一発失格 | 坂上明の気まぐれ日記

一発失格

まさかの結末でしたね。

世界中の陸上競技ファンがかたずを呑み、スタートに注目していた事でしょう。もちろん私もです。




ボルトの失格は現行のルールでは仕方ないにしても、誰が予想したでしょうか。

ボルトだったら、いかに本調子では無いとは言え、おそらく〝普通の走り〟をすれば負ける事は無いでしょうが、彼ほどの選手といえども、世界選手権の決勝ともなると、とんでもないプレッシャーなのでしょう。





フライングの現行ルールは、この日ボルトが泣いた〝一発失格〟です。かつては同一選手が2度フライングをした時点で失格でしたが、2003年に「1度フライングがあった後は、誰がフライングをしても失格」と改正されました。つまり、2度目以降のスタートで、フライングをするとその選手が1度目であっても、失格となったのです。しかし、他の選手を動揺させるのを目的として、故意に1回目にフライングをする選手が後を絶たなくなり、2010年より一発失格になったのです。

世界選手権での適用は今回が初めてですが、無常にも陸上競技ファンが最も期待していたメインレースで、メインスプリンターが痛恨の結末を迎えたのであります。



しかし、まだ200mがあります。

ボルトの極めつけのパフォーマンスを、改めて期待致しましょう。





ところで、皆様。

自身のフライングを自覚し、ランニングウェアを脱ぎ捨てたボルトでしたが、あの上半身を観られましたか。

人間は、鍛えるとあの肉体を手に入れる事が出来るのです。





さて、昨日申し上げましたが、私の期待する福島千里選手ですが、やってくれました!

日本女子初の、準決勝進出。

抜群のスタート反応から、中盤そして後半も力まず滑らかな走りで…、見事でした。

今日の走りが楽しみです。

応援を宜しくお願い致します。