今回もスローペースになってしまいましたが、感想ラストです!

 

 

写真はパンフレット。最初から「世紀末ザコ伝説」とは書かずに、救世主と書いてそれをわざわざ消して、その上に「ザコ」と目立つように書いてあるデザインが、私的に凄くツボです(笑)

 

この「北斗の拳-世紀末ザコ伝説-」という舞台は、いろいろな意味で私が今までに観た舞台と違っていて、そうい意味でも凄くワクワクしました。何がって、まずは客席に男性のお客様が多いっ!しかも、やや年齢層高めで、私と同じくマニアックな雰囲気を纏っていそうなお客様もいて、なにか、不思議と妙に居心地がいいというか(笑)、上演中も声を出しての笑い声が響き、その空間にいる全ての人が同じ楽しさを共感している、というのが、いつにも増してとても楽しく感じました。

 

個人的に好きなシーンはたくさんあるのですが、そのひとつが、この前の感想でもちらっと書いた音楽隊のシーンです。背の高いザコ(笑)が、武器屋なのにギターを持ち込んだことから始まった一連の流れに、ザコ達の夢見る前向きな姿とか、仲間との連帯感とか、「今」という時間を精一杯楽しんでいるようにも見えて、どんどん話が膨らんで、遂にはそれが実現してしまった時には、なにか、心がワクワクしてきました。

 

この武器屋のシーンでは日替わりゲストも登場して、ステージ上には、「本日のゲスト○○さんです」という文字が!!私が観たのは最終日の2公演だったので、2公演とも藤田玲さんだったのですが、いきなりモヒカンという、今までに持たことのないザコの藤田さんが観れてテンションが上がりました(笑)。今までに

私が観たことのある藤田さんは、ペルソナ3の荒垣先輩とか女海賊ビアンカのビセンテとか、どこか影のある感じの役ばかりだったので、そのザコぶりが凄く新鮮で、武器屋でのやりとりでは笑わせて貰いました(笑)

 

そして、私の大好きなシーンのひとつ。ザコ達ががいろいろな楽器を持って楽しそうに演奏しながら、ところ狭しと舞台上練り歩くシーンでは、本当に心の奥底から楽しそうなザコ達の姿に心が躍り、歩き回るザコ達が時折、頷き合ったり、視線を合わせたりする姿を見ていると、もしかしたら、次の瞬間には断末魔を上げているかもしれない、そんな日常でのささやかな幸せな時間にも思えて、楽しさと同時に、ザコ達への愛おしさが次から次へと湧いてくるような感じがしました。

 

私的には、ミニサイズのチェロのような楽器を持った福島さんと、まさかのしゃれこうべを持った大岩さんの楽しそうな演奏と、昼公演では下手階段にいた大岩さんと下にいた福島さんが顔を見合わせて頷き合ったり、千穐楽では、ひとつ空いていたリングサイドシートの座席にさりげなく福島さんが座り、それを指摘する大岩さん、という構図がちょっとツボでした(笑)

 

そして、スペシャルゲストのジャギ様の存在感!!ザコを指名しては吹っ飛ばすのですが、千穐楽ではまさかのおかっぱ指名(笑)で、階段に居た福島さんが背落ちで吹っ飛ぶという私的にめちゃくちゃ嬉しい展開になり、激しくテンションが上がりました(笑)

 

ザコの、ザコによる、ザコのための、ザコだけの舞台!

 

オープニングとエンディング&ジャギ様は別ですが、最初から最後までザコしか出ない、しかも、こんなにも楽しい舞台が本当に存在するんだ、と、思わず思ってしまったくらい、いつまでも、その空間の中でザコ達のいきいきとした姿と生き様を観ていたい、と、観終わった後に凄く思った舞台でした。

 

そして、ザコ達が並んで見上げる先にある北斗七星。少しだけ夢見るように、未来を見つめるかのように、思い思いの言葉をつぶやくザコ達の心優しく穏やかな表情が、いまでも、いつまでも、私たちの中で輝き続けるような気がしました。

 

まだまだ書き切れていないところもありますが、劇場で観たザコ伝説は、癖になる楽しさと、愛おしさと、ワクワク感に満ちた、とても素敵な舞台でした。余談ですが、千穐楽公演でのトリプルカーテンコールは、客席のお客様も含めた全員で「ヒャッハー!」を叫ぶという展開になり、最後の最後で念願叶って(笑)、ザコの皆さんと一緒のヒャッハーを思いっきり叫ぶことが出来たのが、めちゃくちゃ嬉しくて、私の大切な宝物のひとつになりました。

 

オープニング、エンディング含め、出演された全ての皆さま、スタッフの皆さま、今まで誰も思いつかなかったような視点での、楽しくて愛おしい舞台を観せていただき、本当に、本当にありがとうございました。

 

舞台を観てから日数も経って、記憶が薄れて来ているところもあるので、まだ観ていませんが、配信を見たら、また感想を上げるかもしれません(笑)

 

と、いうことで、この前の感想でも書きましたが、GYAO!ストアにて配信が始まっております!!私も、時間が取れる時に観る予定ですが、なんと、オープニングは無料配信だそうなので、オープニングを観てテンションが上がったら、ぜひ、そのまま本編も!!配信では舞台裏映像もあるそうなのでめっちゃ楽しみです!!まだまだザコ熱は終わらない(笑)配信は下記URLにて!

https://yahoo.jp/qwLqCw

AD

映画「関ケ原」

テーマ:

昨日になりますが、映画「関ケ原」を観てきました!!

 

 

上映時間が長いので、空き時間とのタイミングがなかなかタ合わずで、

やっと、という感じですが、観れてよかったです!!

