一度溶けた雪がまた戻ってきて、なんだかなぁと思う日々が続いておりますが

皆さんいかがお過ごしでしょうか☁

 

私はというと、いよいよ年度も終わりに差し掛かっていることもあり、

課題や探究活動に追われる毎日を送っています。

 

苦しくもありますが、忙しさに充実感を覚えてしまうのはグローバルあるある(?)かもしれません、笑

 

さてさて、それでは本題に入っていきましょう!


 

今週の火曜日、私たちは古典の授業で百人一首大会を行いました!

※百人一首を扱うことになった経緯はこちら

 

この授業では2チームに分かれて各チームから2人ずつメンバーを出し、

チーム対抗で勝負しました。

 

簡単にルールを説明すると、、、

 

【ルール1】札は全部で29枚(私たちが調べたもの)

【ルール2】読み上げは上の句のみ

【ルール3】お手つきは1回休み

【ルール4】最後に多くの札を持っていたほうが勝ち

【ルール5】取り札は半分ずつそれぞれの方向に向けて並べる

【ルール6】相手側の札をとったら相手側の1枚の取り札を自分たち側へ向ける

 

こんな感じです!

 

私自身、百人一首のルールは殆どわからなかったのですが

今回はかなり通常のカルタに近いかたちのルールで行ったので

ルールに悩むことはほとんどありませんでした。

 

ただ、カルタとは違って百人一首では読み上げられるものと取るもので書いてある言葉が違っています。

 

【ルール2】にもあるように上の句だけが読み上げられ、

そこから下の句を思い出してその下の句が書いてある札を取らなければいけません。

 

と言われても、、、、

 

かみのけ?しいたけ?

なんじゃそら!!!

 

となりませんか?私はなりました、笑

 

 

上の句というのは、 和歌の前半の5・7・5 のこと

下の句というのは、 和歌の後半の7・7   のこと

 

なんですが、こう言われてもピンと来ない気がするので

例を取り上げて紹介していきます。

 

 

例)

 

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に ふれる白雪

 

↓全てひらがなにすると……

 

あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき

 

なので、この句の上の句は前半の5・7(8)・5なので

「朝ぼらけ有明の月と見るまでに」

 

下の句は後半の7・7なので

「吉野の里にふれる白雪」

 

となります。

 

 

つまり!「あさぼらけ〜」と読まれたときに、参加者は「よしののさとに〜」

と書かれた札を取らなければいけない、ということになります。

 

そんなの無理!と思うかもしれません。

しかしそんなことありません。誰しもできる方法があります。

 

それはずばり、、、

 

暗記

 

です!

 

でもそんな百首も全部覚えられないよ、、、と思ってしまうそこのあなたにおすすめなのが、「決まり字」というものです。

 

「決まり字」は、大抵上の句の最初の文字がなるもので、この文字を聞けば下の句を1つに絞ることができます。

 

これもまた例をとって紹介すると、

 

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に ふれる白雪

 

この句の決まり字は「あさぼらけ あ」です。

「あさぼらけ」で始まる句は「朝ぼらけ宇治の川霧絶え絶えに〜」というもう1つの句があるのでこのような決まり字になっています。

 

「朝ぼらけ あ」という決まり字を聞けば「吉野の里に〜」という下の句であると決めることができるわけです。

 

あ、余談ですが例にこの句を取り上げているのは、

私のチームの名前が「チーム:あさぼらけ」だったからです😁

 

 

そして私たちも例にもれずこの決まり字を活用しながら、

歌を覚えていきました。

 

暗記のときはこんな感じ↓↓↓

 

火曜日は1日浜田キャンパスで過ごすので、図書館で行っています。

 

私が覚えたのはたったの15首だけだったのですが、

それだけでも頭がいっぱいで大変でした。

 

これを百首全て覚えるとなると想像しきれない難しさがあるなぁ、と思います。

 

 

 

 

そんなこんなで、意味や作者の背景を学び、それぞれの持つ情緒を嗜んだ私たちお気に入りの29首を使った百人一首大会を楽しみました。

 

授業で学んだことを知識としてだけでなく、娯楽の1つとしても自分のものにできるのは素敵なことだなと思います。

そして何より、百首の和歌がこのような形で現在でも親しまれていることが、

日本人のこれまでの軌跡を大切にする素晴らしさが出ているよい日本文化の1つだな、と思います。

 

 

 

さてさて、今年度も残り1ヶ月とちょっと、日数にしておよそ3週間です。

1年の締めくくりはりきっていきましょう!

 

 

 

卒業生第6号 鈴木ミチル✌

 

 

こんにちは!グローバル専攻です

 

今回は非常に私事ではありますが、本日2月12日(金)小松美麗は......


 

日本漢字能力検定2級受験しました!


 

はい、今ね「合格してから報告して!」の総ツッコミをいただきました〜。こんなんいくつあってもいいですからね〜。

というわけで、この報告がどのくらいのツッコミ度合いなのかといいますとですね、

A君(東京在住);「僕、プロポーズしました!....まだ結果はわからないのですが」

A君母(地方在住);「いや、結婚決まってから報告して!」

と、このくらいですかね〜

 

ー(本題に戻る)ーーーーーーーー

それでは今回の受験について、以下インタビュー形式でお送りします。

*I=インタビュアー・M=美麗

 

I;漢検を受けたいと思ったきっかけは?

