坂下の葉っぱのブログ

坂下の葉っぱのブログ

sakasitaweedの日々、やってる事を紹介してます。

おはようございます

 

アレルギー&ダメージレス

 

ヘアクリニックサロンを運営している

 

大坂です

 

 

公式ホームページはこちらをご参照ください

 

髪のこと、頭皮のこと、薬剤のことを

 

あれやこれやと色々書いています

 

 

 

髪の艶ってどうやって出すんでしょう?

 

っていうか、髪の艶って何でしょうね?

 

天使の輪って言うとわかりやすいか

 

 

光が当たってよく反射する髪が

 

艶があるってことだと思います

 

 

じゃあ、この髪の艶を出すにはどうする?

 

真っ先に思い浮かぶのが

 

トリートメント!

 

ですよねー(^^♪

 

 

でもちょっと待って

 

トリートメントと言っても色々あるんだよね

 

コーティング系だったり

 

内部補修型だったり

 

大別するとこの2つなんだろうけど

 

 

艶を出すトリートメントは

 

コーティング系のトリートメントでしょう

 

 

そもそも艶がない髪って

 

見るからにパサパサしてたり

 

うねってたりしますよね

 

その表面を艶が出る成分で覆ってしまえば

 

ぶっちゃけカンタンに艶は出ます

 

でもモノによっては

 

髪が重くなるんだよね

 

風になびかない髪って言えばわかるかな

 

それでいいの?って感じの艶

 

 

そもそも髪がパサパサになったり

 

うねったりする原因は何でしょう

 

 

色々ありますよね~

 

カラーだったり、ブリーチだったり

 

パーマだったり、縮毛矯正だったり

 

はたまた、ブローやコテ、アイロンセットだったり

 

 

誰でも思い当たると思います

 

わかっちゃいるけどやめられない♪

 

 

そう、美容院は髪を傷めて

 

トリートメントを勧める

 

別名マッチポンプ業界です

 

 

こんなことを長年やってきた業界です💦

 

 

本来、誰の髪に自然な艶があったはずです

 

その艶を出しているのが

 

整ったキューティクルです

 

わかります?

 

キューティクルが欠けたり、剥がれたりしてるから

 

光が乱反射して艶が無くなってるだけなんですよ

 

 

キューティクルが欠ける原因は

 

摩擦

 

キューティクルが剥がれる原因のもとをつくってるのが

 

薬剤

 

 

摩擦は普段の手入れで起こり

 

薬剤は美容院で行う各種メニューで使います

 

 

この2つが適切に行われると

 

トリートメントに頼らなくても

 

そよ風になびき

 

艶があってさらさらした髪になります

 

 

 

トリートメントに頼らないって書きましたが

 

マイナストリートメントは必要です

 

 

 

ここまでお読みいただきありがとうございます