知り合った何人かは、こういった助成金で留学しその事をキャリアアップとして利用していました。

つまり、有名な団体から助成金を得られるという事実は、その分野から認められプロフィールにも箔が付きます。


多くの団体は、毎年募集をしています。

皆さんも、資金調達という目的以外にも、今後のステップアップの為に助成金申請をしてみるのも良いのでは無いでしょうか?