M;そうですね...やはり英検やTOEFL、TOEICなど、外部検定試験のために勉強するみんなの姿を見て、私も何かしたいなと思ったことがきっかけでしたね。

 

I;きっかけとなったのはみなさん英語の試験ですけど、ズバリ漢検にした決め手は?

M;もちろん英語も好きですし検定も受けたいと思っていますが、漢字も結構好きで。中学時代にも漢検を受けていて、3年生のときには準2級に合格することができました。高校生になってから、あまり検定を受けていなかったので、自分の力をちゃんと証明できる形にしたい、好きな漢字の能力をより伸ばしたいと思ったのが、今回の受験の決め手になりました。

 

I;漢字に苦手意識を持つ人も多いと思うのですが、漢字を勉強する魅力とは?

M;漢検には部首を答える問題があるのですが、みなさん「鬱(うつ)」という漢字の部首を知っていますか?

👇見えにくいと思うので拡大版を

 

 

「木」かな...「冖」かな...

正解は「鬯」なんです!部首のほとんどは「木」や「冖」のように、漢字やカタカナからなっていると思うので、あまり見ない「鬯」という漢字がどのような意味を持つのか気になり、調べてみました。音読みだと「ちょう」訓読みだと「においざけ」、「の(びる)」と読み、①においざけ(黒きびに鬱金香を混ぜてかもした酒)、②鬱金草、③草木が伸び茂るという意味があるんだそうです。「鬯」の一字で「においざけ」と5字分担っていたのに驚いたのと同時に、訓読みが1番長い漢字ってなんだろうなと思いました。調べてみると、漢検協会が認めているのは「蔘(ちょうせんにんじん)」という7文字のものでしたが、認めていないものも含めると「閄」が最長でした。これで1字なんです。読み方は

 

「ものかげからきゅうにとびだしてきてひとをおどろかせるときにはっするこえ」

 

と、なんと33字もあるんです!しかしこれは訓読みではなく、字義であるために正式には認められていないんだとか。

このような知識は実際に試験に役に立つわけではありませんが、知ったときに少しずつ物知りになっていく感じが楽しくて、試験勉強が実はギリギリになってしまいました😅。漢字の勉強というのはただ覚えて使ったり、その記憶する力を検定ではかったりするためだけのものではありません。漢字を勉強していくなかでは、漢字一つひとつに意味があることを知り、新たな発見をすることができます。これこそ漢字を勉強する魅力なのではないか、と私は思います。

 

I;受験してみて手応えは?

M;正直、合格の自信はありません(笑)。四字熟語は特に苦手で、出題される10問のために120個ほど新しいものを覚えました。そうしたら、10問中8問が私が覚えていったものが出て、試験勉強のときにはほぼ書けなかった四字熟語の問題がすらすら解けたのはすごく嬉しかったです!また、残りの2問は勘で1問当たり、もう1問の方は迷った末に間違いの方を書いてしまってすごく悔しかったのですが、一生懸命覚えていって良かったなと感じられました。

 

I;インタビューは以上です。ありがとうございました。

M;ありがとうございました😊

ーーーーーーーーー

 

今回で私がブログを書くのは最後となりますが、今まででいちばん自分らしい文章が書けたのではないかと思います✊✨

 

最後までお読みいただきありがとうございました!それではまた来週!!

 

卒業生第5号 小松 美麗

 

こんにちは!グローバル専攻です。


 

先日、立春を迎えましたが、まだまだ寒い日が続いているので春本番が待ち遠しいです。🤧


 

今日は2年生の古典の授業について話していきます!


 

古典の授業では、【百人一首】を題材とし、100ある和歌の中から1人3つほど選び、文法や背景などを発表しました。


 

百人一首(小倉百人一首)とは、藤原定家が100人の歌人の和歌を一人につき一首ずつ選んでつくった秀歌撰です。


 

発表の中では、あーわかるー。と共感したり、そうなんだ!と新しい発見があったりしました。





 

では、みんなが選んだ和歌とその理由をいつくか紹介しますね😊




 

82番歌 道因法師

思ひわび さても命は あるものを

憂きに耐えぬは 涙なりけり

 

(つれない人のことを思い嘆きながら絶えてしまうかと思った命はまだあるというのに、辛さに絶えきれずに流れてくるのは涙だったよ。)

 

💁‍♀️「苦しみに耐える『命』と、耐えられない『涙』の対比が素敵」




 

31番歌 坂上是則

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに

吉野の里に 降れる白雪

 

(ぼんやりと周りが見えるくらい夜が明けてきた頃、空に月が出ていると錯覚するくらい、吉野の里に白い雪が降り積もっている。)

 

💁‍♀️「複雑な人間関係を歌った句が多いが、人間関係から離れて美しい情景のみを歌っているのも良いと思った。雪国に住んでいるから情景が想像しやすい。」




 

