気が付けばずいぶん久しぶりになってしまった気もしますが、時々、ふらりと書いております、私が個人的に気になっている舞台情報を、観劇予定作品、観たいけど観れない作品含め、いろいろ書いてみたいと思います。

 

ということで、まずは観劇が決定しているこの作品から!

 

 

舞台「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」

 

懐かしのスーパーファミコン時代の大人気ゲーム「ロマンシングサガ2」を舞台化した作品で、ロマンシングサガシリーズとしては、昨年上演された「ロマンシング サガ THE STAGE~ロアーヌが燃える日~」に続いて、第二弾となる作品です。

この作品は、先月9月下旬に埼玉公演、10月上旬に東京公演が既に上演終了していて、ほぼ毎回のようにスタンディングオベーションが起きるという、大人気の公演になったようで、観劇を予定している身としては、ワクワク感が止まらない状態になってますが(笑)、いよいよ明日から大阪公演の幕が上がります!!

 

この作品には、私がいつも舞台を観に行っている福島悠介さんと及川崇治さんがご出演で、ゲームはやっていないのですが、というか、観劇までにやろうとしてたんですが、なんだかんだと時間が取れなくて結局未プレイのまま観劇を迎えそうですが、私が舞台を観る時はいつも注目しているアンサンブルの皆様方がとにかく楽しみで、公演が始まってからいろいろな役者の皆さま方から上がるターム族のアリさんの写真を見ながらテンションが上がりまくっている作品です。

 

更に、、そのアリを演じるアンサンブルの皆様方のツイッターが面白くて、特に福島さんのアリ劇場(笑)とか、中野裕理さんのツイートでの役者の皆さま方の面白いやり取りとか、及川さんのアリさん姿でのカッコいいポーズとか、松藤さん、湯田さんは積極的にお客様と絡んで下さったりとか、メインキャストさん含め、本当に舞台以外のところでも楽しませていただける作品になっています。大阪公演は、サンケイホールブリーゼにて10月17日から!!

 

次に、こちらも観劇予定の作品で、舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These」が、10月25日からZeppダイバーシティ東京にて上演されます!!

 

銀河英雄伝説の舞台化は以前にも一度されていて、私もDVDや配信でかなり多くの作品を観ていますが、今回はアニメの新シリーズ制作に合わせて発表された、新たなシリーズとしての舞台で、しかも、なんと、演出が私の大好きな大岩美智子さん!!大岩さんの描く銀河英雄伝説の世界には、作品に対する大岩さんの愛がとても溢れているのを感じるんですよね~。私自身、大岩さんが演出された「オーベルシュタイン篇」と「初陣-もうひとつの敵-」は前シリーズの中で一番好きな作品なので、大岩さんが演出と知った時は、それは、それは嬉しかったです。

 

しかも、今回の舞台には、私がいつも舞台を観に行っている大岩主弥さん、前シリーズでもお馴染みの大力さん、大岩美智子さんが演出をされた戦国御伽絵巻ヒデヨシに出演されていた冨田佳孝さんもご出演という嬉しさで、先程紹介した「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」の大阪大千穐楽公演から数日後に開幕というスケジュールですが、なんとか休みを取ることが出来たので、観に行きます!!

 

余談ですが、私的に、この二つの作品には、大岩美智子さん演出の戦国御伽絵巻シリーズに出演されてた方々がたくさんで、ちょっと紹介すると、サガステには、中村誠治郎さん(戦国御伽絵巻ソロリ)、福島悠介さん(ソロリ&ヒデヨシ)、及川崇治さん(ソロリ&ヒデヨシ)、内掘克利さん(ヒデヨシ殺陣)。銀英伝には、大岩主弥さん(ソロリ&ヒデヨシ)、大力さん(ソロリ&ヒデヨシ)、冨田佳孝さん(ヒデヨシ)、と、勝手に戦国御伽絵巻週間と名付けてたりします(笑)

 

ちなみに、先行予約で取ったチケットは、サガステは1階中ほどと後方、2階前方、銀英伝に至っては1階後方&最後列と、背の低い私には、特にライブ会場のため座席が階段になっていない銀英伝が果たしてちゃんと見えるのか若干の不安はありますが、前の座席に大柄なお客様が座らないよう祈りながら(笑)、サガステの場合は、1階席と2階席では見える景気が違うので、特に2階席から観る殺陣は奥行きまで全部見えて、1階席とはまた違った楽しみ方ができるので、どちらの作品も観劇を楽しみにしたいと思います!

