【よくお読みください】このブログでのお話し予定(12月分) | さかなくんのパカパカ日記
新型コロナウイルスに関する情報について

さかなくんのパカパカ日記

『談話室「さかなくん&ブサ雄」』の競馬版です。競馬に関する話を主に書いています。

いつも当ブログ、「さかなくんのパカパカ日記」にお越しくださいまして有難うございます。



このブログは、「さかなくんの談話室」から、競馬関連のお話だけを分離しまして、できるだけ競馬ファンの皆さんにお役に立つ情報や、ニュースを書き込みいたします。


『秋のG1シーズン』もいよいよ大詰めとなりました。今月は最終週に有馬記念と東京大賞典が控えており、見逃せない大一番が目白押しです。


さて、先週のジャパンカップですが、入場者は多かったのですが、肝心の売り上げは前年割れ、という結果になりました。このぶんで行きますと今年度のJRAの売上高はまたまた前年割れ、となる可能性が高くなりました。


これをどう分析したらいいのでしょうか?恐らく『失われた20年』による個人の収入の減少によるところも大きいのですが、むしろ『競馬自体に魅力が無い』のも大きな要因と見るべきなのでしょうか?


実際私も最近あまり馬券を買ってはいませんが、競馬中継自体はしょっちゅう見ています。けど、実感として『つまらないレース』が非常に多くなっているのではないでしょうか?まるで勝つことがレース前には判ってしまいそうなことも多々ありますし、レース自体もあまりにも淡白なものが多いです。これでは競馬をしようと考える人が少なくなるのは目に見えています。

また、競馬マスコミにしても、情報媒体としての競馬新聞自体も売り上げが減少していることだけでなく、テレビでの競馬の取り上げ方も『娯楽』から『スポーツ』や『バラエティ』に変わってきているのだと思います。


JRAはまだ売上高も多いですし、しばらくは安泰としていられると思いますが、これまでも度々書きましたが、ここ最近の地方競馬の疲弊は、こういった面でもかなりのダメージになり、今年いっぱいで荒尾競馬が廃止を決定(12/25が最後の開催となります。)しましたし、他の地方競馬でも廃止を検討している寸前まで疲弊しているところもあり、競馬界全体の問題として、『競馬』というものをどう取り扱ったらいいのか?私たちもこの問題を真剣に考える時期に来ているかもしれません。



それでは、前置きが長くなりましたが、今月は、一週間をこんなスケジュールで行きたいと思います。


月曜日・・・・今週の予告。


火曜日・・・・重賞登録馬。


火曜日から金曜日(不定期)・・・・競馬ニュースを中心に地方競馬のお話も・・・・?


木曜日または金曜日・・・・今週の重賞競走の追い切り情報並びに競馬コラムの予定?


金曜日・・・・土曜日に行われる重賞の有力馬情報(今月は12/3のステイヤーズステークスと鳴尾記念、12/10の「中日新聞杯in小倉」、12/17の阪神カップ、12/24の中山大障害とラジオNIKKEI杯2歳ステークスについてお話しします。)

土曜日・・・・日曜日に行われる重賞の有力馬情報


日曜日・・・・今週のの重賞の感想などなど・・・・。


※随時・・・・地方競馬(特に南関東)でダートグレードレースが行われる場合はその情報ですが、12月は次のような予定でお話しする予定です。


※12/7(水曜日)・・・船橋競馬場で行われる「クイーン賞(Jpn3)」


※12/14(水曜日)・・・・川崎競馬場で行われる「全日本2歳優駿(Jpn1)」


※12/23(金曜日・天皇誕生日)・・・・名古屋競馬場で行われる「名古屋グランプリ(Jpn2)」


※12/28(水曜日)・・・園田競馬場で行われる「兵庫ゴールドトロフィー(Jpn3)」


※12/29(木曜日)・・・・大井競馬場で行われる「東京大賞典(G1)」



ざっと今月はこんな予定でいきたいと思います。どうぞお楽しみに!