『季節彩酒』~酒正土井のお酒ブログ~

『季節彩酒』~酒正土井のお酒ブログ~

美瑛町→旭川緑が丘へ
酒屋四代目が綴る美味しいお酒のアレコレです

酒正(株)土井商店

〒078-8803
北海道旭川市緑が丘東3条1丁目12番4号
営業時間
10:00~20:00
定休日  毎週火曜
TEL 0166-60-6066
FAX 0166-60-6077

北海道のほぼ中央に位置する「美瑛町」で創業、
2017年7月より旭川市緑が丘へ移転しました。
全国各地の稀少銘酒を扱い始めて37年…
多くのお客様と蔵元様に支えられて商売を続けさせていただいております
蔵元の熱い想いを伝える代弁者として、
まごころ込めてお酒をご提案したします




テーマ:
いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。
四代目、土井優慶です。

ここ一週間、6月とは思えない気温で…。
見事に体調崩しました…。

39度近い発熱もあるので、店にも行けず自宅療養中。
店のスタッフたちが専務不在でも頑張ってくれているみたいなので、解熱剤が効いているうちにブログ更新です。

とはいっても、利き酒も全くできていないので、入荷してきたお酒の名前とか価格のみ、皆様にお知らせいたします。

【父の日ギフトの用意は終わりましたか?】


当店では「父の日ギフト」をお買い求めのお客様に"手書き風メッセージカード"を無料でお付けできます

普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを、大好きなお酒に添えて伝えてみませんか

6種のメッセージからお好きなものをお選びいただき、ご購入いただいたギフトにお付けできますので、お会計の際にお申し付けください。

普段はビールばかり飲んでいるお父さん。
もしかすると、ホントは日本酒が飲みたいのに我慢しているのかもしれません…。

当店では日本酒、焼酎、ワインなど全国のこだわりの酒蔵から直接仕入れたお酒を多数取り揃えております。

是非「父の日ギフト」にご用命ください。

店頭受付のギフトの宅急便配送は、道内なら明日14時ころまでにお買い求めいただければまだ間に合います!


【今週入荷したお酒】

■ 『洗心(せんしん)』 純米大吟醸
□ 新潟県 朝日酒造
□ 有名な『久保田』の蔵より、年3回の限定品。『久保田 万寿』のランク上の最上級酒。
□ 720mlのみ 5,616円 (1.8Lは完売)

■ 『25° パープルタイガー&ドラゴン』 芋焼酎
□ 鹿児島県 四元酒造
□ 紫芋で仕込んだ『タイガー&ドラゴン』の限定品。年3回入荷。定番バージョンも同時入荷。
□ 1.8L 2,916円 / 720ml 1,728円

■ 『新政(あらまさ)』 カラーシリーズ 「エクリュ&ラピスラズリ」
□ 秋田県 新政酒造
□ 今月分の『新政』のカラーシリーズ定番2種も入荷。
□ (エクリュ) 720mlのみ 1,480円
□ (ラピス) 720mlのみ 1,860円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。

■ 『鍋島(なべしま)』 各種
□ 佐賀県 富久千代酒造
□ 皆様からお問い合わせの多い人気酒『鍋島』は以下の通り、数種類入荷。ラインナップは…「特別純米 1.8L 2,866円 / 720ml 1,434円」「純米吟醸 山田錦 火入れ 1.8L 3,553円 / 720ml 1,782円」「純米吟醸 五百万石 火入れ 1.8L 3,132円 / 720ml 1,571円」の3種、6アイテム。

『鍋島』は大変な人気酒のため「店頭販売のみ(取り置き不可)」。しばらく本数制限していたが、720mlサイズは蔵元のご厚意で入荷量増えたので現在は制限なし。1.8Lのみ「お一人様いずれか1本のみ購入可能」だが、入荷状況に応じて一部本数制限が異なるものもあり。

■ 『磯自慢(いそじまん)』各種
□ 静岡県 磯自慢酒造
□ 6月分の『磯自慢』もようやく入荷。現在のラインナップは…「大吟醸 1.8L 8,790円 / 720ml 4,200円」「エメラルドボトル 大吟醸純米 720mlのみ 3,660円」「水響華 大吟醸 1.8Lのみ 5,874円」「純米吟醸 1.8Lのみ 4,416円」「吟醸 1.8Lのみ 3,876円」「特別本醸造 1.8Lのみ 3,250円」「別撰本醸造 1.8Lのみ 2,883円」「本醸造 1.8Lのみ 2,364円」「愛山グラッパ 大吟醸 720mlのみ 3,660円」「大井川の恵み 純米吟醸 720mlのみ 2,308円」

※父の日が近く、また『磯自慢』をお求めにご来店くださるお客様が非常に多いため、今回入荷分も「地方発送不可(お取り置き不可)」「サイズ種類問わず、併せて2本まで購入可能」
。一部、本数制限が異なる場合もあり。


■ 『新政』No.6 S-type
□ 秋田県 新政酒造
□ 『新政』の人気シリーズ「No.6」のスタンダード。店頭販売のみ(お取り置き不可)、お一人様1本のみ購入可能。
□ 740mlのみ 2,000円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。

■ 『上川大雪(かみかわたいせつ)』特別純米 吟風 火入れ
□ 北海道 上川大雪酒造
□ 新設後一年が経ち、ようやく"火入れ"の定番酒がリリース。こちらは第2弾、北海道産"吟風"を使用。
□ 720mlのみ 1,728円

■ 『出羽桜(でわざくら)』"雪女神" 純米大吟醸48
□ 山形県 出羽桜酒造
□ 山形県で新たに開発された酒米"雪女神"を使用した純米大吟醸。
□ 1.8L 3,456円 / 720ml 1,728円

■ 『七ロ万(ななろまん)』 純米吟醸 一回火入れ
□ 福島県 花泉酒造
□ 柔らかく上品な甘さが人気の『ロ万』の6~7月の限定品。
□ 1.8L 3,240円 / 720ml 1,749円

■ 『杉勇(すぎいさみ)』 純米 生 活性酒
□ 山形県 杉勇蕨岡酒造場
□ シュワシュワとしたガスが心地よい、スパークリングタイプの日本酒。吹き出し注意!
□ 500mlのみ 1,080円

■ 『久礼(くれ)』 "花河童(はながっぱ)" 特別純米 生
□ 高知県 西岡酒造場
□ 当店の辛口酒で人気の『久礼』のキレのよい辛口夏酒。
□ 1.8L 2,776円 / 720ml 1,388円

■ 『来福(らいふく)』 "夏の酒" 純米吟醸
□ 茨城県 来福酒造
□ 当店初入荷の『来福』の夏酒。しっとりとした飲み口とほのかな辛さがさわやか。
□ 1.8L 2,911円 / 720ml 1,485円

■ 『百十郎(ひゃくじゅうろう)』 "南の風" 純米吟醸
□ 岐阜県 林本店
□ 今年初めてリリースされた『百十郎』の夏酒。フルーティな香りと、さっぱりした飲み心地。
□ 1.8L 2,700円 / 720ml 1,404円

以上です。

今回ご案内したお酒は、一部を除き、地方発送でもお買い求めいただけます。

地方発送ご希望のお客様はお電話(0166-60-6066)、もしくはFAX(0166-60-6077)にてご注文下さい。

地方発送はクロネコヤマト代引き便で発送。
道内送料1300円程度(代引き手数料含む)。
当日14時までのご注文で最短翌日到着可能です。
時間指定・日付指定も承りますのでご注文時にお申し付けください。

飲食店さまには仕入れ負担軽減のため、送料のお値引きが適用になりますので、是非本数をまとめてご注文下さい(詳細はご注文時にご確認ください)。

………

すごくあっさりしたブログ更新になってしまいましたが、取り急ぎ皆様に入荷状況をお知らせいたしました。

皆様も体調にはくれぐれもお気を付けくださいね。

どうぞよろしくお願いいたします。


-------------

~創業87年の全国希少銘酒専門店~

酒正(株)土井商店

全国の希少な日本酒、本格焼酎やワインも取り扱っております。

毎週末、新着入荷の商品をブログにてお知らせしております。
LINEでも同じく商品をご案内しておりますので、是非ご登録ください。

また店頭販売だけでなく、地方発送も承っております。
お気軽にお問い合わせください(一部商品を除く)。

【お問い合わせ先】

〒078-8803 北海道旭川市緑が丘東3条1丁目12-4
株式会社 土井商店

TEL:0166-60-6066
FAX:0166-60-6077

テーマ:
いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。

撮りためたドラマを観るのが、帰宅後の楽しみの一つ。
本当は映画とか見たいのだけど、2時間以上かかるのでなかなか腰を据えてみることが出来ず、もっぱらドラマばかり。

今期のドラマで面白いのは…

「ブラックペアン」

医療系ドラマはついついチェックしてしまうのですが、コレ面白いですねぇ。

…嵐の二宮和也さん扮する「渡海Dr」のあの憎たらしさ(笑)。

初めは「ミスマッチかなぁ」と思っていたのも、終盤に近付くにつれてこの配役に納得。

口は悪いが腕はいい。
ニヒルというか、何考えてるかわからない表情もなかなかハマリ役。

何話目だったか…手術のシーンで二宮さんが他の医者役の俳優さんを「何チンタラしてんだ!」と煽りながら、てきぱきと手術していくシーンがありました。

不謹慎かもしれないけど、なんだかワクワクドキドキ。
全身が総毛立つような感覚。

もう居てもたってもいられないくらい興奮してしまいます。

…昔からこのブログを読んでくださっている方はご存知かと思いますが、私は昔、医学部の学生でした。

外科の実習で何度も立ち会った手術の時の空気感や緊張感。

「ペアン」「メッツェン」など、手術の専用器具の名称。

「大動脈」「僧帽弁」「脾動脈」が体のどの部位にあるのかも頭の中でついつい考えてしまいます。

"昔取った杵柄(きねづか)"なのか、医療ドラマを観て血沸き肉踊る…大学を中退せずに、あのまま医者になってたらこんな風にバリバリ手術してたのかしら。

…いや無理だな(笑)。

たまに大学時代の同期がお店に来てくれて、仕事の話を聞くともう中堅の立場…なかなか忙しいらしくタフな生活を送っているみたいです。

今の私にはドラマを観て「あーでもない」「こーでもない」と"程よく懐かしむ"くらいがちょうど良さそうです。

美味しい日本酒を飲みながら、ね♪


さて、今週も入荷してきたお酒をご紹介。
「父の日」もだんだん近づいてきたので、ギフトにもちょうどよいお酒もピックアップ。

美瑛の時から皆様に好評をいただいておりますこのサービス、移転後も実施しております。

【父の日の準備も急ぎましょう】


当店では「父の日ギフト」をお買い求めのお客様に"手書き風メッセージカード"を無料でお付けできます

普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを、大好きなお酒に添えて伝えてみませんか

6種のメッセージからお好きなものをお選びいただき、ご購入いただいたギフトにお付けできますので、お会計の際にお申し付けください。

普段はビールばかり飲んでいるお父さん。
もしかすると、ホントは日本酒が飲みたいのに我慢しているのかもしれません…。

当店では日本酒、焼酎、ワインなど全国のこだわりの酒蔵から直接仕入れたお酒を多数取り揃えております。

是非「父の日ギフト」にご用命ください。



【四代目、今週のマストバイ。】

 「マスト」=「must」=「~せねばならない」の意味

 毎週更新しているブログのお酒は、自信をもってオススメできるものばかりですが、毎週毎週入荷量が多いのでお客様から「どれがおススメかわからない」とのお声も。

いや、どれもおススメではあるのだけど…(苦笑)

じゃあ「酒屋として"特に"オススメなお酒」をピックアップしようかと思い立ち、初チャレンジ。

いつもとはちょっと違う切り口でおススメします。酒屋の本音が聞けるかも??

「マストバイ」=「must buy」=「必ず買うべし」



(写真左より)
■ 白老(はくろう) 五百万石 特別純米 槽場直汲生原酒
□ 愛知県 澤田酒造
□ 最近「甘いお酒」がどうも飲めなくなってきて、サッパリ飲めて極端な甘辛が無い…そんなお酒が恋しくなること多くなった。久々にそんな好みの味わいに出会えたお酒、それが『白老』。前回までご案内していた酒米"夢吟香"のお酒も蔵元完売…担当の営業さんからこんなんありますと提案されたのがコレ。"五百万石"といえば、カチッとした硬質な旨み、ボリューム感は少なく、余韻にわずかな苦み…飲み手の皆様はあまり意識することのない酒米の違いだが、私たち酒屋はそんなイメージも持つ酒米。これもまたその特徴をどストライクにビンに閉じ込めた一本だが、非常に旨い!開けたてはまだガス感あり、開栓後数日かけてガスが抜けていってもなお旨い。香りはラムネ系で爽やか&穏やか、口に含むとわずかなシュワッと感、キュッと引き締まった旨みは甘さが抑えられていてドライ。余韻には柑橘系のような、苦みと酸味が交じり合った味わいを伴なって喉に消える。「苦味」ってマイナスイメージかと思いきや、アクセント程度に効かせるとこんなにもバランスが良いのかと驚く。まだお酒が「若い」分、味わいの広がり方にも固さがあるものの、これから数年の間にメキメキ酒質が伸びていきそうな予感。愛知県の名だたる酒屋さんが取り扱っていたが、最近は首都圏の酒屋さんも注目し始めたようで…北海道ではたぶん当店しか取り扱いが無いので、日本酒ファンには是非この期待の新星『白老』をお試しいただきたい。

<四代目的おすすめポイント>

#五百万石らしい味わい
#甘いお酒はいつまでも飲めない
#ガブガブ飲めるので飲み過ぎ注意
#「しらおい」じゃなくて「はくろう」だよ
#甘・酸・旨・苦のバランスが最高
#脱ビギナー~上級者向け
#ジントニック好きならドンピシャ

