さきたま杯、有力馬情報? | さかなくんのパカパカ日記
新型コロナウイルスに関する情報について

さかなくんのパカパカ日記

『談話室「さかなくん&ブサ雄」』の競馬版です。競馬に関する話を主に書いています。

お待たせしました。それでは明日浦和競馬場で行われますさきたま杯の有力馬の情報です。



【JRA所属馬】


・6 セイクリムズン・・・・黒船賞、東京スプリント、かきつばた記念と、今季短距離ダートグレード競走3連勝中の同馬。しかも、逃げ、好位差しと1戦ごとに新しい強さを見せている。高知、名古屋の小回りを難なく克服なら、初コースの浦和も問題ないだろう。別定56キロは極めて有利だ。ダービーを制した鞍上がここも勝利に導くか。



・4 トウショウカズン・・・・実績面ではやや劣るが、JRA1400mダート6勝。前々走の黒船賞ではセイクリムズンをクビ差まで追い詰めた。初コースになるが小回り1400mはベストの条件で、前々でレースを進められればチャンスも。



・3 スーニ・・・・JBC2勝の短距離王者だが、最近2走は出遅れて流れに乗れなかったが、それにしても負けすぎで、黒船賞の内容からも昨秋のデキにはないと言えそうだ。このレースは過去2年2、3着で復活の可能性もあるが、過信は出来ない。



・12 ダイショウジェット・・・・黒船賞、かきつばた記念とセイクリムズンには完敗だったが、一発の底力は秘めている。今回と同じ条件で行われたオーバルスプリントでは、トーホウドルチェ以下に5馬身差を付け圧倒。小回りでも流れが合えば。



【地方所属馬】


・5 ナイキマドリード(船橋)・・・・実績から、だったら同馬だろう。昨年の勝利は3番手から余裕の差し切り勝ち。スーニ、ダイショウジェットらを抑え、1分26秒0の好タイムと、最高のパフォーマンスを見せてくれた。昨年と同じステップで連覇を狙っている。



・10 スターボード(船橋)・・・・JRAから転入し2、1、3着と堅実に走っている。特に前走の東京スプリント3着は力強い走りで期待させてくれる。実績からも1400m【3-1-0-3】ならベストと言えそう。初コースとなる浦和の小回り克服なら、今後の展望が開ける。



・8 トーセンビングス(浦和)・・・・転入後3勝2着2回3着1回、とくにここ2戦連勝と波に乗ってきた。距離に融通が利くし、瞬発力と器用さも兼ね備えている。流れひとつで上位に食い込む可能性も。



・11 クレイアートビュン(船橋)・・・・南関東に復帰した同馬だが、復帰2戦いずれも追走で息切れの内容。実績はあるが8歳で衰え?



・7 グランシュヴァリエ(高知)・・・・一昨年の南部杯3着が光り輝く同馬も、以降ダートグレード競走では力負けが続く。浦和1400mは昨年のオーバルスプリントで勝ったダイショウジェットから1秒5差の6着。



・2 テイエムカゲムシャ(船橋)・・・・ココ最近大敗続きで、下り坂での転入となったようだ。姉に2000年東京盃などに勝ったベラミロードを持つ快速血統だが、この馬自身は芝向き。



・9 タイガーストーン(船橋)・・・・JRA3勝はすべて芝。転入後3戦は見せ場もなかった。



・1 タンゴノセック(高知)・・・・有力馬の1頭だったラブミーチャンの直前回避で繰り上がった同馬は、高知移籍で再びブレイクしたが、ダートグレード競走での力関係は黒船賞1秒5差6着が妥当か。




なお、予想につきましては明日の早朝にでも。