マインドフルネス・笑顔と怒りのトレーニングの 自分磨きスクール 咲花 (さきか)

マインドフルネス・笑顔と怒りのトレーニングの 自分磨きスクール 咲花 (さきか)

笑顔の毎日を送るために^^
「心からの笑顔」を追求しお伝えしています。
笑顔と怒りのトレーニング、マインドフルネス、印象・・・
全て、心からの笑顔につながります。
笑顔で自分も周りもハッピーに!

自分磨きスクール咲花 陣内ちはるです桜

 

職員研修でもお世話になっている

 

野崎ウイメンズクリニック様主催の

 

「天神ウイメンズカフェ」

 

 

 

 

 

今回のテーマは「アンガーマネジメント」

 

参加者は女性のみですキラキラ

 

 

第一部では野崎院長から

 

「女性とイライラ」について

 

最近発売された、女性ホルモン特集の「anan」でも

 

クリニックが紹介されましたベル

 

 

 

 

 

 

女性は、女性ホルモンの増減があり、

 

それが原因で、誰でも多かれ少なかれ、

 

その時期になると、

 

イライラしたり落ち込みがあったりするそうですショボーン

 

 

『大事なのは、そのことを周りの人も、

 

そして、本人も受け入れて、理解してあげること』

 

 

というお話が印象的でした虹

 

 

 

 

 

そして第二部は私から

 

「イライラ・怒りの対処法」

 

アンガーマネジメントについてお話させていただきましたカラオケ

 

 

 

 

怒りの感情はちゃんと機能、役割があります。

 

それは「防衛反応」

 

身を守るための感情です。

 

「怒りは人を攻撃するための感情じゃないの?」

 

と思っていた私は、

 

はじめ、これを聞いた時、意外でしたびっくり

 

 

自分を守るための感情ネザーランド・ドワーフ

 

 

では、一体何を守るために怒っているのか??

 

動物の場合、「命」を守るために怒っています。

 

 

でも、私たちのイライラの原因のほとんどは

 

に関わることではないですよね。。

 

では、何を守りたくて怒っているのでしょうか?

 

 

そして、「守っている」ということは、

 

怒る前にすでに『攻撃されている』

 

ということです。

 

 

攻撃されているから、

 

何かを守ろうとして、

 

怒りの感情を使っていますメラメラ

 

そもそも、

 

本当に攻撃されているのでしょうか?

 

 

「何を守っているのか?」

 

「本当に攻撃されているのか?」

 

そのことをワークを通して考えていただきました音譜

 

 

参加者の方から

 

「中身が濃くて、期待を上回るものを得られました」

 

という感想をいただきましたドキドキ

 

有難うございますラブ

 

 

私も、日々アンガーマネジメントに取り組んでいますが、

 

深いですあせる

 

 

女性特有のイライラってあります恋の矢

 

そんな女性の皆さんのイライラ解決のヒントになれば嬉しいですラブラブ

 

 

今回、会場がパンパンになるほどたくさんの方が参加してくださいました乙女のトキメキ

 

たくさんの方にアンガーマネジメントをお伝えできることはとても光栄です。

 

 

そして、聞いてくださった方が、アンガーマネジメントで、

 

心の向きを明るい方向に変えれば、

 

その周りの方々も明るくなります晴れ

 

 

皆さんの笑顔がどんどん増えますようにヒマワリヒマワリヒマワリ