今回のインカレで一番の目玉はもちろん女子付きフォアの復活ですよね。
約20年前に変更になり付きクォドルプルになりました。


当時、腰痛を訴える選手が多くなるべく負担の少ない種目と言う理由の一つとして聞いたような記憶があります。


特にボート選手のケアを専門とする私の感じでは、スカルでもスイープでも怪我の発生率は変わらないかなと思います。


問題なのはボートの種目ではなく、指導方法やケアの回復方法にあると私は思っています。


どんな一流アスリートでも適切に回復しなければ怪我をします。毎日ギリギリのところをトレーニングしています。そこには適切に指導者が外から見て声がけをしなければならないと思います。


種目による負担が悪いのではなく、自分たちが至らなかったと反省しレベルアップしなければ何も改善しないのではないでしょうか。もちろん他人事ではなく私にも言えます。


一人では何もできないスイープは特に教育的意味が大きくボートの醍醐味を味わえる種目だと思います。


また高校生にもスイープを漕げる環境になれば言いなと感じた今回のインカレでした。


次は福井国体、全日本選手権です。盛り上がりって頑張りましょう!!