関東の猛暑はやっと一段落したようですが

台風も来てるしまだまだ各所で暑いですね。

 

 

夏休みに入り、インターハイや合宿と盛りだくさん

なこの時期のコンディショニング方法のご紹介をしたいと思います。

 

 

ウォームアップ:メイントレーニングやレースに向けて身体を慣らせればいいので汗が出て、心拍数が安定してくればいいです。冬や春と同じ

          事をするのではなく暑い日は短時間で済むはずです。これにその日の目的に合わせてさまざまな要素を足して行いましょう。

 

クールダウン:暑いからとサボらず、きっちり行いましょう。軽い負荷を身体に掛けしっかりとトレーニングの刺激を受けた筋肉に溜まった疲労

         物質を血液循環で処理しましょう。サボると疲れがたまって怪我の発生やトレーニングに対する意欲が低下します。翌日にあ

         るレースにも影響します。

 

アイシング:効果には賛否があるので絶対行った方がいいとも言えません。特にボート競技では必要な場面はないように思います。行い場

       合は冷やし過ぎに気を付けましょう。


クールバス:アイシング同様効果に賛否があります。体温を急激に下げるリスクの方が私は高いように感じます。が、気持ちよければ取り入

        れてもいいと思います。それよりはクールダウンをサボらない方が重要だと思います。

 

水分:過剰に取り過ぎないように気を付けましょう。適切には摂りたいですが、過剰に水分を飲むと内臓疲労を誘発しますし、腎臓を酷使する

    事により涼しくなった頃に体調を崩します。丁度インカレ、全日本があるような時期ですね。がぶがぶ飲まずに、適切に丁度良く飲みま

    しょう。

 

エアコン:我慢せずに室温を過ごしやすい温度にしましょう。疲労回復に暑すぎる室内では逆に疲労が溜まってしまいます。28度が丁度いい

      という話もありますが、特に調査された結果ではありません。むしろ研究者の間では25度くらいが疲労回復に適当だと言われてい

      ます。自分の心地よい温度で使いましょう。

 

 

個々で好みや体質が違います。大まかに同じことをしても、細かい所は自分流に調節するのがコンディショニングでは大切な事です。

決して我慢せず、体調の変化には十分気を付けて夏場のトレーニングを行いましょう。