NEXT5 hyougemono 2018 | 旨い酒と肴を求めて3000里

旨い酒と肴を求めて3000里

旨い酒と肴の話。道の駅の話とか何でもアリです。


テーマ:

こんばんは

 

今日も暖かい11月。

 

帰りには雨が降ってました。

 

毎年、

 

この頃になると出るNEXT5。

 

今年のホスト蔵は春霞の栗林酒造店で、

 

各蔵の割り当ては、

 

原料米・・・美郷錦100%(一白水成)

 

酵母・・・秋田流花酵母AK-1(山本)

 

酒母・・・生酛(新政)

 

麹・・・箱麹(ゆきの美人)

 

醸造と販売・・・栗林酒造店(春霞)

 

春霞の栗林酒造店が醸すのですから間違いはないでしょう。

 

そして、

 

今年は一点物の酒杯がついております。

 

だから、

 

箱がデカい。

 

 

1升瓶の箱と同じ大きさ。

 

マンガへいげもんのコラボなので箱には、

 

 

箱だけでも楽しめます。

 

箱を開けてみますと、

 

黄色い箱が入ってました。

 

 

黄色い箱を開けてみると、

 

 

ツタンカーメン堂の酒杯でした。

 

チョッと嬉しいかな。

 

最初はこれで呑みましたけど、

 

香り立つ酒杯でしたが、

 

何時もの利き猪口で呑んでみる。

 

 

香りは穏やかな吟醸香です。

 

吞むと、

 

甘味と酸の感じが新政?

 

これは春霞の味わいではないですが美味しいデス。

 

でも、

 

ビックリしたのは翌日。

 

やっぱし化けましたね。

 

美味しすぎます。

 

半年ほど寝かせてもおもしろそうですが、

 

もう1本は大吟醸持ち寄り会に出品予定です。

 


にほんブログ村

年三さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス