去年からずっと行ってみたいと願い続けていたうえーん、ミシュラン三ツ星のカンテサンスへ遂に訪問する事ができましたパカッ

今回は何度も訪問している友人とご一緒できたので、初回にも関らず斬新な料理を思う存分に堪能する機会に恵まれました。アリガトウ

しかも、個室なのでダイニングでは禁止されているカメラ撮影も許可してもらえるのです。



栃木県産とうもろこしのスープとポレンタ

栃木県産とうもろこしのスープとポレンタ   カンテサンス
とても甘みの強いとうもろこしのスープは、これからの料理を食べるのにテンションを自然と上げてくれます。
素晴らしいまいうー
もっと飲みたいと思わせるこの量が罪ですよねうんうん


   パン
パン
しっとりとして、パンの粒の味が料理の邪魔をしませんね。good



塩とオリーブ油が主役 山羊乳のヴァヴァロワ
塩とオリーブ油が主役 山羊乳のヴァヴァロワ
とっても香り高いオリーブ、料理の説明の中でいかにこのオリーブ油の温度管理が重要であるかを、熱弁していただきました。どーも
ゲランドの塩が丁度良い塩梅に配合されてます、洗練された食材が心地良いです。ペロリ


   ファーブルトン
ファーブルトン
ブルターニュ伝統の焼き菓子を、そば粉を使用して調理しています。カピバラ
甘みのある生地に、しっかりとした旨みの強い貝になりたい青柳の小柱とを合わせています。

ファーブルトンは、上部がふんわりと底の部分がカリッと絶妙に焼き上がっています。いやん
この微妙な火入れの感性が岸田シェフの特徴、凄い感性ですよね 大トトロオイシ~



 螺鈿のように焼いた鱸 枝豆とジロール 島ラッキョの泡
螺鈿のように焼いた鱸 枝豆とジロール カリカリッ
魚鱸の皮はカリカリで、身はシットリとしていて魚の旨みが中に全部残っています。うまい
枝豆とジロール茸のソースはこれ単体だけでも十分美味しいのですが、島ラッキョの泡と一緒に食べると最高のマリアージュオススメ
どうやったらこんな組み合わせを思いつくことが出来るのでしょうか、チョッと普通の人には思いつかない発想ですねおおーっ!!



   ホロホロ鳥の3時間ロースト フィザリソース
ホロホロ鳥の3時間ロースト フィザリソース ホロホロ鳥の3時間ロースト
お皿が運ばれてきた時の香ばしい香りと、料理の色鮮やかさに嬉しくなってしまいます。おはよ~
野菜京野菜の逸品である鷹峰とうがらしは食べてみたかったのですが、東京で実現するなんで面白いですね。

ホロホロ鳥のジューシーな肉感を残したまま、岸田シェフ自身が付きっきりで、じっくり3時間かけて焼き上げられた料理。ラブ
甘みの強いソースがアクセントになり、食が進みます。 QOOウマ~
ここまでかなりのボリュームだったのですが、それをを感じさせない程の美味しさです。キラキラ



   ヘベスのソルベ
ヘベスのソルベ ヘベス接近!
文旦の果実をほぐした下には、かなり酸味の強いソルベ、でもこういうデザート大好きです。いやん
お店にある分全部でも、一人でペロリと食べてしまうかも ネコバスダイスキ~



   液体のタルト バナナ
液体のタルト バナナ バナナ !

最初に出された時は不思議に思った、液体の状態のタルト。顔文字(+´・_・`+)ン?
ザラザラした食感が楽しい、バニラエッセンスがたっぷりのバナナバナナも美味しいです。
デザートのレベルも素晴らしくて、満足度がドンドン上がってしまいます。人気



   エスプレッソ(ダブル)
エスプレッソ(ダブル)
こんなに美味しいエスプレッソを飲んだのは、何時以来かなと思えるほど美味しいエスプレッソでした。まったり


天才シェフの鋭い感性が魅力的な料理となって、遂に味わうことを実現する事が出来ました。

実は食べている時は、ご一緒した方の会話が楽しくて説明もあまり聞いていなかったのですが、画像を見て改めて素晴らしい料理だった事を実感しています。
こういう機会を作っていただいて、ご一緒させていただいたみなさんに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました!  これからもよろしくお願いしますありがとう(男)


予約を取るのは本当に困難ですが、みなさんもぜひ一度天才シェフの素晴らしい料理を味わってみて下さい。バイバイ