子育てしながらイキイキ働く!さきかおるコーチの千葉・船橋・都内での活動ブログ☆

子育てしながらイキイキ働く!さきかおるコーチの千葉・船橋・都内での活動ブログ☆

顔の造作は変えられないけれど、心を整える事で表情がイキイキと美しくなる事は、コーチングの力でできます!
コーチング講師&コーチ をしています。


テーマ:
こんにちは。
マザーズブルーミングコミュニケーション代表
銀座コーチングスクール船橋クラス代表
佐木 馨です。


この土日は、次女の高校説明会へ。



素敵な銀杏並木イチョウ
を楽しみつつ、高校へ。


2校それぞれ、特徴は違うものの、

「2020年の教育改革へ向けて、アクティブラーニングを…」
「2020年の教育改革へ向けて、来年入学される生徒より、iPadを授業に取り入れ…」



やはり、大学入試を意識して、教育現場も変化する様子です。



最近は、日大アメフト部の事件でも分かるように、
皆さん意識は「生徒を尊重せずに、圧をかけて違反をさせるだなんて!」と言うんですよね。

しかし、いざ我が子に対しては、
「今度のテスト◯◯点以上取れなかったら、スマホ取り上げるからね!」



親自身が、
「言っている事(理想)」と、
「やっている事(現実)」が違う。



このギャップが、教育改革の大事な時期にも、起こると思うんです。


先生も、「やらせるよりも、自分で考えて気づかせるようにしなくては!」

と、iPadを渡したものの、管理のツールになってしまったり。


そんな危険性を、お話を聞いていて感じました。




でももし、学校はアクティブラーニングや、iPadを用いて、子どもの自主性や主体性を引き出してくれたとしても、
子ども自身の「気づく」事を待つのですから、親がイライラする時期もあります。




という事は、その理想と現実ギャップは、学校や先生だけではなく、
私たち親にも起こりますよね!




しかも、その理想と現実のギャップを、
「学校が、しっかり子どもを管理してくれないから!
やらせてくれないとダメじゃない!」
という学校批判に向けてしまったり、



「学校で先生が何を言ったか知らないけど、
きちんとやりなさい!
覚えるもの覚えないで、どうするの‼️」


などと、親が教育改革の意味をよく理解せず、
相変わらず「やらせる、暗記させる」教育を家庭でしてしまうと、


子どもが混乱してしまいます。




だからこそ、家庭で親が何が出来るのか。

そこが大切ではないでしょうか?




教育改革に求められる、
「自分で考えて、考えを記述できる」

そこを家庭内のコミュニケーションで、育てる事が出来ます!

マザーズブルーミングコミュニケーションが、家庭内でのコミュニケーションを、簡単に!楽に!
変えられる学びをお伝えします。



教育改革に踊らされない、揺るがない思考力を促す、コミュニケーションを学びに来ませんか?




テーマ:

9月15日銀座コーチングスクールの
コーチカンファレンスがありました。




素晴らしいお二人に挟んで頂いて、
豪華な写真を撮らせて頂きました。


今回のコーチカンファレンスで、
こんな贅沢な写真を撮らせて貰ったのは、
私1人だと思うハート



感謝を力に変えて、
さらに精進します‼️





コーチカンファレンスでは、
『育児コーチング』のブースを担当しました。


初めてブースを任されて、
さて、何をお伝え出来るだろうか?

そもそも、
人生につまずいてコーチングを学んだ私。

この私が、期待に応えられる事って何だろう?


そんな不安からスタートした
ブース運営。



もうね、張れる虚勢も無いんですから(笑)
等身大でいかせて頂くしかないです。



何に期待して、
このブースに参加されたのか。

何を知りたいのか。

何をしれたら満足するのか?



そこから皆さんに教えてもらい、
応えられる範囲で、
力になれる範囲で、
最大限の力になる。

それだけです。



非力を認めて、
頑張るのみ。



でも、私の拙い経験でも、
お役に立てる事があったようで、
「佐木さんの経験、もっとお話し聞きたかった!」
「そこを知りたかったんです。
もっと沢山話してくれたら良かった!」

そう言って頂き、
どうやらお役に立てたらしい事にホッとしました。




私自身も、
役に立てる
という、嬉しいフィードバックを貰って、
嬉しい時間となりました。




ありがとうございましたおねがい



160名以上集まったコーチカンファレンス。

来年は200名を目指します‼️


テーマ:



こんにちは。

北海道の方は、夜中の大きな地震に驚かれた事でしょう。
ライフラインがまだ復旧の目処がつかない所も多くあり、そんな中で子どもを抱えている方は、大きな不安に包まれているのではないでしょうか。



代表を務めさせて頂いている、
『マザーズブルーミングコミュニケーション』
のブログでは、

災害時の子どもとの関わりについて、書きました。


災害時だからこそ、子どもの心に寄り添っておくと、
災害から回復した後に、心の回復も早くなると思います。


心配な時だからこそ、子どもを抱きしめて、安心させつつ、
ママも安心して下さいね。


余震も続くと言われています。
どうぞ気を付けて過ごされて下さい。
小さな力ですが、祈りが届くように、心込めてお祈りします。




テーマ:

娘たちの勉強が出来る事の差と、

生きやすさの差。

  

『親の私から見て』だから、実際とは違うかもしれないけれど、

長女の方が生きやすそうで、

次女の方が勉強が出来る。

  

長女は、自分で周囲を動かす力があって、

次女は、周囲の意図を汲み取る力がある。

  

だから、「大人が作った問題」という狭い狭いフィールドで点数を取るのには次女が得意で、

勉強以外の生きる部分で、大人に驚きをもたらして喜ばれるのが長女。

  

  

もしかしたら、大人になって社会人になって、評価を得るのは長女かもしれない。

でも、限られた中で一定のルールを理解して働いたら、次女が評価を得るのかもしれない。

  

  

結局、勉強が出来る出来ないって、

ほんのほんの小さな限られた部分で、大人が評価しやすいように作られたシステムなんだな。

そこに一喜一憂して、評価ジャッジして、怒ったり褒めたりするのは、何か違うような気がする。

大人が大人の作ったシステムに、踊らされてる。

  

  

だけど、そういうシステムがあるのなら、

『子どもの適性を見る』という部分で活用すればいい。

だから、勉強しようがしまいが、どちらでも子どもの価値は変わらない。

学校に行こうが行くまいが、どちらでも子どもの価値は変わらない。

  

  

親の私の前で、のびのび過ごしてくれさえすれば良い。

親の私の前で、のびのび出来なくても、私以外の場所で、のびのび出来る場所があれば良い。

  

  

===== ===== ===== ===== =====

  

8月5日より幕張で、親として心の余裕の出来る

『親子のコミュニケーション講座』始まります。

https://bit.ly/2LT1trX

  

===== ===== ===== ===== =====




テーマ:
通信制高校の進学相談会、始まりました!

今日は、カウンセラーとして参加しています。



船橋のイトーヨーカドーの上、6階奥です。







敏感なお子さん、最近は多いように感じられます。






皆さんたくさん来てくださっています。


16時まで開催しているので、興味のある方ふらりとお立ち寄り下さいニコニコ

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス