印刷と紙の取り方! | 印刷処さかわ 印刷部録

印刷処さかわ 印刷部録

ネット印刷の「印刷処さかわ」四国愛媛の老舗 佐川印刷通信販売店舗です。


テーマ:

こんにちは 店長 しまですおすましペガサス

 

 

規格サイズについて、A4・A3といったA列のサイズ、
B5・B4といったB列のサイズがあることは、以前のお題で紹介しました。
(復習ー。→「規格サイズ(A判・B判)」

印刷は、仕上がりサイズで1枚ずつ印刷するわけではなく、
仕上がりサイズよりも大きい用紙にいくつか付け合わせて印刷してから、
断裁して仕上げます(。+・`ω・´)乙女のトキメキ
ムダが出ないように、規格サイズに合わせて、A列・B列に適した用紙があります。


【四六判:788×1,091mm】
B列サイズの印刷物を作る際に使用する用紙です。
「しろくばん」「よんろくばん」と読みます。

元々は、「四六判」サイズの書籍(4寸×6寸=128mm×188mm)を作る原紙であるため、
用紙の寸法も「四六判」と呼ぶようになりました。

この四六判を基準にして、紙の厚さを表現することが多いです。


【菊判:636×939mm】
A列サイズの印刷物を作る際に使用する用紙です。
明治の中頃に、新聞用紙用としてアメリカから輸入された寸法で、
様々な理由により、菊の花を商標にしたのが語源です。
(“理由”が気になる知的好奇心旺盛な部員のあなた→「菊判」

菊判用紙を折って作られた、菊判サイズの書籍(152×221mm)もあります。
あまりポピュラーなサイズではありませんが、楽譜などは「菊倍判」の寸法が主流です。


その他、こんなサイズの用紙もあります。
【ハトロン判:900×1,200mm】
【A列本判:625×880mm】
【B列本判:765×1,085mm】

規格外のサイズでは、それぞれに合った用紙を選んで、
少しでもムダが出ないようにしています真顔
 

大きな紙の用紙にいくつ必要なサイズのモノが付くか(面付け)とか…

計算しているのですよ( ´_ゝ`)ノ

 

印刷物、チラシ、パンフレット、冊子等、お気軽にお問い合わせください笑顔

仕上がりイメージ(校正)を確認してみたい…そんな方にぴったりの印刷処さかわ!

 

 

印刷処さかわさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス