睡眠は身体の調節機能を働かせる上でなくてはならないものです。

 

 

 

寝るのが趣味だ!!なんていう人もいますしね。

 

 

 

寝ている状態の時しか、身体の修復が行われないと言われています。

なので適切な睡眠時間を確保されなければ、身体にとっては大きな

ダメージを受ける事になります。

 

 

 

ひと昔前までは睡眠のゴールデンタイムなんて言われていましたが、

最近では否定されました。11時から1時に成長ホルモンが分泌されるので

その時間帯には寝なければ意味のない睡眠だとされていましたが、

寝れば成長ホルモンが分泌されることが確認されたので、気にしなくて平気です。

 

 

 

適切な睡眠時間は7時間とされています。きっちりしなくて問題ありません。

寝起きにすっきりした感じがあればいいでしょう。

 

 

 

布団もあれこれ言われますが、なんでもいいと思います。

寝返りに不便なければ、硬い柔らかい、枕の大きさも

問題ありません。全ては自分がスッキリできるかどうかです。

クールダウンもしっかり行い、食事も楽しく食べられて、

尚寝起きの不快が感じられるなら、布団を変えてみるべきです。

 

 

 

昼寝をたっぷりする選手が多くみられますが、多すぎるのは

あまり賛成できません。しかし、昼寝はとても良い効果をもていますので

30分前後で取り入れてみてください。

 

 

 

睡眠環境を整える事もコンディショニングには重要な事です。

しっかり見直して、毎日高いレベルのトレーニングをしましょう!!