紙のいろいろ(第二弾♥) | 印刷処さかわ 印刷部録

印刷処さかわ 印刷部録

ネット印刷の「印刷処さかわ」四国愛媛の老舗 佐川印刷通信販売店舗です。


テーマ:

こんにちは

店長しまですヽ(●´Д`●)ノ 

金曜日ですねおすましペガサス

 

前回の塗工紙・非塗工紙の仕上がりの違いについてのお話。

この塗工紙・非塗工紙で、印刷して何が変わるかというと、鮮やかさ乙女のトキメキ
印刷されるインクの彩度は、用紙表面の平滑度と光沢の強さに比例するためです。

簡単に言うと、「つるつる度×テカテカ度=鮮やかさ」ですね。

説明&おさらい開始ビックリマークビックリマーク

上質紙に代表される非塗工紙は、紙の繊維による表面の凹凸がむき出しになっているため、
平滑度が低く、光の反射との関係で、色が沈んで見えてしまいますK


そのため、カラー印刷や写真入りの印刷にはあまり向いていません。
しかし、表面に光沢がなく、紙面を見る際の目の負担が軽いため、
文字の多い冊子の本文などには向いています
キョロキョロ

それに対し塗工紙は、表面が滑らかなため、色を鮮やかに再現できますYMC
ただし、グロス系コート紙・アート紙などの光沢が強い用紙は、
目に負担がかかるという短所もありますえー


書籍用紙は、真っ白ではなく少しクリーム色に近いですが、これも目への優しさぽってりフラワー
目と心に優しさをヾ(@°▽°@)ノふんわり風船ハート


では、また!

 

今日はサンキューの日うずまきキャンディ

いつもご愛読ありがとうございます笑顔

 

紙について迷ったら、お任せください~

印刷処さかわに!

印刷処さかわさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス