夏~秋を彩る花壇やプランターの草花も、11月~12月には人気のパンジー・ビオラといった晩秋~春向けの草花を中心に様変わりします。特にパンジー・ビオラは花期がとても長く、11月~5月中旬まで次々と開花し続ける人気の草花です。

 

花壇やプランターを設置されている企業・自治会・学校関係などの皆様からは、植え替え日が近づくと「花をパンジー・ビオラに植え替えたいのですが何色がおすすめ(無難な配色)ですか?」とよくたずねられます。

 

自宅用であれば気に入ったカラーを楽しめばよいのですが、職場や各団体の予算などで数多く植え込む場合

パンジー・ビオラは品種やカラーがとても豊富なため、配色のことを相談される団体様が多いです。

 

当店の提案としてはイエロー系オレンジ系晩秋から冬期に映えやすい暖色系を多めに配色。

その他全てのカラーを脇役的な存在とイメージして配色する事をご提案しています。

 

例としてはイエローとオレンジの暖色系 5割その他のカラーで 5割のミックス配色など。

 

春を迎えると全てのカラーが美しく個性的に目に映りますが

その他カラーに属するレッドブルーバイオレットといったカラーは特に冬期の日没時刻が早いため午後以降の時間帯や天気によっては目に映りにくい印象になりますので、冬期に映える暖色系を上手くミックスして全てのカラーが互いに引き立ち合うような配色がよいと思います。

晩秋から来春まで、オリジナルな配色で皆様には暖かい雰囲気を楽しんでいただければとご提案いたします。