□ 720mlのみ 1,501円


■ 天明(てんめい) "初夏の生セメ" ブレンド
□ 福島県 曙酒造
□ 『天明』は杜氏の鈴木氏が私と同世代…だからこそ一生懸命応援したいのだが、なぜか当店ではジワジワとしか売れ行きが伸びない悩ましいお酒。なぜ理解されないのか…そんなことを考えながら先日利き酒したのがコレ。なんだよ、美味しいじゃないか!このお酒は冬~春にリリースされていた"中取り"シリーズの「責め(搾りの最後の部分)」を瓶詰めしたブレンド。ブレンドと聞くとなんだか"まがいもの"みたいな捉え方をされるが、ウイスキーなどと一緒で定番ラインナップの味のばらつきを無くすための立派な手法で、日本酒の酒蔵でもそういった手法で定番酒の味わいをコントロールしているところもいくつもある。さて味わいは…香りはほのかに甘みのあるもの、口に含むと柔らかくも引き締まった味わいが垣間見え、爽やかに楽しめる。余韻に感じる酸味は程よいバランスに調整されていて、キレもフワリと消えてゆく。まだまだ私たちの実力不足か、この蔵のお酒の魅力を伝えきれていないのだろう。日本酒初心者よりも少しお酒の味の違いを知り始めた脱ビギナーの方のほうが、このお酒の良さを楽しんでいただけるんじゃないか。極端な派手さはない…けれども一滴一滴に個性が凝縮。美味しいものが大好きだと業界で噂の鈴木氏が醸す酒らしく、様々な料理にも抜群に合うのがまた飲兵衛には嬉しい魅力でもある。今一つ抜きんでたものがあるわけではないのだが、もしかするとそれが"長く愛される"ための『天明らしさ』なのかもしれない。
□ 1.8L 3,162円 / 720ml 1,581円

<四代目的おすすめポイント>
#もっと評価されていい蔵元
#女流杜氏の後継者
#昭和59年生まれ
#派手なだけが個性じゃない
#食中酒として最高の一本
#少し愛して、ながーく愛して

----------------

■ カールファフマン リースリング クーベーアー トロッケン
□ ドイツ 白ワイン
□ ワイン特有の難しいウンチクはさておき…四代目、お気に入りワインの一つ。昨年末にリリースされていたのものだがあっという間に完売。しかし在庫に余裕あったらしく、春先にコソッとインポーターさんから分けてもらったお買い得ワイン。「ドイツの白」といえば辛口か、長細いボトルに入った極甘口のアイスヴァインが有名、こちらは「極辛口=トロッケン」表記の白ワインである。3年に一度しか発売されないワインなのだが、なんだかボトルが一回り大きく見える…それもそのはず、容量が1リットルのリッターボトルに封入されている。一般的なワインは750mlサイズなので、サイズ換算すれば実際には1本1350円(税抜)くらいの超お値ごろワイン。香りはライムのような爽やかさと花のような穏やかで上品なタイプ、使用しているブドウ品種"リースリング"の特徴がよく合わられて、キレイでハツラツとした明るい印象のある辛口、クリアでスッキリとした余韻。パッと価格だけを見ればフツーのワインなのだが、実はお買い得感抜群の優良コスパ白ワイン。ドライな口当たりなので、ガッツリ冷やしてガブガブ飲みたい…暑い季節の到来には外焼き肉でも◎、日常の食卓にも◎。…普段あまりワインを飲まない私ですら、これだけは安くて美味しいのでつい毎回買ってしまう。スーパーやコンビニで数百円で買えてしまうペラペラな白ワインではなかなか満足できない、そんな方に是非お試しいただきたい。
□ 750ml 1,944円

<四代目おすすめポイント>
#ガブガブ飲める辛口白ワイン
#リッターボトル
#普通のボトルなら1350円
#ドライ&クリーン
#3年に一度
#日常に楽しめるデイリーワイン

------------------

■ 八海山(はっかいさん) 特別純米 原酒
□ 新潟県 (株)八海山
□ 新潟県のお酒といえば…『久保田』『越乃寒梅』『八海山』と必ずと言っていいほど名前が挙がってくるお酒の一つ。古くからある酒蔵なのかと思いきや、今の社長で3代目…意外と歴史は短いというのが驚き。「品質を落とさず量も求める」というコンセプトは、一企業としての供給責任(=きちんと市場に物を流通させる責任)があると社長は言う。「プレミアでやり取りされるようなお酒がいつまでもそのままではいけない」という見事な企業理念が素晴らしい。ただ逆に安定供給=いつでもどこでも買えるから見かけるシーンも多く、あえて選択肢の中から選ばないというファンも多いのが残念…美味しいのに…。こちらは夏季限定酒で通常ラインナップにはない"特別純米"という規格で毎年発売される一本。おススメはオンザロック。「えっ」と驚かれる方も多いが、実際試してみると確かに旨い。程よく濃く造られているお酒に氷を入れれば、たちまちベストバランス!昔はもっと辛口だったような気もするが、今となってはちょうどよい辛さ。そのままでも「ぽっちゃり」した飲み口が楽しめるのだが、やっぱりここは氷を一つ。ふわりと濃さが薄まり、これまたちょうどよい。一口飲むたび「旨いなぁ」…有名とか無名とか関係なく、純粋な日本酒ファンならばこの旨さはきっと感じてもらえるはず。夏しか味わえないというのが極めて残念なのだが、これが定番酒だったら…きっと普段の晩酌用に一本置いておきたくなるだろう。
□ 1.8L 3,337円 / 720ml 1,663円

<四代目オススメポイント>
#意外と歴史は長くない
#夏季限定酒
#オンザロックは邪道じゃない
#大手酒蔵=美味しくないの方程式は関係ない
#暑い日にゆっくり飲みたい
#麹だけでつくったあまさけ

------------------

■ 山わさびドレッシング
□ 当店は酒屋なので、売っているのはお酒ばっかりかと思いきや、酒の肴になりそうな食品類の人気もなかなか。中でも、一度お求めいただいた方から何度も何度もリピートいただくのが「みりん」「料理酒」「酒粕」…そしてこの「ドレッシング」である。ドレッシングにしてはちょっと高め…"キュー○ー"の倍はする価格なのだが、なぜ売れるのか。それは「たまらなく美味しい」から!道民にはよく知られる"山わさび"を使ったもので、味の基本は醤油ベース。お取り扱いする前に若干半信半疑で試してみたら、疑っていた自分が恥ずかしくなるくらい美味しかった。山わさび特有のツーンとした辛さは程よく生かされ、わずかに混ぜられた酢の酸味と醤油のコクが見事に調和したオススメドレッシング。野菜サラダにでも冷奴にでも、豚しゃぶにも…一番のおススメはローストビーフ。当店でも取り扱っている「伍魚福のローストビーフ」を薄切りにし、スライスオニオンの上に載せたらドレッシングをひと回し。たまらない旨さ。自宅用に常備している私は既に5本目…クセになるファン続出の味わい。
□ 1本 648円

<四代目オススメポイント>
#山わさび=道民しか知りません
#なかなかこういうドレッシングってないよね
#病みつきになるピリ辛
#リピート買い必至
#ちょっと贅沢に牛肉と合わせて
#製造元も品薄です


【父の日ギフトは知名度で選ぶのも○】



(写真左より)
■ 田酒・喜久泉(でんしゅ きくいずみ) "飲み比べセット"
□ 青森県 西田酒造店
□ 知名度と入手困難さが極まって、毎月ある程度の入荷数があるもあっという間に完売してしまう『田酒』のオリジナルセット。ベーシックな「特別純米」と、同じ蔵が造る"吟醸酒"である『喜久泉 吟冠』を飲み比べ用にセットにしたもの。発売から30年以上経つも、今なお有名人気酒の内の一本である『田酒』…日本酒ファンなら一度は飲んでみたい銘柄の一つ。プレゼントするなら名のあるものを差し上げたい…そんなニーズに応えるならこれ以上ない最適なチョイス。なお、大変な人気酒のため、店頭販売および地方発送はお一人様1セットのみ購入可能。たくさんの方にお楽しみいただきたいため、どうかご理解をお願いいたします。
□ 1.8Lサイズ2本セット 5,143円

■ 田酒(でんしゅ) "山田穂&短稈渡船(やまだぼ&たんかんわたりふね) 純米大吟醸 ギフトセット
□ 青森県 西田酒造店
□ 先ほどご案内した青森県の『田酒』の限定品。720mlサイズが2本セットになっており、それぞれ使われている酒米が異なる。酒米の王様"山田錦"の両親にあたる酒米"山田穂"と"短稈渡船"を使用して、純米大吟醸クラスに仕上げている。豪華な化粧箱にも入っており、この時期のギフトとしては申し分ない仕上がり。年一回発売のため、知名度・希少度ともに贈答品としても最適なセット。数量少ないため、お早めに。店頭販売のみ。
□ 720mlサイズ 2本セット 10,286円

■ 新政(あらまさ) "No.6 A-type(ナンバーシックス エータイプ)"
□ 秋田県 新政酒造
□ 先日、東京にて『新政』の取り扱いのある酒屋が一堂に会した総会があり、6号酵母発祥の蔵『新政』から精米歩合66%の「No.6」が6月6日に発売されることとなった…すべて「6」にかけて発売されるのがなんとも『新政』らしくて良い(笑)。ちなみに「A」とは「新政の頭文字A」。目が覚めるような真っ赤なボトルに封入されており、いかにも特別感あふれる仕様。ある程度の本数あるも、さすがに私たちが利き酒するわけにもいかず、今回は皆様へのご案内のみ。本来は6月6日に発売したかったが、定休日や運送会社の兼ね合いがあり、今回のブログのお知らせをもって販売開始。6日以降、このお酒の存在を知ったファンから多数の問い合わせを頂いているため、完売早いと予想。そのため、「A-type」が無くなり次第『新政 No.6 R-type 1,500円』を店頭にて販売予定。
□ 740mlのみ 1,650円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。

■ 久保田(くぼた) "翠寿(すいじゅ)" 大吟醸 生酒
□ 新潟県 朝日酒造
□ 『久保田』といえば父親世代が血眼になって探していた"幻の酒"の一つ…なかでも「千寿」「萬寿」のラインナップは有名だが、このお酒の存在を知る人は意外と少ない。毎年、夏の間だけ発売される限定酒。爽やかな香り、口に含めばフレッシュで生き生きとした味わいに、スッキリと引き締まった旨み。毎年「父の日」が近くなるとギフト用のお酒をお求めのお客様が増えるのだが、きまって「何を買えばいいのかわからない」と尋ねられることが多い。当店としてはあまり積極的に『久保田』をおススメすることはないのだが、コレだけは味わい・知名度ともに自信をもって勧められる一つ。すでに専用箱にも入っているため、ギフトとしても申し分ない一本である。
□ 720mlのみ 3,035円

【父の日くらい一緒に呑みましょう。】



(写真左より)
■ 鳳凰美田(ほうおうびでん) 純米大吟醸 山田錦 五割磨き
□ 栃木県 小林酒造
□ 老若男女、様々な世代に愛されるお酒は意外にも少ないのだが、このお酒はまさに「万人に愛されるお酒」の一つ。華やか系で少し甘口のお酒なのにクドくない…そんな絶妙な味わいが人気の『鳳凰美田』の定番酒。開栓と同時にふわりと立ち上る艶やかな香り、ジューシーで口いっぱいに広がる豊かな旨み。長い余韻はいつまでも楽しんでいたくなるほど優雅。世代が違えば、好みの味わいも当然異なる…しかし意外なことにビギナーの方からも当然美味しいと評判なのだが、酒歴を重ねた方からも不思議と引き合いが多い。だから、父の日にプレゼントするなら「一緒に呑める」ほうがきっとお父様も喜ぶはず。そう考えるとやはりこれは外せない。またギフトとしてもふさわしい日本酒のランク"純米大吟醸"であることもおススメ理由の一つ。
□ 1.8Lのみ 3,240円

■ まんさくの花 "美郷(みさと)" 純米吟醸 生原酒
□ 秋田県 日の丸醸造
□ 何度かブログでも紹介しているコチラのお酒。「父の日」に一緒に呑めるお酒…そう考えるとこれだけは絶対に紹介したいと思い、再度紹介。秋田の酒米"美郷錦"は酒米"山田錦"と"美山錦"を掛け合わせたハイブリッドな品種…しかし両親が優秀過ぎて、息子は若干打たれ弱い(=倒れやすく栽培が難しい)のでなかなか栽培する農家さんが増えてこない悲しい品種。現社長である佐藤譲治氏は「秋田の蔵だからこそ、これを伝え続けたい」と10年以上前から"美郷錦"を使い続けている。そして後継者である佐藤公治氏は「伝え続けるために、手に取ってもらわねば」という思いから、デザインや味わいを再設計した。香りはふわりと鼻の奥に広がり、なめらかでゆっくりと広がる旨み。親子で意思を受け継ぐ、この蔵の代表作。蔵ではケンカばかりらしいが…受け継ぐものは多くを語らずともしっかりと伝わっているようだ。そんなお酒だからこそ、ちょっとこんなストーリを肴に楽しんでみるのも一興。是非、父の日の二人の乾杯に。
□ 1.8L 3,456円 / 720ml 1,782円

■ 天狗舞(てんぐまい) "涼吟(りょうぎん)" 純米大吟醸
□ 石川県 車多酒造
□ 昭和末期~平成初期に端を発した日本酒ブームでは、数々の銘酒が誕生した。この石川県『天狗舞』もその一つ…きっと北陸の日本酒を父親世代に尋ねれば、このお酒の名前も挙がってくることだろう。しかしひと昔前の名声にあぐらをかくことなく、今なお様々な味わいをリリースし続けている…こちらは夏季限定発売の"夏酒"の一つ。「老舗蔵=クラシックな味わい」と連想しがちだが、常に進化を続ける蔵だからこそ、現代に通じる味わいをも持ち合わせる。香りは涼やか、キレイで洗練された旨みと穏やかな辛さ。親の世代に愛された一本を子と共に楽しむ…なんとも贅沢なひと時が過ごせそう。極端な個性がない分、話をしながらゆっくりと、何かお気に入りの肴を時折口に運びながら過ごすのにはこれ以上ない名脇役になってくれるはず。
□ 1.8L 3,672円 / 720ml 1,836円