両舞台とも、当日引換券含めまだチケットは取れるようなので(10月18日現在)、各公式サイトへGOです!!

 

次に11月に入ると、私が応援している役者さんのお一人、前田愼治さんご出演の人情喜劇シリーズvol.7「いじはり」が上演されます。前田さんはこのシリーズには何度か出演されてるのですが、私はまだ観たことがなく、アクションも有りということで、思えば喜劇って観たことないかも、と思いながら、実は、9月下旬に観に行く予定だった前田さんご出演の舞台が、台風の影響で帰りの夜行バスが運休になってしまったために東京行きを断念した、という経緯があり、私的にはリベンジ観劇(笑)になる予定です。

 

11月は私的にもう一つ。以前からDVDで観てはいたのですが、昨年に劇場で初観劇して、すっかりその魅力にハマってしまったグワィニャオンさんの舞台「6月の斬る」がシアターグリーン BIG TREE THEATERにて、11月28日から上演されます。こちらには、及川崇治さん、宮崎重信さんをはじめ、グワィニャオンさんの公演にはお馴染みの役者さま方が名前を連ねていて、なんと、「日清戦争開戦前夜。元新選組のおやじ達奔走す。」とのことで、ストーリーがめちゃくちゃ面白そうな作品で、凄く楽しみです。

 

11月上演舞台で紹介した2作品は両方ともチケット絶賛発売中で、グワィニャオンさんはカンフェティなら座席指定が可能、「いじはり」のほうも、必ず希望が通るとは限りませんが、チケット申し込み画面の備考欄で座席の希望が書けるようです!!(10月16日現在)

 

そして、12月に入ると、私的には毎回楽しみにしてます極上文學!!が、あるのですが、その前に、ナイスコンプレックスさんのスペシャルな情報が飛び込んで来たので、そちらから書いてみたいと思います!

 

なんと、あの「えんとつ町のプペル」が舞台化だそうです!!まだ詳しい出演者などは発表になっていないのですが、原作者である西野亮廣さんが脚本、おぼんろのわかばやしめぐみさんが演出、キムラ真さんがプロデューサーという、ワクワク感の詰まった素敵な舞台になりそうです。日程は12月5日から調布市せんがわ劇場にて、まだ発表になっていない出演者やチケット情報などはナイスコンプレックスさんの公式サイトやツイッターを要チェックです!!

 

と、いうことで、極上文學に戻って、夏目漱石の「こゝろ」が12月13日から紀伊國屋サザンシアター TAKASHIMAYAにて上演されます。こちらは先日、読み師のキャスト発表があったばかりで、組み合わせなどもまだの状態ですが、極上文學と言えば、日本文學の美しい世界感が広がる、本当に劇場で観てこその舞台なので、今後の組み合わせやビジュアルなど、めちゃくちゃ楽しみにしてます。

 

個人的には具現師さんの発表を早くして欲しい!と願いながら、直前の日程でナイスコンプレックスさんの情報が入って来たので、私的には、もしかしたら、具現師さんのナイコン組(笑)が予想付かなくなってきていて、前回その美しい声で魅了してくださった百瀬友水さんとか、具現師ではすっかりお馴染みの濱仲太さんが、もしかしたら今回はえんとつ町のプペルの方かも、とか、ミスター極上文學の赤眞秀輝さん復活か!とか、勝手に妄想してますが(笑)、私的に、この方が出演されたから極上文學を観に行き始めた、という福島悠介さんの出演を今回も信じて、今後の情報を楽しみにしたいと思います!

 

それと、来年になるのですが、いつも舞台を一緒に観に行っている友人から情報が来まして、1月11日から新国立劇場の中劇場で、新しいタイプの音楽活劇が上演されるようです。その名も音楽活劇「SHIRANAMI」 シラナミ」。

出演者に早乙女太一さんや喜屋武豊さんなどのお名前があり、殺陣、ダンス、生演奏、映像などの融合されたエンターテイメント性の高い舞台になるとのことで、こちらには高橋玲さんが出演されます!!しかも、殺陣メンバーがかなり豪華です!私はまだ観に行けるかどうか分からないのですが、チケット情報なども含め、こちらも公式サイトを要チェックです!