 

 

私が観た映画館のシネマサンシャイン衣山。

 

原作は司馬遼太郎さんの「関ヶ原」。読んだことはなかったのですが、石田三成側の視点で描かれているのが新鮮で、三成が少年の頃の秀吉との出会いや、各大名の思惑や、徐々に変化していく関係性とか、なんといっても風景のきれいさと、合戦の壮大さにめっちゃ惹き込まれました。

 

まだ公開中ということもあり、ストーリー的なネタバレは避けますが、私的には、やはり殺陣シーンや、急斜面転げ落ちとか、爆発吹っ飛びとか、走り抜けなどの、JAEの本領発揮満載のアクションシーンや、どこまでも広がる壮大な合戦シーンにめちゃくちゃ感動しました。特にかなり遠景での合戦シーンなど、画面に映っている人数の多さと、奥の方までもが迫力の細かい動きは、観終わった後に読んだパンフレットに書かれてあった、アクションコーディネーター中村建人さんの書かれた記事を読んで激しく納得しました。

 

この作品は、殺陣師の方がアクションを統括されて、アクションコーディネーターとして、中村さんをはじめJAEから3名がその補佐に付く形を取ったそうですが、アクションメンバーの方々の、自分自身のシーンは勿論、エキストラの方々へのの動きの指示や安全性への配慮なども含め、本当にいろいろなところで力を発揮して創られた作品なんだな、と、パンフレットを読んでから映画のシーンを思い出すと、そのシーンに深みが増して更に感動しました。

 

しかも、エンディングテロップで流れるアクションメンバーの方々がめちゃくちゃ豪華です!JAEから約30名という贅沢さに加え、私がいつも舞台を観に行っている大好きな役者さんのお一人である福島悠介さん、舞台「戦国御伽絵巻ヒデヨシ」に立ち回りで出演されてた冨田佳孝さん、舞台「キャプテンハーロック」の岩尾隆明さん、舞台「刀剣乱舞」時間遡行軍の永井正浩さん、星賢太さんのお名前もあり、この前観に行った舞台「北斗の拳-世紀末ザコ伝説-」のパンフレットを見て福島さんのご出演は知っていたのですが、想像以上の豪華さに、めっちゃテンションが上がってしまいました(笑)

 

ネタバレになるので詳しくは書けませんが、ラスト、とある人物が三成に届けるかのように言った言葉に、いろいろな想いや願い、晴れやかな意志までもが込められているのを感じて、その言葉を象徴するとある物を観る度に、三成や三成と関わってきた人たちの生き様に、深く、想いを馳せられそうな気がしました。

 

それと、余談ですが、私的にもうひとつテンションが上がるシーンがありました。この作品には、後に賤ヶ岳の七本槍と呼ばれるようになった七人党がいますが、なんと、全員が登場しています。いろいろな映画やドラマなどでは、七人党の中でも、加藤清正や福島正則、黒田長政、細川忠興といった人物が登場することはあっても、加藤嘉明が登場するすることは少ないのではないかと思いますが、我が松山城の初代城主となる加藤嘉明もちゃんといてちょっと感動でした。画面に加藤嘉明が登場しているかどうか、というのはストーリーには直接は関係ないのですが、ストーリーとは別のところでちょっと感動したので書かせていただきました(笑)

 

と、いう感じで、まだ公開中ということもあって、ネタバレしない程度の、かなりざっくりとした感想になってしまいましたが、私的にはアクションシーンや合戦シーンには特に凄く魅入ってしまう映画で、時間が取れたらもう一回観たいな、って凄く思いました。

 

 

写真はパンフレット。内容ぎっしりで読み応え抜群。

これで820円はめっちゃ安いです!!

 

映画館によって違いはあると思いますが、松山では10月上旬まで上映しているようなので、まだ観ていない方はぜひ!!

AD

少し前になりますが、近くまで用事があったので、新しくなってからは一度も

行ったことのなかった松山観光港に行ってみました!

 

 

駐車場からの眺め。

駐車場からターミナルビルまでは連絡通路で繋がっています。

 

 

連絡通路から駐車場を見たところ。

 

 

海側を見るとこんな景色が見れます。

 

 

視線を前方に戻して、ターミナルビルへ向かいます。

ビルの前部分は屋根付きになっていました。

 

 

その屋根付きのところから海を見てみると、船が2艘停泊していました。

 

 

そのまま進むと、レストランのテラスがありますが、

その手前の館内入り口から中へ入りました。

 

 

中へ入って下を見たところ。

下りてみます!

 

 

松山ではよく見かける「俳句ポスト」

正岡子規の絵と句が描いてありました。

 

 

みきゃんの自動販売機を発見!

写真にはありませんが、1階にはお土産物などを売っているショップもあります。

 

 

外に出てみました。

上に見えているのが、先ほど通ってきた連絡通路です。

 

 

少し近づいて海を見てみました。

この観光港からは夜間便の小倉行きのフェリー、

広島行きのフェリー、高速船が出ています。

 

そして、ちょうどお昼だったので、このターミナルビルの2階にある、

レストラン「ツクモハーバーテラス」でお昼にしました!

 

 

注文したのは、鉄板ナポリタン!

ちょっと甘めのどこか懐かしい味で、めっちゃ美味しい!!

 

写真では分かりにくいのですが、窓の外は海。

外のテラス席も凄くいい雰囲気でした。

夜9時まで営業してるようなので夕方とか夜にも来てみたいな、

って思いました。

 

 

最後に階連絡通路から高速船を真正面からパシャリ。

 

関西方面へのフェリーが運航しなくなってから、ほとんど立ち寄る機会のない

松山観光港ですが、たまにランチに来るのもいいかな、って思いました(笑)

AD