【"ホンモノ"志向のお父様へはコレ】


(写真左より)
■ 白老(はくろう) 純米大吟醸 東条産山田錦
□ 愛知県 澤田酒造
□ 今回初入荷となった当店一押しの『白老』のコスパ優れる逸品。"東条産山田錦"とは何か…兵庫県は酒米"山田錦"の名産地で、品質の極めて高い"山田錦"を生み出すことで有名だが、中でも素晴らしい生産地の一つがこの"東条地区"なのである。『十四代』や『黒龍』、当店でも取り扱いのある『磯自慢』や『醴泉』など酒蔵有志はこの東条産山田錦を守り伝え続けるために"フロンティア東条"なる組織を作るほど、酒造りには欠かせない地域の一つでもある。その地域で栽培された"山田錦"のお酒がこちら。香りは気品あふれる素晴らしいもの、口に含めば端正で上品にまとまった旨みが、しっとりとした質感でフワリと広がる。これぞ逸品、これぞ大吟醸…そんな素晴らしく上質な味わいが楽しめる。
□ 1.8Lのみ 3,996円

■ 神心(かみこころ) "自耕自醸(じこうじじょう)" 純米 雄町
□ 岡山県 嘉美心酒造
□ 日本名門酒会という地酒の販売グループで『嘉美心』という銘柄を発売していた酒蔵が、今までの販売方法に疑問を感じ、私たちのような専門店向けに『神心』という銘柄を新たに立ち上げた。"自耕自醸"とは「自分たちで耕し、自分たちで醸す」という意味。その文字の通り、農家と共同栽培した酒米"雄町"を使用して仕込んだ。香りは穏やかでほのかに甘みを連想するもの、トロリと粘度のある甘味がふわりと広がり、余韻まで後引く旨さ。ビギナーを脱した方以上には是非ともおススメしたいが「父の日」直前だからこそ、このお酒は古きを知る父親世代へのプレゼントに。差し上げるときには「名門酒会っていうのがあって…」なんて物語もそっと添えてもらえれば、きっと口にした時の感動も高まるに違いない。
□ 1.8L 2,938円 / 720ml 1,469円

■ 旦(だん) 山廃 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒
□ 山梨県 笹一酒造
□ すっかり山梨の観光蔵となってしまった現状を打破するために、大量生産用の数億の設備を起死回生をすべて廃棄して新たに"少量高品質"を造るための設備を導入…起死回生をかけた新ブランドである『旦』。この赤いラベルの『旦』はその存在を知らしめた一本。この蔵が生み出す"山廃仕込み"は、ひと昔前の骨太なタイプではなく「飲みやすさ」を求めた、まさに蔵の看板商品。"雄町"らしい、ふくよかでたっぷりとした米の旨みが溶け込み、ぽっちゃりとした満足感の高い飲み口。知名度こそまだまだ知れ渡ってはいないが、この味わいは唯一無二…デビュー当時には「まだこんなうまい酒があったのか」と驚く方が多かった…だからこそ、酒歴を重ねた方に楽しんでもらいたい一本である。是非「父の日」のプレゼントにも。
□ 1.8L 3,800円 / 720ml 1,900円

■ 新政(あらまさ) "秋桜(こすもす)"
□ 秋田県 新政酒造
□ 『新政』がなぜこの欄の紹介に出てくるか…実は日本酒にはラベルに表記しなくてよい"添加物"がいくつかあり、一般的な酒造りの過程においてはそれらを併せて使用する蔵が多い。しかし『新政』は表記義務のない添加物すらも使わず、正真正銘"本当に米だけの酒"を造り続けている。ピンク色のラベルは酒米"改良信交(かいりょうしんこう)"と呼ばれる米を使用したもの。色から連想する通り、ベリー系のような爽やかな酸味がキュッと詰まった味わい、スッと口に中に入れば名残惜しいほどにスッと消える。"ホンモノ"を求める方にこそ、原料と製法にこだわったギフトはきっと喜ばれるに違いない。
□ 720mlのみ 3,500円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。


【お酒も料理も、共に引き立てます】



(写真左より)
■ 鍋島(なべしま) 特別純米 クラシック
□ 佐賀県 富久千代酒造
□ 毎月ある程度の量が入荷してくるものの、完売が早い『鍋島』。こちらは"黄緑色"のラベルの「特別純米」の別バージョン…詳しくはわからないのだが、話によると"酵母違い"で仕込み、より料理との相性を高めた食中酒だそう。"こげ茶色"のラベルの「クラシック」は名の通り、味わいの派手さをそぎ落とし、香りも穏やか。口の中に入ればふわりとコクが広がり、スッと切れていく。『鍋島』と聞くと連想する"フルーティ"とは異なる味わいだが、確かに伝統的な純米酒らしいたたずまい。そういう意味ではいつもの『鍋島』を期待して飲むファンにはちょっとびっくりしてしまう味わいかもしれない。フルーティなお酒はお酒単体で楽しむのが一番いいと思うが、こういう穏やかなタイプは単体よりもむしろ料理と一緒で本領発揮するタイプでもある。店頭販売のみ(お取り置き不可)、お一人様一本のみ購入可能。
□ 1.8Lのみ 2,866円

■ 清泉(きよいずみ) "亀の王(かめのおう)" 純米吟醸 生貯蔵酒
□ 新潟県 久須美酒造
□ この米で造った酒に勝るものは無い…そんな絶滅寸前だった酒米"亀の尾"を見事に復活させ、TVドラマのテーマにもなった新潟県の酒蔵の限定品。サブタイトル"亀の王"とは…この蔵が復活へと導いた"亀の尾"と、酒米の王様"山田錦"を共に原料米として使ったことに由来。まさにこの蔵だからこそ成し得る贅沢な一本。久々に利き酒したが、香りは穏やかでしっとりとしたもの。口に含めば、小気味よく味わいを引き締めるわずかな酸味、滑らかでスッと舌の上に馴染む旨み。甘辛は中間程度。甘かったり酸味があったりフルーティだったり…特徴的な何かがあるわけではないが、この柔らかな舌触りはいつまでもゆっくり飲んでいられる安心感でもある。塩の焼き鳥、天ぷらに抹茶塩…利き酒を終えてスタッフに味の説明をしていたら、そんな料理がふと頭をよぎる。自然と何かが食べたくなる一本。
□ 1.8L 3,087円 / 720ml 1,543円

■ 上川大雪(かみかわたいせつ) 砂川産"彗星" 特別純米 火入れ
□ 北海道 上川大雪酒造 緑丘蔵
□ 酒蔵が出来てから一年が経つが、今まではずっと"生酒"。まだかまだかと待ちわびた、待望の"火入れ"がようやく発売された。前回入荷分はブログ紹介前に完売するも再入荷、これから蔵の定番になる一本。元々『金滴』にいたときには「呑まさる酒」…ついつい自然と手が伸びてしまうお酒を目指しており、こちらもまさにそんな川端杜氏らしいお酒。香りしっとり穏やか、スッと滑らかに滑り込めば程よい旨みがふわりと広がる。余韻もキレイ。最初冷やし過ぎていたのだが、室温に馴染みはじめた頃が一番旨い。寿司や和食…飲んでいるとそんな料理と合わせたらきっと旨いだろうなぁ、と想像してしまう自分がいる。ようやく造りの方向性が定まってきたそうで、これからが楽しみな蔵の一つ。
□ 720mlのみ 1,728円

■ 田酒(でんしゅ) 特別純米
□ 青森県 西田酒造店
□ そろそろ説明不要?青森県の人気酒『田酒』の定番、シリーズ中で最もベーシックな特別純米。毎月ある一定数入荷してくるが、昨年よりすべて720mlサイズに振り替えて店頭販売しているため、数日間は完売せずに並んでおりお求めの方からも好評いただいている。香りは上品だが穏やか、米本来の持つ旨みがしっかりと表現され、余韻もじっくりと長く満足感もある。「田」から生まれる「酒」らしく、米の持つ旨さをきちんと表現した一本。今年から「一回火入れ」「瓶貯蔵」に変更されており、キャップのカバーにも"要冷蔵"の文字が追加に。大変な人気酒のため、店頭販売のみ(お取り置き不可)、お一人様1本のみ購入可能。
□ 720mlのみ 1,469円

以上です。

今回ご案内したお酒は、一部を除き、地方発送でもお買い求めいただけます。

地方発送ご希望のお客様はお電話(0166-60-6066)、もしくはFAX(0166-60-6077)にてご注文下さい。

地方発送はクロネコヤマト代引き便で発送。
道内送料1300円程度(代引き手数料含む)。
当日14時までのご注文で最短翌日到着可能です。
時間指定・日付指定も承りますのでご注文時にお申し付けください。

飲食店さまには仕入れ負担軽減のため、送料のお値引きが適用になりますので、是非本数をまとめてご注文下さい(詳細はお電話にて)。

----------------

この週末はあいにくの雨模様。
「蝦夷梅雨」というやつでしょうか。

来週末は「父の日」。
今週にギフトを用意する方も多いはず。
もしお父様がお酒好きならば、お酒のプレゼントはきっと喜ばれるはず。

道内で唯一、道北で唯一…そんな希少なお酒をたくさん扱っております。
是非、父の日のギフト選びにも当店をご用命ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

-------------

~創業87年の全国希少銘酒専門店~

酒正(株)土井商店

全国の希少な日本酒、本格焼酎やワインも取り扱っております。

毎週末、新着入荷の商品をブログにてお知らせしております。
LINEでも同じく商品をご案内しておりますので、是非ご登録ください。

また店頭販売だけでなく、地方発送も承っております。
お気軽にお問い合わせください(一部商品を除く)。

【お問い合わせ先】

〒078-8803 北海道旭川市緑が丘東3条1丁目12-4
株式会社 土井商店

TEL:0166-60-6066
FAX:0166-60-6077

テーマ:
いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。
四代目、土井優慶です。

先週土曜日には当店カウンターにて初の試み…「ワイン無料試飲会」を行いました。

おかげさまで100人近いお客様がご来店。
こんなにもワインのニーズがあったのかと、インポーター(輸入業者)の担当さんも私たちも、ただただ驚きました。

そんな私は急性咽頭炎で声が出なくなりお休み…ああ、情けない(涙)。

ご来店下さったお客様からは…

「土井さんが試飲会やるって聞いたからバスに乗ってきた」

「土井さんがやるなら美味しいワインが飲めるはず」

「普段はワイン飲まないけど、せっかくだから来ました」

…なんともありがたいお言葉ばかり。

私たちのお店はついつい「日本酒専門店」と思われがち。
このブログでもワインの登場回数が少ないので…でも実はワインも美味しいのがたくさんあるのです

是非、ご来店の際にはワイン売り場ものぞいてみてくださいね^^

あまり存在を知られていませんが…

【月間オススメワインもInstagramにて!】


月替わりで当店オススメワインをピックアップ。
消費税分だけ=8%OFFの特別価格にてお試しいただけます。
期間限定なので気になる方はお早めに。

Instagramにてこの「Montly PickUp」を紹介中。
是非、一度覗いてみてくださいね。

~現在のMonthly Pick Up~

5月16日より6月10日までの限定価格★
.
●赤ワイン ヴィンテージ違いの飲み比べ●.
シャトー デュドン キュヴェ ジャン バティスト デュドン〉.
2001年 3,024円→2,800円.
2003年 3,024円→2,800円.

熟成ボルドーワインを飲み比べ…造られた年が違うワインを飲み比べるのを「垂直試飲」と言います(今回は2002年が抜けてますが)。その年ごとの特徴や熟成感を試すための方法のこと…今回はインポーターより特別案内があったボルドーを2種、是非この機会にお試しください。

●白ワイン シャブリ飲み比べ●
〈プティ シャブリ 2,808円→2600円〉
〈シャブリ ラ・ピエレレ 3,024円→2800円

シャブリとは…ブルゴーニュ地方で造られる有名な白ワイン。ブルゴーニュ地方のシャブリ地区で造られた"シャルドネ"という白ぶどう品種を使ったワインを指す。「プティ」が付くと、いわばデイリーで楽しめる「シャブリ」と認識してOK。今回は「プティシャブリ」と「シャブリ」の2種がPick Upに登場。
.
●インポーター(輸入元) 今月のオススメ●
〈プリモ ロッソ ヴェネト 1,944円→1,800円〉
イタリアの高級ワイン『アマローネ』と同じスタイルで造った赤ワイン。採れた葡萄を陰干し、水分を飛ばす代わりに凝縮した味わいを得る。しかし仕込むときの葡萄の量がさらに必要になるため、金額も高くなってしまう…。一般的な『アマローネ』は4000円程度、同じ製法のワインが2000円以下ならオトク。

今回のMonthly Pick Upは6月10日まで、是非ともお試しあれ。




土井商店公式Instagramこちら

おかげさまでご登録1000人まであとちょっと!
普段ブログやFacebookでは掲載できないお酒のご案内など、不定期ですがアレコレ配信しております。

スマホをお持ちの方は是非Instagramをインストール!
そして… @doi_sake で検索!

ハッシュタグ「 #土井商店 」でも探せます!

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

さて、今日から6月。

まだ月初めなのであまりお酒が入ってきません…。
そのため、新着商品は4点…こんなにボリュームのない紹介は初めてです(苦笑)。

でもようやく明日から天気になってくるようです!
週末は25℃、月曜日には28℃近くまで気温も上昇、いやぁ嬉しい!

早く外で焼き肉したい。
キンキンに冷えたロゼワインを飲みたい。
庭先で"夏酒"とホルモンをチビチビ楽しみたい。

きっと今週末は焼き肉日和
是非、美味しい"夏酒"と一緒に楽しんでみてください。
「焼き肉に合う夏酒」をピックアップしてご紹介!