15番歌 光孝天皇

君がため 春の野に出でて 若菜摘む

我が衣手に 雪は降りつつ

 

(あなたに贈るため、春の野原に出かけて若菜を摘んでいる私の着物の袖に、雪がしきりに降りかかってくる。)

 

💁‍♀️「ピュアな幼心が表面から伝わってくる」




 

9番歌 小野小町

花の色は 移りにけりな いたづらに

我が身世に降る 詠せしまに

 

(桜の花の色は、むなしく衰え色あせてしまった。ちょうど私の美貌が、恋や世間のもろもろのことに思い悩んでいるうちに衰えたように。)

 

💁‍♀️「映画『ちはやふる』を見て知った。何事も有限なんだなぁ」


 


 

いとをかしですね。この授業を通して、当時の人々の鋭い感性や日本語の持つリズムの美しさなどを発見しました。


 

次の授業では、百人一首大会をするので、とっても楽しみです😊


 

最後まで読んでいただきありがとうございました!


 




卒業生第4号 工藤四季👋🏼

 

皆さんこんにちは!グローバル専攻です❄

 

一度は落ち着いた天候が一転、

 

酒田では強い風が一日中吹き続けています。

 

 

さて今日は、2年生が毎週取り組んでいる

 

社会科の課題について紹介します。

 

この課題は「TED」という団体が配信している映像を視聴し、

 

その内容を要約するというシンプルなものです。

 

TED(Technology Entertainment Design)とは、

 

世界中の著名人による様々な講演会を

 

開催・配信しているアメリカの非営利団体です。

 

マイクロソフトの創業者の1人であるビル・ゲイツさんや、

 

アップルの生みの親であるスティーブ・ジョブズさんも

 

登壇したことがある講演会としても有名です。

 

私達はこのTEDの映像を英語で視聴し、

 

その内容を英語もしくは日本語で要約しています。



 

【生徒が視聴した映像の例】

 

The most colorful gemstones on Earth(地球で最もカラフルな宝石)

 

A simple way to break a bad habit(悪い習慣から抜け出す簡単な方法)

 

What makes something go viral?(コンテンツを流行らせる要素とは?)

 

You can grow new brain cells. Here’s how(新しい脳細胞を増やす方法)

 

Inside the mind of a master procrastinator(先延ばしをよくする人の頭の中)

 

Inside the black hole image that made history(歴史的なブラックホールの撮影の裏側)

 

Are you a giver or a taker?(「与える人」と「奪う人」、あなたはどっち?)

 

Fashion that celebrates all body types - boldly and unapologetically(大胆かつ堂々と、あらゆる体型を称えるファッション)



 

これらのタイトルからもわかるように、

 

TEDには幅広いジャンルの映像が揃っていて、

 

生徒一人ひとりの好みにあったものを選ぶことができます。

 

TEDを活用した課題は単に英語力の向上だけではなく、

 

要約する力やプレゼンテーション力、

 

そして「今まで知らなかったことを知れる!」

 

というワクワク感まで私達に与えてくれます✨

 

紹介した映像はすべて英語での講演で、

 

日本語字幕をつけることもできるので、

 

気になった映像があれば、ぜひ御覧ください。

 

コロナウイルスの感染予防のために、

 

外出を自粛する日々がこれからも続いていきますが、

 

TEDを見ながらグローバル専攻の生徒が感じている

 

「ワクワク感」を体験していただけたら嬉しいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!


 

卒業生第3号 池田桜

みなさん、こんにちは!

最近、サウナや献血に行けず、少しへこんでいる万梨です😢

 

 

 

タイトルに書いてある通り、

1月25日に行われる1月入試が迫ってきました!

 

 

受験生の皆さんの中には、

「作文や面接が上手くできなかったらどうしよう……」

などの心配をしている方は少なからずいらっしゃるかもしれませんが、

 

「とりあえず頑張ろう!」

ぐらいのラフなテンションで望まれた方が、後悔せずに終われると思います。

 

マスクを忘れずに、当日は自分を表現しに行くつもりで頑張ってください!

 

来年度、グローバル教室で会えることを待ってます😊

 

 

 

 

ところで、入試の事前課題はどうだったでしょうか?

 

課題の内容は

「John McWhorter氏の『4 reasons to learn a new language』を英語で要約する」

※TEDというのはTechnology Entertainment Designの略称で、ビル・ゲイツ氏やスティーブ・ジョブズ氏などの著名人の講演会を動画として配信しているサービスのことです。

 

 

中学生のみなさんにとって、この課題はヘビーだったのではないでしょうか。

 

約10分の動画をただまとめるだけでも技量が必要になりますが、

それに加えて、英語でのスピーチを英語の文章にする......なかなか骨が折れますね🦴

 

しかしその分、英語力が鍛えられていると思います💪

 

 

ぜひ、受験生以外の方もやってみてください!

 

 

さてさて、それでは本日はこのあたりで失礼します!

 

頑張れ!受験生!!

 

 

卒業第2号 五十嵐万梨