測量機械トータルステーションを据える三脚は


木製のものとアルミのものがあります。(他もあるかは知りません)


開業当初、アルミ脚を購入し今まで使用していましたが、


今年から木脚を購入し使用しております。


違いは


アルミ脚は金属であるため温度による変化を受けやすく、


寒暖差の影響を受けやすいです。

(私の場合、寒いに直射日光が一番影響を受けました)


その点木脚は安定しており、長時間の同一点での測量に適しています。


木脚の難点は重い(+高い)。。。しかし、軽量木脚を購入したので、今までの脚と


ほぼ同等でストレスはありません。値段は少々高かったですが・・・


今まで気になっていた事が解消され、満足しております。



何でもあし、足元、足腰、基礎、基本、大事ですね!(^^)!



鹿児島の若き土地家屋調査士~風は私から~