意外と合うんですよ、「肉」と「日本酒」^^b

急に暑くなり始めると一気に"夏酒"のニーズが増えて品薄になりますので、ご注意を。

また、今月紹介したお酒の在庫を一覧表にしております。

「買い忘れ」に「飲み忘れ」、「美味しかったアレをもう一度
」…などお酒のチェックにご利用いただければ幸いです。

平成30年5月入荷の季節商品の在庫一覧表(PDF版)

(画像版1)


(画像版2)


(画像版3 最後)


‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

そして6月は「父の日」もありますね^^
美瑛の時から皆様に好評をいただいておりますこのサービス、移転後も開催決定です

【父の日の準備もそろそろですね】


当店では「父の日ギフト」をお買い求めのお客様に"手書き風メッセージカード"を無料でお付けできます

普段はなかなか伝えられない感謝の気持ちを、大好きなお酒に添えて伝えてみませんか

6種のメッセージからお好きなものをお選びいただき、ご購入いただいたギフトにお付けできますので、お会計の際にお申し付けください。

普段はビールばかり飲んでいるお父さん。
もしかすると、ホントは日本酒が飲みたいのに我慢しているのかもしれません…。

当店では日本酒、焼酎、ワインなど全国のこだわりの酒蔵から直接仕入れたお酒を多数取り揃えております。

是非「父の日ギフト」にご用命ください。

【今週はこの4点しか入りませんでした…】



(写真左より)
■ 田酒(でんしゅ) "短稈渡船(たんかんわたりふね)" 純米吟醸
□ 青森県 西田酒造店
□ 皆様からお問い合わせを数多くいただく、青森県の人気酒。今年初めてリリースされたコチラは、昨年まで720mlサイズ2本セットで発売していた『純米大吟醸 山田穂&短稈渡船』のリニューアル版。あえて"純米大吟醸"にしなかったのは、あまり米を磨かずに、味わいのキレイさと旨みを表現できるようになったから、とのこと。本数がわずかなため、私たちも利き酒は出来ておらず味のコメントはできない。そろそろ準備を始めるころかと思うが、父の日用のギフトにしても、お酒に詳しいお父さんならば、これ以上ない最高のプレゼントにも。店頭販売のみ(お取り置き不可)、お一人様一本のみ購入可能。
□ 1.8Lのみ 4,104円

■ 亀齢(きれい) "チェック白" 純米 無濾過原酒
□ 広島県 亀齢酒造
□ このシンプルだけど印象的なデザインのこのお酒…常時お取引はないが、こうした特別醸造品が人気を博す『亀齢』の初リリース品。この印象的なチェックマークは「金」「銀」の2種が今までにリリースされてきたが、この「白」は初めて。今までに発売になったタイプとは印象が異なり、穏やかでわずかに果実感のあるもの、味わいはしっかりとしたもの…旨み、厚み、飲み応えも十分な辛口酒に仕上がっている。最近のライトな飲み口のものとは一線を画す味わい…その秘密は精米歩合80%と低精米によるもの。他の蔵ではまずこのクオリティの低精米酒にはならず、もっとイカつく雑味も多いイメージだが、この蔵は元々低精米のお酒で知名度を上げた蔵…なるほど、と納得してしまった。料理には濃い味の料理…照り焼き、角煮、味噌炒めのような家庭料理にも相性◎。驚くはこの低価格…これならば普段の晩酌で楽しんでも、財布も心もうれしいありがたい一本。
□ 1.8L 2,380円 / 720ml 1,230円

■ 新政(あらまさ) "亜麻猫&陽乃鳥(あまねこ ひのとり) なかどり"
□ 秋田県 新政酒造
□ 秋田県の人気酒『新政』のシリーズの中で、新たな日本酒の価値観を求めるための実験酒としてラインナップされている「プライベートラボ」シリーズの限定品。この2種は定番の「亜麻猫」と「陽乃鳥」の"なかどり"…つまり搾りのちょうど中間の部位のみを瓶詰めしたもの。品質が最も安定している希少な部位で、通常は搾りを分けたりせず全てMIXして瓶詰めするのだが、こういった採り方はよく高級酒に用いられる。前者は白麹を使って甘酸っぱい味わいを表現したもの、後者は"貴醸酒(きじょうしゅ)と呼ばれる、仕込みの際に「水」を加える過程で、あえて「日本酒」を投入することでデザートワインのような濃厚な甘みを表現した。それぞれ希少部位のみを瓶詰めしたことを物語るかのように、不織布に包まれたビンの首にはシリアルナンバー入りのタグが付けられている。
□ (亜麻猫なかどり) 720mlのみ 2,250円
□ (陽乃鳥なかどり) 720mlのみ 2,400円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。

【焼き肉を楽しむ傍らに…絶対コレです。】




(写真左より)
■ まんさくの花 "爽々酒(そうそうしゅ)" 純米吟醸 生原酒
□ 秋田県 日の丸醸造
□ シュワシュワ系で爽快な飲み口が外の焼き肉シーンにピッタリ…今年の『まんさくの花』の"夏酒"もやっぱり旨かった!サブタイトルにある"爽々酒"とは、"直汲み(じかぐみ)"と呼ばれる手法により、搾ったばかりのお酒に含まれるガスをそのまま封じ込めたことに由来。香りはラムネのようなスッキリとして爽やかなもの、口に含むとプチプチと舌の上で弾ける炭酸ガスが心地よい。きめ細かな刺激感は後入れのガスでは実現できないから、なお嬉しい。キュッと引き締まった旨み、爽快感のある酸味は青リンゴのようなほのかな果実感がある。720mlサイズはスクリューキャップなので問題ないが、1.8Lサイズはアルミ製のキャプシールをはがすと栓が飛ぶ恐れがあるため、開封時にはくれぐれも気を付けて。暑い日にしっかりと冷やしたこのお酒を、ちょっと大きめのグラスでガブガブ…やっぱりこちらも口当たりがいいので飲み過ぎ注意。
□ 1.8L 3,240円 / 720ml 1,728円

■ 天狗舞(てんぐまい) 超辛純米酒
□ 石川県 車多酒造
□ 焼き肉にあう"夏酒"といえばコレは欠かせない。石川県の『天狗舞』からは2種の夏酒がリリースされており、こちらはスカッと爽快な辛さで涼やかな味わいを表現した「超辛口」。香りはいたって穏やか、極端な華やかさはなく落ち着いた印象。口に含むとストレートな辛さと力強い旨みが舌の上にグッと広がり、インパクト十分。ドライでシャープな辛さは余韻まで続くも、あくまで爽快感を重視しておりキレよく消えてしまう。大辛口と言えど、ビリビリ来ずに米の旨みもきちんと感じられるのはさすが老舗蔵の技。キンキンに氷水で冷やして、焼き肉と合わせるのが最高に気持ち良い。肉の脂をスッと流し込んでしまう喉ごしも楽しめる…口当たりがよいので飲み過ぎ注意!
□ 1.8L 2,592円 / 720ml 1,296円

■ 賀茂金秀(かもきんしゅう) 辛口 夏純米
□ 広島県 金光酒造
□ 「夏」+「辛口」といえば、やはりこの『賀茂金秀』の夏の限定酒。毎年、私も外で焼き肉をするときには必ずコレを買ってしまう…一度飲んで旨さを知るとついついリピートしてしまう魅惑の辛口酒。広島県産の酒米"八反錦"を使って仕込んだもので、広島らしい味わいが楽しめる一本。爽やかな香りはどこか柑橘系のような爽やかさ、口に含むとわずかに溶け込んだガスの刺激感。そのガスの心地よさの中に、程よいボリューム感の旨みと辛さが感じられる。カチッとしていながらも滑らかでスッと馴染んむ余韻の柔らかさは軟水仕込みによるもの。味わいのしっかりとした焼き肉や焼き鳥、BBQのシーンなどには勿論ピッタリ合う。しっかり冷やすとキレが増すが、ちょっと冷たく感じるくらいが一番の飲み頃。
□ 1.8L 2,700円 / 720ml 1,350円

■ 天青(てんせい) "夏純米吟醸" 純米吟醸 熊本9号酵母
□ 神奈川県 熊澤酒造
□ 今でこそ当たり前のように"夏酒"という言葉があるが、この蔵が「軽やかで爽やかに楽しめる夏向けの酒を」と発売したのが元祖。名前の後ろに書いてある"熊本9号酵母"とは『香露(こうろ)』という銘柄を造る熊本の酒蔵から採取された日本酒用の酵母。爽やかな香りはしっとりとしたもので、僅かにラムネや青リンゴを連想するイメージ、最も特徴的なのはその味わいの柔らかさ…アルコール度数や旨みの濃度を巧みに調整し、全体を通して透明感と軽やかさが絶妙なバランス。余韻のキレもふっくら&しっとり。前回紹介した時にはサッパリした料理をおススメしたが、例えば程よく塩気を効かせた塩ホルモンをカリカリに焼いたものと一緒に頬張りたくなる。BBQの時の海鮮にもピッタリ。
□ 1.8L 2,970円 / 720ml 1,674円

■ 天吹(あまぶき) "夏色(なついろ)" 大吟醸
□ 佐賀県 天吹酒造
□ ちょっとイイお肉で楽しむ焼き肉なら、合わせるお酒もちょっぴり豪華に。こちらは『天吹』が夏に向けてリリースする限定品。夏らしいデザインのラベルと、さっぱりした味わいを表現するために醸造アルコールを添加して造る"大吟醸"でリリースする人気酒。香りはふわりと華やかさがあり、サラリと舌に流れ込むと同時に、キュッと舌を引き締める辛さと、果実系の酸味をまとった上品な旨みが一気に広がる。冷やし過ぎるとこのお酒の良さは引っ込んでしまう…ちょっと室温に戻りかけの方が、旨みが口いっぱいに広がり旨い。例えばサンチュのような包み菜で巻いたお肉に、ちょっと甘辛いタレをつけて…これを一口。想像しただけでよだれが止まらない(笑)。
□ 1.8L 3,456円 / 720ml 1,728円

■ 小左衛門(こざえもん) "夏吟(なつぎん)" 純米吟醸
□ 岐阜県 中島醸造
□ 辛さでもなく、スッキリ感でもない…しかし暑い夏を爽やかに過ごせるよう、毎年見事なバランス感覚の味わいでリリースされる『小左衛門』の夏酒。香りは穏やかだが甘みと酸味のある果実のよう、口に含むと柔らかさのある旨みがふわりと広がり、わずかに感じる辛さや酸味、軽やかに消える余韻とのバランスが見事。料理との相性はもちろんだが、単体でも楽しめてしまうほどのバランス感覚がすごい。濃すぎず薄すぎず…クドさは全く感じられず余韻も軽快なので、スイスイと飲めてしまう。タレ系の焼き肉の脂をサッと流し込むも良し、噛めば噛むほど味が出るホルモンと一緒に楽しむも良し、焼き野菜にシンプルなタレで楽しむも良し…それぞれのスタイルにマッチする懐の深さがこのお酒にはある。
□ 1.8L 3,294円 / 720ml 1,674円

■ オノロベラ ロサド
□ スペイン ロゼワイン
□ 毎年この時期に合わせて年一回だけ発売される人気のロゼワイン。先日当店のカウンターで開催した「ワイン試飲会」でも大人気だった一本。日本のロゼはなぜか甘口が多く、ぬるくなってくると味わいがぼやけてしまい、敬遠する方が多い。しかしこちらの本場のロゼは…キュッと引き締まった辛さと甘酸っぱい果実を思わせるハツラツとした味わいで、それこそ外で楽しむBBQに合わせても抜群の相性の良さを誇る。ラベルには女性なのか男性なのか…一目ではわからない横顔が描かれているが、性別を超えて愛されるワインをという思いが込められている(らしい?)。通常は赤・白の2種のラインナップ。赤ワインは映画の祭典、アカデミー賞の公式晩さん会ワインとしても採用された名品。当然だが、同じ生産者が造るこのワインもまた美味しい。キンキンに冷やしてそのまま飲んでも良し、日差しが照り付ける日中なら氷をガラガラと入れて「オンザロック」だってOK。ロゼをロックスタイルで…意外と美味しくてハマる。
□ 750mlのみ 1,728円

【暑い日にはサッパリしたものを欲しがります。】



(写真左より)
■ 来福(らいふく) 梨リキュール
□ 茨城県 来福酒造
□ 洋ナシを使ったお酒はたくさん種類もあるけれど、料理に合わせたり気軽に飲むにはちょっと甘すぎたりクドかったり…。特にこれからの時期、暑くなってくると甘さが強いものよりも、さっぱりとしたものが飲みたくなる…そんな時におススメできるのがこの和梨"幸水"を使ったお酒。香りは瑞々しく柔らかな甘みを連想する者、透明感のある甘みと梨をまるかじりしたようなジューシーさ。鼻先にツンとくる"お酒っぽさ"は微塵もなく、甘さもちょうどいいのでついつい飲んでしまう魅惑の果実酒。アルコール度数も低めの6度なので、焼き肉に合わせたり普段の晩酌に楽しんだりと、一本あると何かとうれしいオススメリキュール。
□ 720mlのみ 1,080円

■ 梅乃宿(うめのやど) あらごしみかん
□ 奈良県 梅乃宿酒造
□ 和リキュールのパイオニアといっても過言ではない奈良県、梅乃宿酒造のみかんのお酒。知らない世代もいると思うが"つぶつぶみかん"という缶ジュースが昔発売されていて…まさにそれをそのまんま"お酒"にしたイメージ。荒く濾して(あらごし)、みかんの果肉を残し、ツブツブとしてマイルドな酸味と甘みが楽しめる。小さめのグラスに注いで一口で…大人だけが楽しむことを許されたミカンジュース。冷やしてストレートで楽しんでほしい。飲み口がお酒っぽくないので、つい飲み過ぎます…注意。
□ 720mlのみ 1,512円

■ 梅乃宿(うめのやど) ゆず酒
□ 奈良県 梅乃宿酒造
□ 梅、ゆず、もも…に始まる"和リキュール"。一躍有名にしたのが、この『梅乃宿 ゆず酒』。北海道ではなじみの少ない果実である"ゆず"だが、その独特の酸味とほのかに残る苦み、そして爽やかな飲み口に魅了されるファン多数。とくにこの蔵のゆず酒は、しっかりと甘さを出しているために女性からの引き合いの多い人気の果実酒。これからの季節ならさっぱりした甘さ、酸味がギュッと詰まったこのお酒が、焼き肉でも暑い夜でも仲間内の飲み会でも、きっと活躍するはず。普段お酒を飲まない方でも、抵抗なく飲める美味しさも魅力である。今年は在庫ある分で終了、期間限定『クールゆず』も1.8Lサイズのみだが余裕あり。
□ 720mlのみ 1,512円