 

と、観に行けない舞台も含みつつ、観劇を予定している作品を中心に書かせていただきましたが、11月には以前一度観劇に行って以来観に行けていない演劇集団ふれる~じゅさんの公演があったり、内掘さん主演で10・Quatreの皆さまも出演される舞台「天下吹舞」があったり、12月には、一度観てみたいと思いながらいまだ観劇ならずの劇団エムキチビートさんの舞台があったり、キムラ真さんのまだ発表になっていない何かが12月にあるようで激しく気になっていたり、年明けて1月には、脚本・演出をされる太田守信さんの頭の中を一度覗いてみたい!と思っている黒薔薇少女地獄さんの舞台があったり、まだまだ気になる舞台もたくさんあるので、いろいろと公式サイトやツイッター情報を楽しみにしたいと思います。

 

最後に、県内の情報ですが、現在絶賛上演中の坊っちゃん劇場ミュージカル「よろこびのうた」の徳島公演が10月20日(土)、21日(日)にあわぎんホール徳島県郷土文化会館にて、東京公演が11月28日(水)、29日(木)に江東区立ティアラこうとう大ホールにて上演されます。こちらもぜひ観ていただきたい作品で、詳しい時間帯やチケットの予約方法などについてなどは、坊っちゃん劇場ホームページまで!!

 

なお、坊っちゃん劇場ミュージカル「よろこびのうた」は、12月16日までの上演となっております。ロングラン公演なうえに近いからいつでも行ける、と油断していると、あっと言う間に千穐楽を迎えてしまいそうなので、まだ観ていない、という方はぜひ坊っちゃん劇場まで!!

 

気が付けば、今年もあと2か月と少し。今回も、観劇を予定していたり、私が個人的に気になっている作品の情報を書いてみましたが、まずは、明日17日から上演の舞台「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」大阪公演と、その後に上演される舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These」を楽しみにしたいと思います!!

約1か月近く前になりますが、感想まだ書けてませんが、9月上旬にセーラームーンスーパーライブを観に行った時に、いろいろ写真を撮ってきたので、遅ればせながら紹介したいと思います!

 

 

まずはこちら。以前から行ってみたかったスクエニカフェ!

 

 

今は別のコラボになってますが、この時は、舞台「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」の上演を記念してのロマンシング・サガとのコラボ中だったので、期間中に一度行ってみたい!と思っていたこともあり、遂に念願叶ってのスクエニカフェでした!!

 

 

店内に入って案内されたテーブルには、舞台「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」のチラシが!!めっちゃテンション上がりました(笑)

 

 

注文したサラダとドリンク。

セーラームーンを見た後だったこともあり、大好きな替地桃子さんが演じてらっしゃったセーラーマーキュリー色の青いジュース。美味しかったー!!

 

写真を見て頂ければ分かると思いますが、ちょうど案内された席の目の前には大きなスクリーンがあって、ゲーム画面とかが流れてて、おぉぉぉ!!

って、なってました(笑)

 

 

コラボメニューを注文すると貰えるランチョンマットとコースター。

ランチョンマットはサガシリーズのいろいろな絵柄があったのですが、

なんと、ロマサガ2を頂いてしまい、めっちゃテンション上がりました!

 

 

店内には小林智美さんのサガイラストがたくさん展示されてあって、剣まで!!

舞台「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」のチケットを既に確保している私は、更にテンションが上がるという(笑)

 

最近、全く観劇した舞台の感想が書けてませんが、この日観劇したセーラームーンについても、また、後日感想を書いてみたいと思います。

 

ということで、セーラームーンを観てテンションが上がり、マニアックな血が騒ぎまくるスクエニカフェに行って満足したので、この日の宿泊ホテルに向かいましたが、ここからも、まだまだテンション上がります(笑)

 

 

京急かぁまたたたーっ駅!!!

 

ちょうど京急と北斗の拳とのコラボ期間中だったので、京急蒲田駅が、

こんなマニアックな駅名に!!なんと、テンションの上がる駅名!!

