お腹にいる赤ちゃんの頭が下を向く理由とは? ~逆子のお話~ | 【札幌在住】1分間の脈診で病気が分かる鍼灸師川村佳耀の体質相談所

【札幌在住】1分間の脈診で病気が分かる鍼灸師川村佳耀の体質相談所

脈診とは:東洋医学の診察法の一種。手首と首の脈を触る事で体の状態を知る事が出来ます。

皆様お疲れ様です

札幌在住 脈診治療家!

1分間の脈診で病気がわかる鍼灸師川村佳耀です。

$【札幌・中央区】1分間の脈診で病気が分かる3代目鍼灸師の治療奮闘プログ-吸い玉付き

■名称  :カワムラ カヨウ


メニューお電話(090-7655-0199)/お問い合わせフォーム



妊娠中のお母さん。

お腹に赤ちゃんがいます。

お腹の中にいる赤ちゃんは頭が下であんよが上です。

この姿が、普通であると言われていますよね。

これが逆になると「逆子」と言われる状態になります。

この逆子。

そもそも何故なるのでしょう?

今日はそこんとこお話したいと思います。

■そもそも赤ちゃんの頭が下を向く理由とは?

この理由を説明するのに、弘漢療法の考え方はとても最適です。

弘漢療法では、「人体を生きた磁気体である」と定義しています。

イメージとして一本の棒磁石だと思って下さい。



これが人体であるとします。

その上で、真ん中をくり抜き、改めて磁石を入れるとどうなるか?



そう、あらたに入れた磁石は上下が反転します。

これがお腹にいる赤ちゃんの頭が下を向く理由なんですね。

■では、どうして逆子になるの?

この赤ちゃんの頭が下を向くには、お母さんの体の磁力が整っていなければなりません。

様々な状況でお母さんの磁力のバランスが崩れると、お腹の赤ちゃんは逆子になってしまいます。

鍼灸治療の世界では、逆子を治療するというのは良くある話。

実際、僕の妹もお腹の中にいるときに逆子になった事がありました。

それを聞いた父はニコニコしながら逆子治療をやったとの話を聞いたことがあります。

結局の所、鍼灸治療というのはこういう磁気のバランスをとる治療。

磁力のアンバランスからくる不調は得意分野だよねって話です。


■鍼灸治療のほかに何か方法は無いの?
逆子に対する治療は、鍼やお灸でするのが一番早いです。

ただ、なかなか佳耀弘漢鍼灸院まで行けないという方もおられるかと思います。

そこで

逆子でお悩みの方へこちらの動画にてお話させて頂きました。

もしよろしければ、ご覧になって下さい。

最後までお付き合い下さりありがとうございました。

1分間の脈診で病気が分かる鍼灸師 川村佳耀より

読者になっても良いよという優しい方はコチラからお願い致します!


■佳耀弘漢鍼灸院からのお知らせ■

【営業時間】

午前10~午後22時まで
※往診受付時間(要予約)
 ・午前10時から12時まで
 ・午後18時から22時まで

治療院にご来院頂く場合でも、一度ご連絡頂けると助かります。

【定休日】

不定休

今まで伺ったエリア

●道内
札幌市内 恵庭 ニセコ 室蘭 伊達 洞爺 余市 仁木 岩内 釧路 雨竜
芦別 旭川

●道外
山形 仙台 秋田 横浜 福岡 岐阜

●海外
アルゼンチン
 

【住所】
札幌市中央区南7条西16丁目1-1ヴィヴァン716佳耀弘漢鍼灸院

治療メニューについてはこちら

過去の治療実績はこちらから

良くあるQ&A

ご予約・お問い合わせはこちらから!