■ 東力士(あずまりきし) ゆず酒
□ 栃木県 島崎酒造
□ 当店の「ゆず酒」ベストセラーといえばコレ。500mlサイズで手土産にもちょうどよく、味わいも甘さ控えめでリーズナブルな価格と相まって、今なお人気の一本。蔵の日本酒をとゆず果汁を巧みにブレンドし、香りはサッパリと爽快感のある印象。口に含むと独特の酸味と苦味、極力ゆずの良さを生かすために添加する糖分も抑え気味にして、スッキリサッパリと心地よい飲み口に仕上げている。そのため、普段の食卓の料理に合わせたり、焼き肉など味わいの濃いものと合わせたりするときには抜群の相性を誇る一本。未体験の方は是非一度お試しいただきたい。
□ 500ml 823円

■ 東力士(あずまりきし) 梅酒
□ 栃木県 島崎酒造
□ こちらもまた当店ベストセラーの「梅酒」。たくさんの和リキュールが陳列されている中で、ひときわ目を引くのがやはりこのデザイン性の高いボトル。可愛らしいデザインなので、飲み終わった後も一輪挿しなどにしているお客様も多く、ちょっとしたプレゼントにしても喜ばれる。香りは梅酒らしく酸味を感じるもの、口に含むとキュッと舌の両脇を引き締めるような独特の酸っぱさ、甘みは強くもなく弱くもなく、逆にそのバランスの良さでいつまでも飽きずに飲める味わいに仕上がっている。クドさが無いので、素材の味わいを活かした料理を出す飲食店さんからも人気の梅酒。
□ 500ml 1,080円

※今回紹介した一部の「和リキュール」は店内のカウンターにてセルフで試飲できます。ご購入前にお試しいただけますので、ぜひともご賞味ください^^


【感謝の気持ちをお酒にこめて。】


(写真左より)
■ 久保田 純米大吟醸
□ 新潟県 朝日酒造
□ 父と子…その二世代で一本のお酒を楽しむなら、やっぱりコレは外せない。『久保田』といえばかつての日本酒ブームを牽引した銘酒の一つ、今50~70代の日本酒ファンが憧れた新潟の銘酒として名高い一本でもある。いまでこそ転売価格でスーパーに陳列されているが、この酒を探して酒屋巡りをするファンもいたほど。その蔵が数年ぶりにリリースした新商品で、この蔵らしさを継承しつつ、若い飲み手の味覚にもマッチするよう味わいを設計したもの。香りはあくまで上品に、スッとなじむ心地よい滑らかさと柔らかな舌触り。控えめでしっとりと広がる味わいや余韻のキレはやっぱり『久保田』。「父の日」に差し上げるプレゼント、きっと一緒にそのお酒を酌み交わす親子もいるはず。そんな時に思い出話と共に、このお酒を一口飲めば、きっと二人の会話も弾むはず。1.8Lサイズは残り僅か。
□ 1.8L 3,672円 / 720ml 1,696円

■ 出羽桜(でわざくら) "一路(いちろ)" 純米大吟醸
□ 山形県 出羽桜酒造
□ 限定品ながら、贈答品としても需要の高いお酒がこの『出羽桜 一路』である。なぜなら"ネーミング"が素晴らしい…一つの路(みち)を突き詰めることを意味する"一路"、一途に妻と子のために身を粉にして働いた父親に感謝の気持ちを伝えるアイテムとしては申し分ない名前。香りは純米大吟醸らしい華やかなもの、パッと口の中に広がる豊かな米のエキス、流れるような余韻が見事。華やかな味わいの中にも、ただ派手なのではなく気品や品格を感じられる逸品。一口飲めば特別なお酒であることが、ひしひしと伝わってくる。だからこそ「父の日ギフト」にふさわしい一本ともいえる。
□ 720mlのみ 3,024円

■ 鳳凰美田(ほうおうびでん) "別誂至高(べつあつらえしこう)" 大吟醸 原酒
□ 栃木県 小林酒造
□ 日本酒を造る酒蔵には一つの銘柄に対し、いくつかのランク分けされたラインナップが存在しており、お値ごろなものから高級なものまで様々。こちらは『鳳凰美田』の蔵から年1回だけ発売される限定品。G.W.直前に720mlサイズが入荷していたのだが、先月上旬に1.8Lサイズも追って入荷してきていた。蔵の最高級品だけあって、造りや原料も格別。酒米"山田錦"の名産地、兵庫県西脇地区の山田錦のみを100%使用、その中心部分だけを使う精米歩合35%、お酒に与えるダメージを最小限にするために、圧力をかけずに搾る"袋吊り"で搾られた。香りは艶やかかつ華やか、凝縮した米のエキス分が口に入った途端にスルスルと解けて、さざ波のように旨みが押し寄せる。なめらかで引っ掛かりのない飲み口と長い余韻は、まさにその名の通り"至高の逸品”である。もちろん贈答品は価格ではないが、珍しいものを差し上げたいのであればこんな選択肢もいいのかもしれない。
□ 1.8L 10,800円 / 720ml 5,400円

■ 醸し人九平次(かもしびとくへいじ) "彼の地(かのち)" 純米大吟醸 山田錦40
□ 愛知県 萬乗醸造
□ 愛知県でもっとも名を知られた蔵元である『醸し人九平次』。まるでワインを飲んでいるかのような上質な味わいが人気のお酒だが、特に異質な存在なのがこの「彼の地(かのち)」と銘打つお酒。紙のラベルが張られていないボトルには、直接彫金した豪華なデザイン。香りは上質でわずかに柑橘系のような爽やかさのあるもの、口に含むと引き締まった旨みと、それを彩るほのかな柑橘系の酸味。余韻も長く、一口飲むだけで特別なものであることがひしひしと伝わってくる。実は、ワインのように熟成(エイジング)を視野に入れた造りになっており、すぐに飲まなくともある程度年月を置いてから、熟成時間だけが成し得るまろやかさも楽しめる。せっかくもらったモノだからもったいなくて飲みたくない、というお父さんもいるなら、年月を経て開封する楽しみのあるお酒も面白いかもしれない。
□ 720mlのみ 3,980円

【意外と自分じゃ買えない"器"、父の日にも◎】

(写真右上)
■ LEHMANNレーマン Sakeグラス 和み(なごみ)
□ フランスのレーマングラス社が生み出す日本酒専用ワイングラス。もともとシャンパン愛好家から絶大な人気を誇るメーカーだったが、世界的な日本酒ブームから、日本酒専用のグラスの開発に着手。ワイングラスで日本酒を飲むと、すぼまったタマゴ型の形状により香りが滞留し、薄口のグラスからスムーズに流れ込む味わいと共に、より表情豊かに感じ取れる。グラスに描かれたロゴは下部に合わせれば90㏄、上部に合わせれば120ccと容量の目印にも。日本酒好きな方でもなかなか専用のグラスはもっていないもの…だからこそお酒好きへのプレゼントにはこれ以上ない逸品。父の日ギフトにもどうぞ(専用箱入)
□ 一個 1,296円

(写真左中&下)
■ 匠の蔵(たくみのくら) 日本酒グラス&焼酎グラス 有田焼
□ 一般的にお酒を飲む器をイメージするとガラス製のものをイメージしてしまうが、こちらは長い歴史の中で、日本の伝統工芸品として培われた"有田焼"で作られた酒器。日本酒グラスは「反り」と「丸」の二つの形状に分けられており、それぞれ大吟醸などの繊細な味わいのものや、純米酒のようなコクのあるタイプのものと、形状にもこだわりを持って造られている。一方、焼酎用グラスでは、焼酎が持つ独特の旨みやキレを120%発揮する器として設計。口の広さや口径の角度、そして対流を促すための底部の突起など細部までこだわって作られた逸品。デザイン・価格も様々なので選ぶ楽しみ、集める楽しみもある…まさに酒飲みのためのこだわりの酒器。専用カートン入りなのでギフトにも◎
□ 価格・デザインは店頭にてご確認を

(写真左上)
■ 八千代窯(やちよがま) 冷酒杯(れいしゅはい)
□ 国の伝統工芸品でもある"江戸硝子"によって生み出された冷酒用のグラス。熟練の江戸ガラス職人の手で丁寧に作られたハンドメイドの酒器。がっちりとした装丁の箱を開ければ、薄紙に包まれた中に見事なまでのグラス。重さやデザイン、そして見た目の華やかさ。手にした人にしか伝わらない特別感、深みのある藍色の表現、中に散りばめられた金箔の高級感など、使うのもためらってしまうほど。気軽に購入できる額ではないが、だからこそギフトとして頂いたときの高揚感は格別。ぜひとっておきのギフトに悩んだ時のチョイスに。
□ 一個(青) 4,320円
□ 一個(白) 3,996円

(写真右下)
■ うすはり大吟醸グラス
□ 日本酒用の専用グラス…と聞くと、知識の有る方ならまずこのグラスを思い浮かべるはず。見れば見るほど不思議な形をしたこのグラスは、電球用ガラスを製造していた老舗メーカーが"薄吹き"の技術を生かして開発したもの。シャープな飲み口で日本酒の繊細な味わいを捉え、底から延びる突起は"マドラー"の役目を担い、軽くグラスを傾けるたびに豊かな香りを堪能することができる。とくに香りの高いお酒…純米大吟醸や吟醸などに用いると、その計算されつくした設計と他のグラスでは決して真似できない洗練されたフォルムにただただ感服してしまう。こちらは贅沢にも"木箱"に入っており、特別感ある外装と機能的かつデザイン性のある中身とを合わせれば、これ以上ない最高のギフトとなるはず。
□ 一個 2,700円

以上です。

今回ご案内したお酒は、一部を除き、地方発送でもお買い求めいただけます。

地方発送ご希望のお客様はお電話(0166-60-6066)、もしくはFAX(0166-60-6077)にてご注文下さい。

地方発送はクロネコヤマト代引き便で発送。
道内送料1300円程度(代引き手数料含む)。
当日14時までのご注文で最短翌日到着可能です。
時間指定・日付指定も承りますのでご注文時にお申し付けください。

飲食店さまには仕入れ負担軽減のため、送料のお値引きが適用になりますので、是非本数をまとめてご注文下さい(詳細はお電話にて)。


あっという間に5月も終わり。
気が付くと、移転1周年まであと一か月…早い。

今週はお酒もほとんど入らずでしたが、きっと来週はドッサリ入荷するはず…いつもとのギャップが激しいですが、ご容赦ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

-------------

~創業87年の全国希少銘酒専門店~

酒正(株)土井商店

全国の希少な日本酒、本格焼酎やワインも取り扱っております。

毎週末、新着入荷の商品をブログにてお知らせしております。
LINEでも同じく商品をご案内しておりますので、是非ご登録ください。

また店頭販売だけでなく、地方発送も承っております。
お気軽にお問い合わせください(一部商品を除く)。

【お問い合わせ先】

〒078-8803 北海道旭川市緑が丘東3条1丁目12-4
株式会社 土井商店

TEL:0166-60-6066
FAX:0166-60-6077



テーマ:
いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。
四代目、土井優慶です。

日本酒って一見すると"敷居が高く"見えませんか???

難しそうだなぁ。
専門用語とかよくわからないしなぁ。
種類とかいろいろあってどれを買えばいいかわからないなぁ。

きっとそんな風に感じている人はたくさんいるはず。

もちろん詳しければ詳しいほど、面白いんですけどね。

でも、こういうことを酒屋が言うとマズいのかもしれないけど、きっともっと単純に「美味しけりゃいいや」でも全然良いと思ってるんです(笑)。

ついつい「日本酒は誇るべき文化だ!!」みたいな書き方をしてしまう、私たちの業界も良くないんですけど…。

たぶん「歴史」と「伝統」があるから、歌舞伎や能、狂言と同じくくりで見られてしまうんでしょうね。

でも歴史を紐解くと、元々は庶民の飲み物…嗜好品の一種ですから。

時代劇でもお酒を飲んで酔っぱらってるシーンってあるでしょう?

だから同列になるのは今でいう「マンガ」「音楽」「小説」「映画」…それらと全く同じだったのです。

しかし"ちゃんとした魅力"を伝えずにここまで来てしまった結果、酒蔵や酒屋もドンドン少なくなってしまいました。

大量生産品のビールやチューハイがもてはやされ、日本酒人気といいつつもまだまだ絶賛衰退中。

「伝統」や「歴史」という言葉を武器にして宣伝してしまうから、なおさら「近寄りがたいモノ」だと勘違いさせてしまうんでしょうね…。

カクテル「ジントニック」を飲むときに、これには歴史があって…なんて考えないですもんね(苦笑)。

確かにそういうコトも大切だし、実際日本酒は世界に誇れる発酵文化であることも間違いない事実です。


じゃあ日本酒の魅力ってなんでしょう?

いくら歴史を語って、伝統的な造り方を説明したって「感動」がなきゃなにも始まりません。

素晴らしい味わい=感動

本来、飲み物なので「美味しいか否か」が一番大切です。

けど、そういうお堅い部分を誇張しすぎて、消費者が敬遠することになったら全然意味がないんですよね。

もっと気軽に、身近に、カジュアルに楽しんでいいじゃないですか!!

「○○ってバンド、かっこいいよね」

「○○って作者のマンガ、なかなか面白いよ」

「○○って映画、もう感動して涙が止まらなかったよ」

そんな日常会話の中に

「○○ってお酒、あれホントに旨かったわ!」

「え、マジ!なら俺も飲んでみよう!どこに売ってる?」

…こんな風に話してもらえるようになったら、きっともっと楽しくなるのになぁ。

---------------------

だから、私たちは「創業の地を離れて移転」したんです。

「土井さんに行くことが特別だったからなぁ」とありがたいことに、そうお話しして下さったお客様もたくさんいらっしゃいました。

でも「あ、今日は日本酒でも飲むか!!」みたいに気軽でもっと日常にお酒を飲んでほしいのです。

お酒と美味しい料理。

別にご家庭の慣れ親しんだ手料理にだってちゃんと合います。和食だけじゃありません。洋食だってOKです。

お酒と仲間。

友人との宅飲みに一本持参するのだって◎。女子会にスパークリングの日本酒だって楽しいんです。

お酒とタイミング。

特別な時じゃなくたっていいじゃないですか。普段から飲めるリーズナブルなお酒だって色々あります。

お?