っていうか、知っていて狙って行きました(笑)

 

 

品川駅から京急蒲田駅まで乗っちゃいました!(笑)

 

 

蒼天の拳の霞拳志郎。

 

 

ラオウ。

 

 

ジャギ様ーーー!!

 

なぜに「様」なのかというと、昨年観劇した舞台「北斗の拳-世紀末ザコ伝説」のジャギ様コーナーが面白かったからなんですが、この通称ザコ舞台は、今まで観た舞台の中でも、めっちゃテンションが上がる楽し過ぎる舞台でした(笑)

 

 

こちらは駅に貼ってあったポスター。

 

なんと、ザコ舞台に出演したザコと行くヒャッハートレインなるイベントもあったようで、参加された方々が羨ましい!!

 

ザコ舞台には、私がいつも舞台を観に行って応援している大岩主弥さんと福島悠介さんが出演されていたこともあり、この京急と北斗の拳とのコラボ期間中に行けたのは、本当に嬉しかったです。

 

 

そして、そして。現在、サガステこと舞台「SaGa THE STAGE~七英雄の帰還~」の東京公演が絶賛上演中です!!

 

こちらには、私がいつも舞台を観に行っている福島悠介さんと及川崇治さんがご出演で、情報が発表になった途端めっちゃテンションが上がった舞台なんですが、観劇された方の感想などを見ていると「サガステやばい!」っていうツイートがたくさんあって、大阪会場に行く予定の私には、早く観たいのにお預け状態になっていて、観劇が待ち遠し過ぎる日々を送ることに(笑)。先に東京公演を観劇する友人が羨ましい!!!

 

東京公演、大阪公演、共に当日券も出るみたいですし、大阪公演はまだプレイガイドでのチケット購入もできるようですよ!(10月3日現在)

 

私の観劇はまだ少し先ですが、観に行かれる方、楽しんで下さいねー!!

先日になりますが、愛媛県今治市の、

バリィさん田んぼアートを見てきました!!

 

 

これは貼ってあったポスター。

7月に撮影したものだそうです。

 

 

バリィさんの田んぼアートがあるのは、今治市国道196号線沿いにある

「さいさいきて屋」の裏になります。

 

 

写真は、さいさいきて屋にある彩菜食堂。

 

 

「今治をまるごと食べる」とあるように、

地元の食材をたっぷり使った食事が楽しめます。

 

 

さいさいきて屋の直売所とカフェの間あたりにこんな場所があります。

トイレのすぐ横なので分かりやすいかと思いますが、この車横の通路を通って裏側に出ると、そこが田んぼアートになってます。

 

 

ここを通ります。

 

 

写真の先に見えている組み立てられた高い場所が、

田んぼアートを鑑賞するためのやぐらになってます。

 

 

到着!!

一番上には上がれますが、途中にある足場のような場所は立ち入り禁止になってるので、横にある階段から一番上へあがります。

 

 

鑑賞場所は結構横に広くなっていますが、定員10名だそうなので、自分が上がると10人を超えてしまいそうなときは、下で待ちます。上は、かなり足元不安定なので、見たり写真を撮ったりする時は、足元に注意してください!

 

 

早速、パシャリ!!

バリィさんアートは横に広いので、ガラケーでの撮影には限界があって、

これが精いっぱい;;

 

 

 

ということで、携帯を横にしてパシャリ!!

写真をクリックすると大きな写真で観れます!

 

おぉぉぉぉっ!!

 

本当はもう少し高い場所からなら、もっとバリィさんが見やすいのだと思いますが、これでも、かなり感動です!!!

 

 

この、バリィさん田んぼアートは、今年の6月に今治市内の小中学生300人が集まって、田んぼにバリィさんを描いたのだそうです。

 

なにか、ちょっと素敵ですね。

 

 

バリィさん田んぼアートのデザイン。

これは、もっと上空から見たらめっちゃ感動しそうですね。

鑑賞やぐらより高い場所からは見れませんが(笑)

 

 

やぐらから見た、さいさいきて屋。

 

 

最後に、もう一回バリィさんをパシャリ!!

 

「さいさいきてや」というのは愛媛の方言で「たびたび来てね」という意味もあるので、また稲穂が実った頃に来てみたいな、って思いました。