…そんな話を考えていたら、部活帰りだと思われる医大の学生さん方が悩みながら数本買って帰りました。

今日は女子会でもするのでしょうか?ずいぶんと楽しそうでしたよ^^

こんな光景が日常であってほしいし、そういうお客様がもっと増えてくれたらいいな、と願っております^^b

ウンチクや専門用語はそのあとでもOKです

難しく考えずに楽しんで!

…昔の偉い人は言いました。

「Don't think, feel .(考えるな、感じろ)」

なーんてね。

-------------------

さて、毎週恒例、今日のブログもなかなか盛りだくさんです。

今週のお酒の紹介の前に…

【今週末は??無料のアレです!!】


念願のワイン試飲会の開催がいよいよ今週末!

去年の秋には『まんさくの花』の試飲会を行い大変ご好評でしたが、今回は初の試み「ワインの無料試飲会」。

もう何十年も前からお取引いただいているワインの輸入元(インポーター)からアドバイザーとして鈴木歩美さんをお招きします。

…インポーターさんでも私たちみたいな酒類専門店での試飲会はないようで、面白くなりそうな予感。

「普段は日本酒!」
「ワインはなかなか飲む機会がない!」なんて方でもお気軽にご来店ください。

今回の試飲会のテーマは…初夏の『こんな日』に飲みたいワイン!!

Great Wine Great Time ~いいワインでいい時間を~

北海道もようやく少し暖かくなり、
「外でバーベキューがしたい!」
「夏の暑い日にすっきりとしたものを飲みたい!」
など夏らしい季節になってきます。

今回の試飲会では、そんな夏を最大限に楽しめるピッタリなワインをご紹介させていただきます!

普段自宅用にはなかなか買えない5000円クラスのワインも無料で試飲いただけます。

日時は5月26日(土)14~18時!

ご予約不要、お誘いあわせの上どうぞご来店ください^^

※未成年者・ドライバーさんはご遠慮ください。飲酒運転は法律で禁止されております。飲酒運転、ダメ、絶対!!

あくまで試飲ですので、酔う為の提供はいたしません。お客様の状況によっては試飲をお断りする場合もございます。


【夏といえば、この果物。】



(写真左より)
■ 東力士(あずまりきし) "酔夏(すいか)" 三種
□ 栃木県 島崎酒造
□ まず大体の方がラベルに強いインパクトを感じるはず…日本酒のラベルなのに「スイカ」が描かれているコチラは、昨年からリリースされている『東力士』の夏酒。今回は昨年もリリースされた2種に加え、新たに1種も加わったラインナップ。左より…「トロピカル純米」は熟した南国果実のような甘みを連想する香り、口に含むとフレッシュで瑞々しい味わいと軽快な飲み口。「純米おりがらみ生原酒」は今季初リリース、開封時注意の札がかけられているのは"オリ"を残した生酒のため、ビンの中で発酵がまだ進んでいるため。フレッシュでチリチリと爽快な舌触りが楽しめる。「純米吟醸」は栃木県産"ひとごこち"を使用、爽やかさを前面に押し出し、軽快かつ滑らかな飲み口が楽しめる。どれも720mlサイズのみの入荷、3種類並べて飲み比べるも良し。
□ トロピカル純米 720mlのみ 1,350円
□ 純米おりがらみ生原酒 720mlのみ 1,404円
□ 純米吟醸 720ml 1,620円


【原点回帰?やっぱりこの辛さが落ち着きます】



(写真左より)
■ 八海山(はっかいさん) 特別純米 生詰 原酒
□ 新潟県 (株)八海山
□ 前回臨時のブログ更新で入荷のお知らせをした『八海山』の夏季限定品。昔は「やっかいさん」とも皮肉を込めて揶揄されていた酒蔵だったが、様々な苦労を経て今の地位を築き上げた…意外にも苦労人な過去を持つ。こちらは発売から数年経つが、この時期発売になる"夏酒"として毎年好評な一本。定番では「純米吟醸」しか純米系をリリースしておらず、こちらは「特別純米」として発売される。香りは控えめで涼やか、口に含むと純米酒らしいコクとぽってりとして厚みのある飲み口。"原酒"らしい深みのある旨みは、程よい辛さと爽やかな余韻と絶妙なバランスを織りなしており、飲み応えもしっかりと感じられる。"濃い"と感じるならば、氷を一粒投入する「オンザロック」で楽しむのも◎。味わいの濃さの調節ができ、さらに飲みやすくスルスルと長く楽しめる。
□ 1.8L 3,337円 / 720ml 1,663円

■ 賀茂金秀(かもきんしゅう) 辛口 夏純米
□ 広島県 金光酒造
□ 広島の中では酒造りの規模は小さいながらも、類まれなるセンスで全国区の有名蔵元と肩を並べる『賀茂金秀』の夏の限定酒。ここ最近では『桜吹雪』をブログで紹介し、皆様からも大好評を頂いていた蔵元。毎年夏に合わせてリリースされるコチラは、広島県産の酒米"八反錦"を使って仕込んだもの。爽やかな香りはどこか柑橘系のような爽やかさを感じ、口に含むとわずかに溶け込んだガスの心地よさと程よいボリューム感の旨み。スッと馴染んでゆく余韻の柔らかさは、軟水で仕込む広島の酒らしい特徴もしっかりと感じられる。メリハリのはっきりした味わいは夏らしい料理、味わいのしっかりとした焼き肉や焼き鳥、BBQのシーンなどには勿論ピッタリ合う。価格的に見てもリーズナブルなので、普段の食卓に上がる料理とも色々合わせて楽しみたい。
□ 1.8L 2,700円 / 720ml 1,350円

■ 鍋島(なべしま) 辛口 特別純米60 東条産山田錦
□ 佐賀県 富久千代酒造
□ G.W.に皆様にご案内していた「五百万石 生」をお買い求めいただいたお客様から「鍋島ないの?」と毎日のようにお問い合わせを頂くのだが、なかなか入荷が無く私たちも待ちわびていたところにようやく入荷してきた限定品。今季初めてリリースされたものだが、蔵から届いた案内文を読むとなにやら「辛口」と「甘口」があるらしい!?しかし当店に入荷してきたのはこの「辛口」タイプのみ。入荷数量が非常に少なく、利き酒は出来ず。蔵元曰く「まだ固さが感じられるが、刺身などとの相性が良い」とのこと。自身の舌では確認できていないのが何とも残念なのだが、少し開封してから敢えて時間を置いたほうがよりふくよかな味わいが楽しめるのかもしれない。再入荷予定ないため、お早めに。店頭販売のみ(お取り置き不可)、お一人様1本のみ購入可能。
□ 1.8Lのみ 3,456円

■ うまからまんさく "爽々酒(そうそうしゅ)" 特別純米 生原酒
□ 秋田県 日の丸醸造
□ 当店の定番辛口酒『うまからまんさく』の夏バージョン。元々"旨くて辛い"をコンセプトに開発され、ただ辛さを求めるのではなく、しっかりと旨みを感じる味わいがすっかり人気商品に。コチラは"直汲"と呼ばれる手法で瓶詰めしており、お酒に溶け込んだガスをそのまま閉じ込めることに成功。夏らしい爽快感あふれるガス感が楽しめ、さらにコンセプトである辛さと旨み、爽快感と満足感の両方が楽しめる。日本酒だから和食…と気構えることなく、庭で楽しむ焼き肉や焼き鳥、BBQなど夏のシーンに合わせて楽しんでほしい。是非しっかり冷やして試してほしい。夏らしいお酒は楽しみたいけど、辛さを求める方にもオススメ。なお720mlサイズはスクリューキャップなので危険は少ないが、1.8Lサイズはアルミのキャップシールを切った途端に栓が飛ぶ恐れがあるため、くれぐれも注意をお願いしたい。
□ 1.8L 2,916円 / 720ml 1,458円

■ 竹泉(ちくせん) 超辛口 純米原酒 山田錦
□ 兵庫県 田治米
□ 久々の登場、兵庫県の『竹泉』より。当初は大辛口の純米酒として案内しようと考えていたのだが、ここ数日「梅酒用のお酒ってありませんか」と何度かお電話を頂いていて思い出した。こちらのお酒はアルコール度数20度と高く造られており、蔵元自らが"梅酒用にもオススメ"としている日本酒である。そのままで飲めば辛さと飲み応え、インパクトのある旨みが楽しめる…濃すぎると感じる方にはオンザロックでも◎。もしご自宅で自家製梅酒を漬けるならば、一般的なホワイトリカーではなく、こういった日本酒を使ってみるのも一興。純米酒ならではの旨みと梅のエキスが調和して、きっと見事な梅酒に生まれ変わるはず。この蔵からリリースされている純米梅酒(当店には未入荷)のベースにもなっているので、安心して使用できる。
□ 1.8Lのみ 3,240円


【スカッと爽快=シュワシュワ系】



(写真左より)
■ まんさくの花 "爽々酒(そうそうしゅ)" 純米吟醸 生原酒
□ 秋田県 日の丸醸造
□ 当店では人気No.1の実力派『まんさくの花』より毎年大好評の夏季限定酒。サブタイトルにある"爽々酒"と名が付けられた"夏酒"は2種類あるが、片方は辛口に重点を置いた「うまからまんさく 爽々酒」で、もう片方が辛さではなく爽快感のある飲み口に重点を置いたコレ。いずれも"直汲み(じかぐみ)"と呼ばれる手法で、搾ったばかりのお酒に含まれるガスをそのまま封じ込めた。香りは控えめながらもスッキリとして爽やか、口に含むとプチプチと舌の上で弾けるガスが心地よく、キュッと引き締まった旨みは暑い夏に爽快に楽しめる味わいに仕上がっている。発泡感もきめ細かく極端なものではないので、しっかり冷やして舌触りを楽しむのが◎。720mlサイズはスクリューキャップなので問題ないが、1.8Lサイズはアルミ製のキャップシールをはがすと栓が飛ぶ恐れがあるため、開封時にはくれぐれも気を付けて。
□ 1.8L 3,240円 / 720ml 1,728円

■ 三千盛(みちさかり) "アクティブスパークリング" 純米大吟醸 にごり 生
□ 岐阜県 (株)三千盛
□ ちょっと読み方に戸惑うお酒だが、当店では長い間辛口酒のベストセラーになっている「三千盛」の夏酒。シュワシュワ感が心地よい爽やかなスパークリングタイプの"にごり酒"。香りはラムネを彷彿とさせる爽やかさのあるもの、口に含むと甘さを極力控えたドライな味わいがストレートに流れ込み、余韻のキレまで続く。ガスの弾けるしい刺激感とドライな飲み口で、口の中もサッパリ。こういうタイプのお酒であれば、例えばスパークリングワインのように楽しんでもいいし、熱い夏の日にドボンと氷水に漬けて楽しんでもきっと美味しいはず。焼き肉やBBQのシーンに是非とも合わせてほしい。ビンによってガス感の強弱が若干異なるため、その点だけはご容赦いただきたい。コチラはスクリューキャップなので栓が飛ぶことはないが、吹き出す可能性が高いため、ビンについている注意書きをよく読んでから開封してほしい。
□ 720ml 1,620円 / 360ml 691円

■ 天吹(あまぶき) 純米吟醸 すぱーくりんぐ 生
□ 佐賀県 天吹酒造
□ 見た目から既に涼やかなラベルの『天吹』の活性タイプのお酒。これから暖かくなる季節に向けて、シュワシュワするタイプのお酒も皆様からお問い合わせが増えるので今年もしっかり確保。"瓶内二次発酵"…つまりシャンパンと同じ製法できめ細かなガスを十分にお酒に溶け込ませた。青い果実を思わせる爽やかな香り、口に含めばシュワッと心地よい刺激が広がり、オリによるミルキーな舌触りとが絶妙に交じり合う。やや辛口で、きっと脂っぽい料理と合わせたら最高だろうなーとつい飲みながら想像してしまう。こちらも開封時の注意書きが書かれた首掛けがされており、必ず内容をご確認いただいてから開封することをおススメする。
□ 720mlのみ 1,543円

■ 白老(はくろう) 純米吟醸 無濾過直汲生原酒 夢吟香
□ 愛知県 澤田酒造
□ またまた登場、土井商店のパワープッシュ。「白老」と書くが、「しらおい」ではなく「はくろう」と読む。何度もご案内して皆様から大好評…こちらもシュワッと系では外せないと思い、再度ご案内。このピンクのラベルのお酒の最も特徴的な部分は"直汲(じかぐみ)"らしい爽快感。何度か紹介しているが、この"直汲"というビン詰め方法ではお酒に溶け込んでいるガスをそのまま封じ込めることが可能。香りはスッキリとしてわずかに酸味のある果実系、口に含めばチリチリとしたガスが舌の上を刺激し、タイトに引き締まった旨みと柑橘系のような酸味がとにかく爽やか。甘味、酸味のバランスが素晴らしく、結局こういうお酒がついつい飲みたくなってしまう。モヒートやジントニック、グレープフルーツソーダのようなさっぱり爽快なイメージがあるので、塩系の焼き鳥、焼き肉。逆にさっぱりとした漬け物や刺身でも◎。『澤屋まつもと 守破離』『鍋島 五百万石 純米吟醸』などが好きな方なら"ドハマり"するはず。
□ 1.8L 3,240円 / 720mlは完売

■ 新政(あらまさ) 亜麻猫スパーク(あまねこすぱーく) 白麹仕込み活性純米
□ 秋田県 新政酒造
□ 人気の『新政』の実験酒としてのラインナップである「プライベートラボ」シリーズより。数ヶ月前の入荷分から価格改定。コチラは"白麹(しろこうじ)"と呼ばれる麹を使用して、日本酒にはなかった独特の酸味を表現したチャレンジ的一本。しかも、先ほども紹介した"瓶内二次発酵"と呼ばれる製法…シャンパンのようなきめ細かいガスが溶け込んでいる。ちなみに後からガスを吹き込む製法もあるが、ガス圧や泡の程度はやはり前者のほうが勝っている。もともと甘酸っぱいニュアンスを目指した「亜麻猫」のガス感ありタイプで、洋食のド定番であるトマトソースやオリーブオイルを使った料理だけでなく、ハーブやスパイスのような一見すると日本酒とは合わなさそうな個性的なもの相性が試せることに驚く。開封時はしっかり冷やして、スクリューキャップを何度も開け閉めしてガスを抜かないと吹き出て中身が無くなってしまうので注意(首に掛かっている注意書きを必ず読んでほしい)。同時に「亜麻猫 720ml 1,750円」も在庫あり。
□ 720mlのみ 2,000円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。


【爽やかなだけじゃない、無骨さだって魅力です。】



(写真左より)
■ 龍力(たつりき) ドラゴンシリーズ 夏純米
□ 兵庫県 本田商店
□ 今年に入ってからお取引スタートしている『龍力』の夏限定酒、当店では初入荷。芯のある味わいの『龍力』だが、コチラの"夏酒"はいつもの味わいとは少し表情の違うテイストに。酒米にはご存知の方は少ないと思うが、兵庫県産"神力(しんりき)"を使用。穏やかだが爽やかでいつもより華やかな印象のある香り、口に含むと芯のある旨みはそのままに、心地よい酸味でキュッと引き締めた爽快な飲み口。余韻のキレもよく、キンキンに冷やしてそのまま楽しむも良し。飲み口がしっかりしているのでオンザロックで少し調整しても旨い。米が持つ本来の旨みを大切にする蔵元だからこそ、他の蔵ではなかなか味わい得ない、しっかり&さっぱり系の"夏酒"なのが嬉しい。
□ 1.8L 3,024円 / 720ml 1,512円

■ まんさくの花 "かち割りまんさく" 吟醸 原酒
□ 秋田県 日の丸醸造
□ 当店人気No.1、秋田の『まんさくの花』の夏の人気酒で、毎回酒屋さんからの注文が殺到し、あっという間に蔵元完売になってしまうのがコチラ。お客様からも「まだ入らないの?」とよくお声掛けを頂いているが、お祭りのかき氷屋さんののれんのようなポップなラベル…醸造アルコールを添加して造る"吟醸酒"で、水を加えてアルコール度数を調整しない"原酒"。コンセプトは「オンザロックで美味しい日本酒」…だから「かち割り」。そのまま飲めば、パンチのあるしっかりした味わいのお酒なのだが、ロックアイスをゴロンと浮かべて楽しむスタイルがオススメ。香りは爽やか、氷を入れることで程よくマイルドな辛さと旨みの濃さに整い、スッキリ爽快な飲み口が楽しめる。こちらは是非味の濃い料理と…パンチのある料理にも負けない味わいが楽しめる。氷をぎっしり入れたグラスにこのお酒を注いで、焼き肉を頬張る…きっと最高の夏スタイルになるに違いない。
□ 1.8L 2,592円 / 720ml 1,350円

■ 竹泉(ちくせん) "夏吟(なつぎん)" 純米吟醸 和田山雄町(わだやまおまち)
□ 兵庫県 田治米
□ 米どころである兵庫県の酒蔵、通常は数年熟成させたものを商品化してリリースすることの多い蔵だが、こちらの"夏酒"は夏向けの味わいにアレンジしたもの。酒米には契約栽培をお願いしている"雄町"を使用。旨みたっぷりに仕上げた原酒に加水して、軽やかさを表現するためにアルコール14度まで下げ、蔵内熟成で味わいを落ち着かせた。香りは落ち着いたもの、口に含むとキレの良さが存分に生きた辛口、しかしアルコール度数を下げている分、柔らかな飲み口でじんわりと暑さに疲れた体に染み渡る。しっかり冷やして飲むのもキレが増して美味しいが、このお酒の良さを100%楽しむならばやや冷え~常温がベスト。開封後も徐々に旨みが開いてくるので、時間をかけて楽しんでほしい一本。
□ 1.8L 3,240円 / 720ml 1,728円


【今年の夏はコレをヘビロテ。】



(写真左より)
■ 土佐しらぎく 涼み純米吟醸
□ 高知県 仙頭酒造
□ 高知県『土佐しらぎく』の夏の限定品。この蔵が発売する"夏酒"には2種類あり、どちらも毎年大好評。一方は「微発泡」というガス感の心地よいタイプ…こちらは入荷までもう少し時間がかかりそう。もう片方がこの「涼み純米吟醸」で、フレッシュな味わいに爽快感を求めたもの。特筆すべきはその類まれなバランス…香りはハツラツとして爽快感を感じ、芯のある旨みは透明感をまとい、ふわっと広がる味わいに続く余韻は滑らか、かつ軽やか。辛さだけでもなく瑞々しさだけでもない…飲み手の満足感を優先させたようなバランス型の"夏酒"に仕上がっている。高知らしくカツオのタタキや干物に大根おろしを添えて楽しむも良し、酢の物やマリネ、冷製サラダにも◎。しっかり冷やして清々しさを、少し温度が上がってくると程よい旨みを楽しめる。また価格も比較的リーズナブルなので、晩酌用に毎日楽しんだとしても満足度が高い。
□ 1.8L 2,980円 / 720ml 1,522円

■ 常山(じょうざん) "ひとつ火 蛍(ほたる)" 純米吟醸
□ 福井県 常山酒造
□ 最近はなかなか他の銘柄に埋もれてしまって紹介するタイミングがないのだが、意外なことに古くから当店とお取引のある福井の『常山』の夏の限定酒。四季に合わせて"ひとつ火"と名付けたシリーズが発売になっており、夏バージョンは"蛍"と名付けられている。ちなみに後継者である常山晋平氏が蔵に戻ってから、しっかりとした辛口酒から軽快さを主体とした味わいへとシフト…若い感性と伝統が見事に融合し始めている。こちらは契約栽培の酒米"美山錦"を使用したもの。彼の表現する"夏酒"は香り爽やかに、口に含むとぱっと広がる軽やかな旨み、スッキリとしつつも爽快感を感じる余韻。飲み込んだ後もフワリと後引く旨さがあり、ほのかな辛さが脇を引き締める。夏といえば味の濃いものに走ってしまいがちで、お酒も併せようとすると濃厚なタイプになりがち。しかし、こういう軽快&爽快なタイプのお酒はそんな濃い味をリセットしてくれる貴重な存在になりそう。
□ 1.8L 3,132円 / 720ml 1,566円

■ 奈良萬(ならまん) 純米 生貯蔵酒(なまちょぞうしゅ)
□ 福島県 夢心酒造
□ 近年の酒質の向上から日本酒ファンに注目されている福島の日本酒。こちらは安定した堅実な造り、そして食事によく合う味わいが人気の『奈良萬』の夏の限定酒が到着。"生貯蔵"とは生の状態で貯蔵し、出荷前に一度火入れするもの(簡単にいえば、熱いお湯のプールにビンごとドボンと漬ける方法で酵母や酵素の働きを止めてしまうこと)。"夏酒"といえば軒並み爽快な飲み口のものが多いが、こちらはあくまでも自身の目指す"食中酒"として穏やかに仕上げた。辛さで爽やかさを主張せずに、まろやかな旨み、柔らかくほのかに爽やかな酸味を感じる余韻。食事の邪魔をせず、しかし料理によってお酒の味わいも際立ち、互いを引き立てるもの。料理にはサッパリ系の料理…旬の野菜のマリネ、白身魚のカルパッチョ、ささみの梅肉和えなどに合いそう。
□ 1.8L 2,808円 / 720ml 1,404円

■ 天吹(あまぶき) "夏に恋する特別純米" 特別純米 生酒
□ 佐賀県 天吹酒造
□ 花酵母を巧みに使い分けることで様々な味わいを表現する『天吹』の限定品。夏に向けて楽しんでほしいと、今年初めて発売となった"夏酒"。ユニークなネーミングとラベルも印象的だが、味わいも他の夏酒とは一味違ったコンセプトで生まれた。「夏は冷酒で辛口を」…つまり、シャキッとした辛さで爽やかさを表現…そのため甘みはほぼ感じられないスッキリ系辛口酒になっている。しかし辛いのだけど「素っ辛く」は感じられない…秘密は蔵で使用している仕込み水が"軟水"であるため、口当たりが柔らかに仕上がっている。余韻のキレ、スッキリとした中に感じられる程よいボリュームの旨み。甘辛自由自在に作り分けられる技術があるからこそ、こういうバランス感覚抜群のお酒が造れるのであろうと、一人で納得してしまった。ここまでしっかり辛さが表現されているならば、料理との相性も濃淡考えずにあれこれ試してみたくなる。
□ 1.8L 2,916円 / 720ml 1,458円


【たまにはこんな酒もいいかも?】



(写真左より)
■ 若蔵(わかぞう) "KURA Challenge(くらちゃれんじ) 2018" 純米 生酒
□ 北海道 高砂酒造
□ 北海道旭川市…私たちの地元にある酒蔵で『一夜雫』や『国士無双』の名で知られる銘酒蔵の限定品。一昨年頃から"若手社員による酒造り"と称して取り組みを続け、昨年もメディアで話題になっていた限定品。若い蔵人が造る=若蔵(わかぞう)というネーミング。昨年は甘みと酸味と重視、ライトな飲み口で洋食との相性を求めた低アルコールタイプ。今年は昨年よりも「爽やかさ」を重視したそう。香りは柑橘系の果実を思わせる爽やかなもの、口に含むとやや甘口ながらも軽快に広がる酸味がキュッと甘みを引き締め、バランスが良くまとまっている。甘みや酸味だけが突出した印象はなく、普段日本酒を飲みなれない方でもこういうタイプならスムーズに飲めそうな予感。やはり若手が酒造りに加わると、それぞれの世代の求めている味わいが巧みに表現出来て面白い。そんなことを感じる一本。
□ 1.8L 2,700円 / 720ml 1,404円

■ 亀泉(かめいずみ) "CEL-24(せる24)" 純米吟醸 生原酒
□ 高知県 亀泉酒造
□ お酒のデータが羅列されただけの斬新なラベルのこのお酒は、デザインだけでなくその味わいも特徴的でリピートの多い一本。「お米のジュース?」というほどに米のエキスが濃厚に溶け込んだ味わいで、甘味と酸味が織りなすジューシーな飲み口は、滅多に日本酒を飲まない方や若い方からも大好評。サブタイトル「CEL-24」とは高知県で開発された酵母の一種…いわばコードネームみたいなもので、この酵母を使用するとリンゴやパイナップルのような爽やかでフルーティな香りが表現できることにある。私が店に戻った10年近く前から存在しているが、この不思議なテイストにハマる方は案外多い。当店にとって「元祖甘酸っぱいお酒」でもあるが、前出の『若蔵』ともどこか共通する味わいのある一本なので、改めてご案内。
□ 1.8L 3,350円 / 720ml 1,675円

■ 新政(あらまさ) "陽乃鳥(ひのとり)" 貴醸酒(きじょうしゅ)
□ 秋田県 新政酒造
□ こちらは『新政』の実験酒的作品のラインナップになる「プライベートラボ」シリーズの一つ。通常、日本酒は「米・米麹・水」を原材料として造られるが、その「水」を「日本酒」に置き換えて仕込む製法がある。これを"貴醸酒(きじょうしゅ)"と呼び、酒が再度発酵されて濃厚な甘みを持った酒となる。『新政』の貴醸酒は古い文献を読み解き、平安時代に確立されたと言われるレシピを現代風にアレンジ。まるで極甘口のドイツワインにも似た味わい。独特の甘さは食後のデザートと合わせても面白い。これを食事のときにずっと楽しむことはなかなか考えられないのだが、アレコレ気にしないで仲間と楽しむ宅飲みや女子会シーンでは、むしろ魅力たっぷりのその味わいに惹かれる方もたくさんいるはず。
□ 720ml 1,900円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。


【でも毎日飲むなら、こういうのがいいよね。】



(写真左より)
■ 神心(かみこころ) "自耕自醸(じこうじじょう)" 純米 雄町
□ 岡山県 嘉美心酒造
□ 今年に入ってからいくつかの蔵元とご縁があり、お取引がスタートしているがアレコレと紹介してきた中で酒歴の長い方から特に好評なのが実はこの『神心』である。元々は日本名門酒会という販売グループで『嘉美心』という銘柄で知られていたが、私たちのような専門店向けに『神心』という銘柄を立ち上げた。現在は全国で40件ほどの専門店のみが取り扱いしているので、非常に珍しい銘柄の一つ。こちらは蔵の営業さんが発売前から"自信作"だと太鼓判を押しており、私たちも待ちわびていた限定品。サブタイトルにある"自耕自醸"の名の通り、蔵元が農家と共同栽培した酒米"雄町"を使用。香りは控えめで穏やかなもの、口に含むとわずかなガス感が舌の上でプチプチと弾け、トロリと粘度のある甘味がゆっくりと広がってゆく。そのふくよかな味わいはまさに"雄町"の特徴をよくとらえており、長い余韻の中でさざ波のように広がってゆく。非常に完成度の高い仕上がり。初心者よりも少し飲みなれた方向けだが、こういう味わいのものこそゆっくりと時間をかけて楽しんでほしい…そんな一本。
□ 1.8L 2,938円 / 720ml 1,469円

■ 賀茂泉(かもいずみ) 純米 千本錦(せんぼんにしき)
□ 広島県 賀茂泉酒造
□ こちらは当店初登場、広島では名の通った酒蔵からとあるご縁でご紹介いただいたお酒が入荷。潔いほどにシンプルな紫のラベルには、蔵のエンブレムが一つ。コチラのお酒は広島でよく使われている酒米"千本錦"を使用。香りは落ち着いて穏やかなもの、決して派手なタイプではないがシャープで輪郭のはっきりとした旨み、広島の酒らしい柔らかな質感、スッと喉の奥に消えるキレイな余韻。派手じゃないことこそが個性ともいわんばかりの味わいだが、香りでも華やかさでもない"落ち着き"という名の魅力がひしひしと伝わってくる一本。蔵元がいう「控えめな酒質にしているのは和やかな食卓をそっと彩る…そんなお酒でありたい」という主張は確かにこの一滴一滴に息づいている。それこそ普段の食卓に一本、こういうタイプがあると酒飲みは嬉しいんだよなぁ…そんなことを考えながら飲んでいるうちにみるみる酒が進んでしまう。説明よりも、実体験をもって"食中酒"とするタイプのお酒に久々に出会った。
□ 1.8L 3,024円 / 720ml 1,512円

■ まんさくの花 "巡米シリーズ 愛山(あいやま)" 純米吟醸
□ 秋田県 日の丸醸造
□ 昨年7月から隔月でリリースされていた"巡米シリーズ"もついに最終章…リリースするたびに酒米のみがチェンジ、精米歩合や酵母などは一切変えずに仕込むため、酒米の違いによる味わいの違いが楽しめるというコンセプトに生み出されている限定品。5月分は近年じわじわと名前が知られてきた注目の酒米"愛山"を使用。"愛山"というと、他の蔵元では比較的華やかなタイプのお酒を造るイメージがあるのだが、こちらは一味違った印象。香りは穏やかでほのかに香る程度、口に含むと端正で整った飲み口の中に、キュッと締まった上品な旨み。余韻に感じる酸味もきめ細かなもので、旨みに薄化粧を施しているかの如く。派手な"愛山"のお酒は数あれど、こういうおしとやかな印象の"愛山"はまさにこの蔵らしい…雪国美人のような奥ゆかしさが感じられる。派手さがない分、普段の食卓から品格のある和食まで全般に相性良く合わせられるのも魅力の一つ。冷え切っているよりもやや室温に馴染んできた頃の方が好印象。
□ 1.8L 3,564円 / 720ml 1,901円

■ 百十郎(ひゃくじゅうろう) "キュベ・ジャポン 紅(くれない)" 純米吟醸
□ 岐阜県 林本店
□ 歌舞伎のラベルで皆様の記憶にもとどまっているであろう『百十郎』だが、こちらのちぎり絵風のラベルも実は『百十郎』…とあるご縁で取引スタートしている別注品である。何度かこのラベルデザインの「キュベ・ジャポン」というシリーズを仕入れているが、実はこのシリーズ…「萌黄」「浅葱」、そしてこの定番の「紅」という3アイテムで構成されている。こちらは定番としてリリースされているため、安定した味わいを目指し"火入れ"した状態。酒米には"五百万石"を使用。香りは穏やかな中に爽やかな印象、温度が上がってくるとわずかに瑞々しい果実のような印象もある。口に含むと軽やかですっきりとした味わいの中に、引きしまったタイトな旨みが感じられる。余韻に感じられる酸味も爽やかなもので、適度な軽さのおかげでバランスの整った飲み口に仕上がっている。出汁を活かした料理や刺身、旬の野菜の天ぷら…素材を生かす味わいの料理に合いそう。『百十郎』ファンの方でもつい見逃してしまうこのラベル…未体験ならば是非試していただきたい一本。
□ 1.8L 3,240円 / 720ml 1,680円


【今年は何をあげようか…。】



(写真左より)
■ 鳳凰美田(ほうおうびでん) "秋田流生もと(あきたりゅうきもと)" 純米吟醸
□ 栃木県 小林酒造
□ <スタッフが写真撮り忘れました…スイマセン>華やかな味わいで移転後にさらに人気上昇の『鳳凰美田』より。昨年は新店舗オープン直後に蔵から特別案内をもらった限定品が再入荷。"秋田流生もと"とは、前回のブログでは『まんさくの花』でも同じ製法をしたものがあったが、プロペラ付きのドリルで米をすりつぶす"生もと造り"のこと。原料には岡山県産の酒米"雄町"を使用。封を切った途端に漂う華やかな香り、ジューシーでふくよかな旨味は"雄町"らしい特徴的なもの。昔ながらの"生もと"にありがちな厚ぼったい酸は無く、むしろ南国のフルーツのような果実感すら感じるほど完成度が高い。日本酒を飲みなれていないビギナーでも、色々と味わった玄人でも十二分に楽しんでいただける味わい。父の日がだんだん近づいてきており、こういうちょっぴり珍しいお酒をギフトにするのもきっと喜ぶに違いない。入荷本数少ないため、お早めに。また先週ご案内の『ワインセル』も若干だが在庫あり
□ 1.8Lのみ 3,672円

■ 久保田 純米大吟醸
□ 新潟県 朝日酒造
□ 数年ぶりの新商品として昨年までは年2回発売とされていた限定酒だったが、今年から新たな日本酒のファンを開拓すべく、通年販売となったお酒の6月分が到着。『久保田』といえばかつての日本酒ブームを牽引した銘酒の一つ。この蔵らしさを継承しつつ、若い飲み手の味覚にもマッチするよう味わいを設計。香りはあくまで上品に、スッとなじむ心地よい滑らかさと柔らかな舌触り。ボリューム感の控えめさや余韻のキレはあくまで『久保田』らしく、品格のある洗練されたもの。「父の日」が近づいてきたので、お酒好きのお父さんへのギフトとしても◎。知名度としても抜群なので、様々なギフトとして申し分ない逸品でもある。
□ 1.8L 3,672円 / 720ml 1,696円

■ 田酒(でんしゅ) "百四拾(ひゃくよんじゅう)" 純米大吟醸
□ 青森県 西田酒造店
□ 前回のブログ後に緊急入荷、急きょ臨時でお知らせしていた『田酒』の限定品。おかげさまで1.8Lサイズはあっという間に完売してしまったが、720mlサイズが追って入荷してきた。年一回この時期に発売される限定品で、青森県の開発した酒米"華想い"を使用、"百四拾"とはその開発段階での品種名である。毎年入荷してくるも、皆様にお知らせしてすぐに完売してしまうので利き酒は数年来できておらず。お一人様1本のみ購入可能、店頭販売のみ(取り置き不可)。お酒に詳しいお父さんへのギフトとしても最高の一本になるはず。また毎月入荷してくる『田酒 特別純米 720ml 1,469円』も残り少ないながらもまだ在庫あり(こちらも本数制限あり、店頭販売のみ)。
□ 1.8Lは完売 / 720ml 2,726円

■ 新政(あらまさ) No.6 X-type Essence(ナンバーシックス エックスタイプ エッセンス)
□ 秋田県 新政酒造
□ 言わずもがなの人気酒、秋田県の『新政』の一番人気シリーズ「No.6」の限定品。毎月3種の「No.6」が入荷してくるが、こちらはその最上級酒である"X-type”の希少な"無圧取り"バージョン…通常はもろみ(酒と酒粕が混じった状態)を圧力をかけて絞り分離するのだが、こちらは圧力をかけない状態で搾られたものだけを瓶詰め。圧力をかけないで採ると、雑味が無くその酒本来の味わいがそのまま抽出できるため、大変な労力と時間をかけてよく高級酒を絞る際に用いられる手法。その希少性を証するかのように、ビンの首にシリアルナンバー入りのタグが付けられている。何も知らされずに飲めば、日本酒ではない何か…白ワインのようなものを飲んでいるかと錯覚するほどにピュアで上品な味わい。こちらも蔵のご厚意で少量分けていただけた(生産数量的にすべての酒屋に案内されているものではないらしい)。是非とっておきのギフトに…"生酒"なので差し上げるまでは冷蔵庫で保管するのが◎。
□ 740mlのみ 4,000円

■ 新政(あらまさ) 瑠璃(ラピスラズリ) なかどり
□ 秋田県 新政酒造
□ 同じく人気の『新政』からリリースされるシリーズで、酒米の違いを色合いで表現した「カラーシリーズ」の限定品。定番『ラピスラズリ』の"なかどり"と呼ばれる部分だけを瓶詰めした希少品…うっすらとビンが透けて見える不織布の中には、生産本数の希少さを物語るシリアルナンバー入りのタグが付いている。"なかどり"とはお酒を搾る過程で、出口から出てくるお酒をタイミングによって三つに分類した真ん中の部位のこと。味わいが最も安定しており、高級酒によく使われる。もともと通常版の「ラピスラズリ」は白ワインのようで甘酸っぱい印象のあるが、こちらは角の取れた酸味と甘みのバランスがよく、非常にまろやかな飲み口に仕上がっている。
□ 720mlのみ 2,360円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。

以上です。

今回ご案内したお酒は、一部を除き、地方発送でもお買い求めいただけます。

地方発送ご希望のお客様はお電話(0166-60-6066)、もしくはFAX(0166-60-6077)にてご注文下さい。

地方発送はクロネコヤマト代引き便で発送。
道内送料1300円程度(代引き手数料含む)。
当日14時までのご注文で最短翌日到着可能です。
時間指定・日付指定も承りますのでご注文時にお申し付けください。

飲食店さまには仕入れ負担軽減のため、送料のお値引きが適用になりますので、是非本数をまとめてご注文下さい(詳細はお電話にて)。

-------------------

明日はアチコチで運動会。
なにやら天気が怪しいですが、どうにかこらえてもらいたい。

昼間は子供の成長を家族で見届け、夜はほっこり家族で団らん。
そのかたわらには"美味しいお酒"の存在も忘れないでくださいね?

今週末も美味しいお酒でゆっくりとお過ごしください。
どうぞよろしくお願いいたします。

-------------

~創業87年の全国希少銘酒専門店~

酒正(株)土井商店

全国の希少な日本酒、本格焼酎やワインも取り扱っております。

毎週末、新着入荷の商品をブログにてお知らせしております。
LINEでも同じく商品をご案内しておりますので、是非ご登録ください。

また店頭販売だけでなく、地方発送も承っております。
お気軽にお問い合わせください(一部商品を除く)。

【お問い合わせ先】

〒078-8803 北海道旭川市緑が丘東3条1丁目12-4
株式会社 土井商店

TEL:0166-60-6066
FAX:0166-60-6077



テーマ:
いつも当店のブログをご覧いただきありがとうございます。
四代目、土井優慶です。

先週金曜のお昼頃にブログ更新。
すでに本州の蔵元さんからは「夏酒」が入荷してきているため、それを織り交ぜながら紹介したのですが…、全く売れません…(涙)。

昨日の最高気温は13℃。
4月中旬並みの気温、夜はヒト桁まで下がる。
そして雨も降るし、肌寒いし。

夜には峠で雪が降る。

そりゃ売れないわけですよ。

北海道では桜が散って、ようやく少しずつ暖かくなってくる頃…まだまだ春真っ盛り!
でも肌寒い日も多いのが、ここ北海道の天気。

なのに、酒屋さんにはズラッと「夏酒」(笑)。

北海道で酒屋をやっている以上どうしようもないのですが、毎年この"ギャップ"に苦しみっぱなしです。

まだ肌寒い中、爽やかなお酒を飲む。
…いや、飲まないですよねぇ…。

早く暖かくなってほしいなぁ、と私たち酒屋の切実な願いです。

さて、先ほどアレコレ緊急入荷。
店内が混雑しているので写真は撮れませんでしたが、ザっと皆様にお知らせです。

【緊急入荷のお酒です。】

■ 田酒(でんしゅ) "百四拾(ひゃくよんじゅう)" 純米大吟醸

□ 青森県 西田酒造店
□ 年一回、人気の青森の『田酒』の限定品。県の酒米"華想い"を使用。まだ1.8Lサイズしか入荷しておらず。お一人様1本のみ購入可能、店頭販売のみ(取り置き不可)
□ 1.8L 5,452円のみ

■ 新政(あらまさ) No.6 R-type Essence(ナンバーシックス アールタイプ エッセンス)

□ 秋田県 新政酒造
□ 秋田の人気酒『新政』の一番人気シリーズ「No.6」の限定品。通常の"R-type”を絞る際に、圧力をかけずに搾った"無圧取り"のみを瓶詰めしたもの=Essence。希少性が高く、それを称する証にビンの首にはシリアルナンバーの入ったタグが付けられている。
□ 720mlのみ 2,000円

■ 新政(あらまさ) 天鷲絨(ヴィリジアン)

□ 秋田県 新政酒造
□ 同じく秋田県『新政』の酒米違いをラインナップとした「カラーシリーズ」の上位酒。秋田県産"美郷錦(みさとにしき)"を使った逸品。ボリューム感ある濃厚な味わい。
□ 720mlのみ 3,500円

■ 新政(あらまさ) 天鷲絨(ヴィリジアン) なかどり

□ 秋田県 新政酒造
□ 上記の『新政 ヴィリジアン』の限定品。お酒を絞る過程のちょうど中間部分は"なかどり"と呼ばれ、もっとも味わいが安定し、バランスの整った部位のみを瓶詰めした。こちらも希少性を証するシリアルナンバー付のタグが封入。
□ 720mlのみ 4,500円

※ 『新政』は大変な人気商品ですが、ある程度の入荷数量が見込めるため「お一人様併せて2本まで」。ただし「No.6」をはじめ、数量が少ない限定品に関しては、その種類だけは1本とさせていただきます。地方発送不可、お取り置き不可。

■ 八海山 特別純米 原酒
□ 新潟県 (株)八海山
□ 毎年大好評の『八海山』の夏季限定酒。つい濃い味の料理を食べてしまうからこそ、濃い味のお酒に合わせたくなる。一粒氷をいれたロックスタイルも意外に旨い!
□ 1.8L 3,337円 / 720ml 1,663円

■ 賀茂金秀(かもきんしゅう) 辛口夏純米

□ 広島県 金光酒造
□ まだ同蔵の『桜吹雪』があるのにもはや夏酒…(苦笑)。毎年好評、わずかなガス感と柑橘系の酸味が心地よい。
□ ちなみに『桜吹雪』はシーズン切り替えのため、現在"スタンプ2倍の札"がかかっておりますので、そのお酒が含まれたお会計金額のスタンプが2倍になります。お酒としては全く味わいに問題はありませんので、是非併せてお楽しみください。
□ 1.8L 2,700円 / 720ml 1,350円

以上です。

人気のお酒が週末に合わせてギリギリ到着しましたので、お知らせいたしました。

今日から1週間くらいは天気がまた続くようです。
明日からの活力を美味しいお酒でみなぎらせ、今週も頑張りましょう。

どうぞよろしくお願いいたします。

-------------

~創業87年の全国希少銘酒専門店~

酒正(株)土井商店

全国の希少な日本酒、本格焼酎やワインも取り扱っております。

毎週末、新着入荷の商品をブログにてお知らせしております。
LINEでも同じく商品をご案内しておりますので、是非ご登録ください。

また店頭販売だけでなく、地方発送も承っております。
お気軽にお問い合わせください(一部商品を除く)。

【お問い合わせ先】

〒078-8803 北海道旭川市緑が丘東3条1丁目12-4
株式会社 土井商店

TEL:0166-60-6066
FAX:0166-60-6077


Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。